離婚したいのに夫が同意してくれない場合の対処策

離婚したいのに夫が同意してくれない場合の対処策
離婚したいのに、夫の同意が得られずに離婚に至らないケースは多々ありますよね。夫婦の気持ちが離れてしまったのに「結婚」という枠に囚われる男性は多く、離婚したいと願う女性側からすると難しい局面です。

離婚とは、夫婦双方の同意が得られて初めて成立するものです。夫が拒否し続けると、永遠に離婚することはできないのです。一般的に女性の方が切り替えが早く、早く「離婚」としてけりをつけて新しい人生に挑みたいと願うものです。

なんとか夫に離婚に同意してほしい、そんなときにどうすればよいのか、対処方法を調べてみました。DVや虐待、ギャンブルに借金などのわかりやすい理由で離婚するケースはもちろん、それ以外の「性格の不一致」などの理由で離婚する場合も、夫を了承させるためにいくつかの対処法があります。それでは、離婚したいのに夫が同意してくれない場合の対処策をお伝えします。



 

離婚したいのに
夫が同意してくれない場合の対処策

 

離婚弁護士に相談する


離婚したい人の多くは弁護士に相談しますよね。「離婚弁護士」と呼ばれる、離婚を専門に扱っている弁護士もいるくらいです。結婚は「婚姻届け」一枚を出せばことが足りますが、離婚はそうもいきません。

離婚する際には「子どもの親権」や「財産分与」など、決めておかねば後々もめることになりかねない事柄がたくさんあります。弁護士に相談するとお金はかかりますが、その分自分に有利な形で離婚へと進むことが出来ます。子どもの養育費や慰謝料に関して夫を説得したい場合なども、弁護士に相談するといいでしょう。

 

夫に「弱い」証拠を集める


弁護士に相談すると、離婚に関して様々なアドバイスをもらうことが出来ます。離婚したいのにできない時は、夫が「離婚に承諾せざるを得ない」書類をそろえて突き付ければいいのです。離婚の証拠、ギャンブルの証拠、DVの証拠、何でもいいのです。

中には「離婚に承諾せざるを得ない」証拠もあるため、日々証拠集めを頑張りましょう。家庭という枠組みの中では、暴走した結婚相手の暴挙を誰も止めてはくれませんので、自分の身は自分で守らなくてはなりません。

 

夫の親族に相談する


困った時は遠くの親せきを頼ってみるのも一つの手です。夫の親族、特に義父母に相談してみてはいかがでしょうか。離婚の話しがどの程度進んでいるかにもよりますが、DMや虐待など、一刻を争う場合も多々あるため、早期解決のために周囲全体で夫を説得するケースもあります。

夫も冷静なとき、良心的な時もあるはずです。人は皆二面性を持ち合わせているため、悪い面ばかりが前に出たとしても、良心に訴えることは可能です。夫の良心を一番よく知っているはずの義父母に相談することで、夫を説得してくれるかもしれません。

「離婚したい!」と焦って思いつめずに、時間をかけても双方納得のいく形で、気長に義父母のペースに任せる気持ちも大切です。

 

夫の友人に相談する


子どもの頃から男の人は、母親を含め女性の説得には耳を貸さなくとも、父親や同性の友人の説得にはコロッと言ってしまうことも多々あります。夫の友人に頼れる人がいるならば、一度相談してみてはいかがでしょうか

「俺に内緒で友人に勝手に連絡しやがって!」と夫が起こってしまうケースもあるため、夫に対してもあらかじめ「○○君に相談して、3人で話してみない?」と伝えておくと良いでしょう。

離婚までは根気がいります。すぐにでも離婚したい!と考えているのに話し合いや説得に時間がかかってイライラするかもしれませんね。けれども夫が離婚に応じない限り、一生離婚することはできません。夫のご両親や友人などに相談し、徐々に外堀を埋めていくことが大切です。

 

自分の親に味方になってもらう


当然と言えば当然ですが、自分の両親には必ず報告して、見方になってもらいましょう。両親と不仲であるとか、よほどいがみ合っていない限り、自分の両親はとても助けになってくれます。

動物もそうですが、敵の数が多ければ多いほど、戦いに「不利」だと感じて降参しますよね。人間も「動物」としての本能は残っています。敵の頭数が多いほどに気持ちが「折れる」ものなのです。離婚に際して両親がぶつぶつと不平不満を言っていたとしても、それでも話し合いの際に両親に同席してもらうなどするだけで効果はあるのです。

あなた一人よりも「味方がいるんだぞ!」という事を示しておいた方が、相手も暴挙に出られずに有利に事が進みますよ。

 

さて、離婚したいのに夫が離婚に同意してくれない方のために、夫を説得する方法を様々な角度から紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

離婚したいとはいえかつては自分が選んだ夫です。双方納得した形で離婚できるのが一番ですよね。もめた上での離婚であれば、別れた後にいちゃもんをつけられないか心配が残ります。そうならないためにも、離婚はきれいにきっぱりと簡潔に終わらせたいところです。

「早く離婚したい!」「早く新しい人生をスタートさせたい!」と願う気持ちはわかりますが、人生をきれいにリスタートさせるためにも、立つ鳥後を濁さずの精神で、しっかりと離婚問題を片付けましょう。長い道のり、根気のいる時期になるでしょうが、その後に待ち受けている平安を思い浮かべて、夫が同意してくれるまでしっかりと対処していきましょう。

 

まとめ

離婚したいのに夫が同意してくれない時は

・離婚弁護士に相談し、アドバイスを求める
・離婚せざるを得ないような「不倫」や「DV」の証拠を集める
・夫の親族に相談し、説得してもらう
・夫の友人に相談して説得してもらうが、その際に夫の了承を得たうえで連絡した方が良い
・自分の親に味方になってもらう

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント