離婚したいならまず考えるべき、生活困窮しない為の予防策

離婚したいならまず考えるべき、生活困窮しない為の予防策
離婚したいと思っても、離婚経験者が口をそろえて言うように、離婚するのは「思っている以上にエネルギーが必要なもの」です。離婚したいときには結婚したときとは違って、精神的にも金銭的にも、体力的にもかなり消耗が考えられます。

周囲にもシングルマザーが増えてはいる昨今ですが、その大変さが改善されているとは考え難いですよね。仕事も育児も、昔で言えば夫だけでなく家族総出で援助が得られましたが、核家族化が進んでいる現在では全ての責任が一人の背中にのしかかってきてしまいます。

生活に困窮しないためには、計画的な離婚プランと予防策無しでは離婚したいという望みは叶えられません。そう、持てる武器は全て活用して、感情的にならずに自分の状況を分析して挑みましょう。そこで今日は、離婚したいならまず考えるべき、生活困窮しない為の予防策についてお伝えします。



 

離婚したいならまず考えるべき、
生活困窮しない為の予防策

 

離婚協議書の作成を考えましょう


離婚協議書は、子どもの養育について、婚姻時に購入した物のローンについて、慰謝料について取り決めをした契約書のようなものです。

離婚後は全くの他人になってしまうのだから、口約束が守られる保障もありません。まず、離婚が具体的になっていなくても、離婚協議書の項目を考えておくだけでも必要なことが整理されますので、離婚したいと思ったらまず調べておくことが大切です。

また、作成段階に入ったら、離婚協議書は法的に有効な書面にするためにも、必ず専門家に相談して作りましょう。夫婦の生活を見直すキッカケとなり、修復に繋がるケースもあります。

 

仕事と時間的な問題はセットにして省エネ化しましょう


現在、仕事をしている人はそのまま継続するとしても、自分の収入だけでやっていける生活費を試算しなくてはいけません。離婚したいと感じているにもかかわらず、家計簿をつけていないようなら今すぐとりかかり、何にいくら使っているのか、誰にどれだけ使っているのかを把握しなくてはいけません

また、離婚後に調整が難しいと感じるのが時間の問題です。やはり、一人の時間と処理能力には限りがあるもの。仕事の時間、育児の時間、家事の時間など、自分ひとりでやりくりするにはかなり効率の良い運用をしなくてはなりません。時間についても家計簿のように分析して、省エネを考えましょう。

 

専業主婦から仕事をするには適職を第一にしましょう


専業主婦で離婚したいという決意から仕事を探すことで慎重になるべきなのが、業種を変えることと、性格的に向いていない仕事を選んでしまうことです。

新卒で仕事を始めるわけではないのですからシングルで子育てするには精神的にも肉体的にも倍の負担がかかる覚悟が必要です。ドラマや雑誌などではイキイキと働く女性の姿を目にしますが、それらは良い部分だけの切り取りです。新人の頃のように吸収も良くフットワーク軽く働くことは不可能に近いでしょう。子育てしているプライドや今までの経験から周囲に対しての素直さを邪魔してしまうこともあります。

まずは以前に関わっていた業種から間口を広げていくこと、また、自分の性格も理解して仕事を探しましょう。今すぐ離婚したい、子育てもしたいと体力が要らないデスクワークに飛びつくと、苦手な人には地獄のような日々が待っているもの。転職サイトの適職診断や行政のキャリアサポートを重ねて落ち着いて考えましょう。

 

住居と交通は状況を最優先に考えましょう


住居についても自分の稼ぎだけでやっていくには大きな問題です。一般的に、住居には給料の1/3を費やすと言われていますよね。離婚したいのなら、それに合わせて仕事や他にかける費用も考えなければいけません。

家賃やローンはもとより、職場や学校からの距離、治安や買い物事情など、必要だと思う条件は箇条書きにして優先順位を考えておきましょう。また、シングルマザーとしてやっていくなら地域によっては車が必要か、子どもの年齢によっては駅の近くが良いのかなどは生活スタイルによって大きく異なります。

離婚したいと心が焦っていると、とりあえず住居を変えたり生活を変えるために行動的になりがちですが、堅実な生活を送るためには感情や理想は一旦置いて、置かれている状況を最優先に考えましょう。

 

自分の居場所となるコミュニティーを確保しましょう


生活の基盤はなにもお金や仕事に関することだけではありません。離婚したいと考えているのなら、生活の基盤を得るためには健全な体力と精神力の維持が必要。

人は孤独ではそこまで頑張れません。子どもが支えになると思いたいところですが、立場の違いから難しい面も沢山。対等な大人同士とはいかなくとも、ある程度気兼ねなく会話ができる関係を作っておきましょう。

できれば、今ある身近な人間関係の「外側」にもう一つコミュニティーを作ることです。狭い人間関係の中だと、トラブルも置き易く、逃げ場を見つけるのにも困難。社会生活とプライベートを分けるという意味でも、良い気分転換になるために、少し外側に人間関係を築きましょう。

 

結婚・離婚というのは気持ちが絡むことなので、離婚したいからといって即座に理屈で考えるのは難しいものですよね。確かに気持ちの無い相手や憎しみを抱いてしまっている相手とは今すぐ離婚したいと感情的な部分が刺激されるのが普通なことでしょう。

しかし、生活の事というのは将来に繋がること。衝動的になってしまっては離婚後の生活そのものがぐらつきかねません。計画的に少しでも安定できる生活が送れるようにするためには、理性を持って判断していくことを大切にしましょう。

自分の気持ちを押し殺して理性で物事を進めていくと、不安定になることがあります。そこで、誰かに聞いてもらったり、共感してくれる人をみつけたりと気持ちの置き場所を作っておいてくださいね。どうしても離婚を考えると冷たい考え方に偏ってしまうかもしれませんが、それも一時のこと。優しい気持ちを元々もっていれば、離婚後に生活が安定すれば元の自分に必ず戻れます。

 

まとめ

離婚で生活困窮しない為の予防策は

・離婚協議書の作成を考える
・仕事と時間を省エネ化
・仕事を始めるなら適職を第一に
・住居と交通は状況を最優先に
・心の居場所を確保しましょう

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

「エレメント・タロット」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「エレメント・タロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント