離婚したい!その前に、子供に及ぼす7つの影響とは?

離婚したい!その前に、子供に及ぼす7つの影響とは?
夫婦生活の破たんはどこの夫婦にもあり得ることです。しかし離婚したいと思っても子供に及ぼす影響を考えればそう簡単には決められませんよね。大人だって離婚後の生活には不安がつきものですし、子供にもその苦しみを負わせてしまうとなれば躊躇して当然のことです。

離婚したいと思う気持ちはわかりますが、離婚は子供にとって親の身勝手な行動でしかありません。しかし、離婚しないで無理をしながら家族を続けるのもまた子供に悪影響を及ぼす可能性があります。そこで、離婚したいと思うなら少しでも子供に悪影響が及ばないように努力して回避しましょう。

そのためには、まず離婚が及ぼす子供への影響を知っておく必要があります。ここでは、離婚したい人に子供に及ぼす影響とその対処方法をまとめました。離婚したい!と思うときにはぜひ参考にしてください。



 

離婚したい!その前に、
子供に及ぼす7つの影響とは?

 

精神的不安定になる可能性がある


片親となれば、十分な収入を得るために仕事を掛け持ちですることになるかもしれません。離婚したことでお子さんの生活は一変するでしょう。子供は親と過ごす時間が少なくなれば精神的にも肉体的にもバランスを崩す可能性があります

いくら実家で預かってくれるとしても子供にとって親と離れてしまうことは不安です。親自身は離婚したいと覚悟して手に入れた生活ですが、子供にとっては環境が変わることで負担は大きいのです。それを補うためにはなるべく親は子供との時間を確保する必要があります。

 

生活変化に対応できない可能性がある


離婚したい大人にとっては仕方のないことと諦めがついても、子供にとっては引っ越しをしたり苗字が変わることは一大事です。急に環境が一変しそれを受け入れる子供にとってかなり過酷といえるでしょう。イジメなどに合うことも考えられるし、偏見の目で見られることだってあります。

子供にとって離婚は急に起こった事故のようなもの。離婚を理解する間もなく状況が変化するわけですからそれを理解させることが大切。そのためには学校の先生や周囲のサポートを得る必要があります。

 

我慢を強いられ依存傾向になりやすい


両親が離婚した子供は、依存傾向にあるという海外の研究データがあります。どうして依存傾向になるのかというと、親が忙しくしていることで話したい事があってもやりたい事があっても我慢することが多くなり、その代わりに何かに依存することでその気持ちを埋めようするからです。

このように我慢は依存傾向が高まるといわれ、離婚で受けた傷は親に愛されなかった記憶として大人になっても残り癒えることがありません。子供を依存傾向に陥らせないためには、我慢を極力させないために子供の心のSOSに気づくことが大切です。会話する時間を持ち子供の気持ちを探ることが必要です。

 

子供も離婚率が高くなる


両親が離婚した家庭で育った子供は離婚する確率が高いという研究データが出ています。また、親が未婚、再婚した家庭で育った子供が同じ境遇をたどる確率もそうじゃない家庭で育った子供と比べると3倍多いデータが出ています。

どちらもそのデータに科学的な根拠はありませんが、確率的に多いということだけは確かなのでこれもまた離婚が子供になにかしらの影響を与えているといえるでしょう。しかし、離婚の原因はさまざまでしょうし、両親がそろっていない家庭で寂しかったから親を反面教師ととらえて離婚しない幸せな家庭を築く子供がいることも事実です。

 

子供の喫煙率は高くなる


禁煙がすすむ世の中ですが、喫煙率は低下しつつもなくなることはありません。離婚した家庭の子供の将来喫煙する確率は離婚していない家庭の子供と比べて49%も高いデータが出ています。科学的な根拠はありませんが特に女性の喫煙率が高いようです。

喫煙が及ぼす危険性は数々ありますが、特に女性の場合、妊娠したときに胎児が受ける悪影響が心配されます。もちろんこの結果は離婚が及ぼしているかはわかりませんが、自分自身の体にとっても喫煙は悪影響といえるので避けたいものです。

 

ストレスから細胞が老化し寿命を縮める


幼いころからのストレスは、成長に欠かせないテロメアという細胞の分泌に影響を及ぼすことが分かっています。子供はストレスを上手く発散させることが難しくつい溜めてしまいがちです。

怖いことに、ストレスの増加で細胞は劣化が早まり老化現象を早めてしまうことがあります。それどころか、寿命が短くなる可能性もあるといわれています。この結果は実際年数が経たないとわからないことですから離婚したい人にとってピンとこない事かもしれません。しかし離婚するならそれを想定して親は子供を精神面でしっかりフォローする必要があります。

 

離婚する家庭の数は決して少なくはありません。だからといって離婚ぐらい大したことではないと思うのは間違いです。離婚したいのなら親は、子供が心に受けるダメージが想像する以上に大きなものであると理解しておく必要があります。

そして離婚と無縁の人たちも離婚した家庭の子供に対して偏見の目をむけてはいけません。子供を育てるのは親だけではなく、親が離婚した子供たちが社会から孤立した気持ちにならないようにすべての大人は配慮する必要があるのではないでしょうか。

そして、世の中にはたとえ親が離婚しても立派に育っている人がたくさんいます。その子自身が強かったのかもしれませんが、周囲や親のサポート力があってのことだと考えられます。最後に決して離婚したいと思うのは悪いことではありませんが、大人は子供にとって最善の方法を取るように心がけたいですね。

 

まとめ

離婚すると子供に及ぼす影響とは

・精神的不安定になる可能性がある
・生活変化に対応できない可能性がある
・我慢を強いられ依存傾向になりやすい
・子供の離婚率が高くなる
・子供の喫煙率が高くなる
・ストレスから細胞が老化し寿命を縮める

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント