離婚したいなら、計画的に準備を始める7つの知恵

離婚したいなら、計画的に準備を始める7つの知恵
離婚したいと思うきっかけは、浮気をされた、暴力を振るわれた、ある日突然気持ちが冷めたなど、人それぞれですよね。徐々に離婚したいという気持ちが固まっていくケースもあれば、突発的に「離婚したい」と思い、衝動に突き動かされるままに相手にその思いをぶちまけてしまうケースもあります。

しかし、衝動的に離婚をしてしまうと後から後悔をすることが多くあります。もらえるはずのお金がもらえなかったとか、準備していなかったがために離婚した直後に生活に困ってしまったなど、準備不足や計画性がないことが原因で後で困ってしまうのです。

離婚したいと思っている人は、離婚したいという意志を相手に切り出す前にそれなりの準備をしなくてはいけません。そこで、離婚したい人が計画的にすべき7つの準備をお伝えします。



 

離婚したいなら、
計画的に準備を始める7つの知恵

 

経済力をつける


離婚したいと思っても、現在専業主婦をしていたり、主な収入源が旦那さんの給与で自分はパート程度の仕事しかしていないという人は、すぐに離婚をせずに離婚をした後に自分が生活していけるだけの経済力を身に付ける必要があります

就職活動をして仕事を見つけたり、仕事先を見つけるまでに時間がかかりそうな人は実家など自分が身を寄せられる場所を確保しておく必要があります。旦那から慰謝料や養育費を貰うつもりでも、向こうの都合でその収入が途絶えることもありますから自分で生活する力を付けなくてはいけません。

 

もらえるお金がないかの確認


離婚したいと思う人の多くは、相手に不満や怒りの感情を持って決断するケースが多いですが、衝動的に離婚をしてしまうと、相手から本来もらえるはずだったお金がもらえなくなってしまうことがあります。

自分が離婚したいと思うに至った経緯について今一度よく考えてみるのです。夫の気持ちが冷めて夫婦関係がうまく行かなくなったという場合には、夫が浮気をしている可能性があります。また、物理的に暴力を受けていなくても、言葉で精神的苦痛を受けていた場合にはモラハラですから、慰謝料を受け取れるかもしれません。

 

財産分与の準備


離婚したいなら、財産分与についても確認が必要です。専業主婦で自分が稼いだ収入がなかったからと言って、財産を全くもらえないわけではありません。結婚してから離婚するまでに築いた財産は夫婦二人で築いたものです。

ですから、離婚したいと思ったら、結婚してから得た収入の総額を算出するという準備が必要です。自分の通帳はもちろんですが、夫の通帳や資産を把握している限り洗いざらい確認して、分与できる財産の総額を把握しておくのです。

 

引っ越し費用の準備


離婚したいと感情的に思った時には、とにかく離婚したいという気持ちが先走って、離婚にかかる諸費用のことを忘れがちです。離婚するということは、今夫婦で住んでいる家からどちらかが出ていくか、お互いに別の場所に引っ越す必要があります。

引っ越しをするにはまとまったお金が必要ですし、引っ越し先の距離が遠ければ遠いほどその費用は膨らみますから、離婚後に住む住居が決まり次第、引っ越し費用を算出してそのお金の工面をしなくてはいけません

 

養育費や親権を決める


離婚したいと夫婦で合意がとれたとしても、子供がいる場合にはすんなり離婚できるわけではありません。親権はどちらが持つのか、また、妻のほうが親権を持つ場合には、夫から養育費を月々いくら受け取ることにするのかなど、子供に関する決め事を話し合う必要があります

決め事については口約束では後々もめる原因になることがありますから、離婚調停や離婚審判で正式に決定しておく方が安心です。

 

浮気やDVの証拠集め


相手の浮気やDVが原因で離婚したいと思ったら、相手に慰謝料請求をしたいですよね。しかし、浮気やDVが原因での離婚は調停や家庭裁判で両社の主張を争うケースが多くあります。この場合、浮気やDVの証拠がないと主張を覆されて慰謝料を受け取れなくなってしまう可能性があります。

浮気やDVが確実なのであれば、証拠写真や録音テープ、メールを印刷したものなど、物的に確かな証拠を確保しておく必要があります

 

離婚後の住むところと家具家電


離婚したいなら、当然離婚後に住む場所や生活に必要な家具や家電がないといけませんよね。夫婦生活をしている時には当たり前にあった家や家具家電ですが、離婚をするとなると家具家電は分け合うことができても、家は分けることができませんから住むところは探しておかなくてはいけません。

一時的に実家に帰ることができる人はいいですが、そうでない人は自分が払っていけるだけの家賃相場の家を探すというところから検討が必要です。

 

如何でしたでしょうか。

離婚したいなら、衝動的にするのではなく、計画的に準備を進めるということが重要です。離婚するということが最終ゴールではあるものの、離婚するにはあらゆる手続きやしなくてはいけない処理がありますから、滞りなくすすめるためにも離婚をするにあたって何をしなくてはいけないのかリスト化するのがおすすめです。

さらに、子供がいる場合や財産が多くある場合には離婚したいという意志だけでは簡単に物事がすみません。子供がいる場合には親権や養育費を調停で決めなくてはいけませんし、財産分与の仕方は夫婦の関係が悪ければ悪いほど揉めることになります。

今回解説したように、離婚の準備は離婚したいと思ってから数か月、長い時には1年以上を費やしてするものです。後で後悔をしないためにもその時は一刻も早く離婚をしたくても綿密に準備をすることが大切だと言い聞かせることが重要です。

 

まとめ

離婚したい人が準備すべきこととは

・離婚後の生活費を捻出できるだけの経済力をつける
・離婚をするときに相手からもらえるお金について調べる
・離婚をするにあたっての財産分与について知っておく
・引っ越し費用など離婚にかかる費用を算出する
・養育費や親権について調停の準備をする
・浮気やDVがあれば証拠になるものを集めておく
・離婚後に住むところと生活に必要なものを揃える

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント