離婚したくない!危機回避できる4つの対応策

離婚したくない!危機回避できる4つの対応策
愛している妻や夫とは離婚したくないですよね。しかし、夫婦喧嘩が勃発して相手が離婚を求めてくるケースもありますし、近年では性格や価値観の違いというのも離婚の理由になり得ます。その意味では、決して良い傾向ではないですが離婚というのは夫婦にとって例外なく身近なものになりつつあるのです。このため、ここでお伝えすることは全ての夫婦に関係するお話です。

さて、相手が離婚を求めてきたとしてもあなたが離婚したくないのであれば素直に応じる必要はありません。とは言え、離婚したいからには愛情も失っているわけですから、相手の気持ちを変えることは正直言って難しいでしょう。ただ離婚したくないと言うだけでは全く効果はなく、離婚したくないのであれば何らかの対応策をとって解決をはからなければならないのです。

その参考として、今回は「離婚したくない!危機回避できる4つの対応策」をお伝えします。



 

離婚したくない!
危機回避できる4つの対応策

 

相手の言い分に対して提案する


これは具体例を挙げた方が分かりやすいでしょう。例えば妻が夫に対して「仕事ばかりで家族を大切にしないから離婚する」と言ったとします。さて、ここで夫に選択肢が生まれます。

妻の言い分の改善策として今の仕事を辞める、もしくは妻に従って離婚に応じるです。最も、離婚したくないのであれば後者を選ぶことはないでしょうが、だからと言って容易に前者を選ぶ真似はできずに悩んでしまいます。

この場合、妻の言い分を完全に改善するのではなく考慮するという意味で「仕事は辞められないけど休みの日は家族サービスをする」という提案をしてみてください。つまり「〇〇はできないけど●●ならできる」という提案をするわけです。そうすれば、妻も夫がこの問題を真剣に考えてくれていることが伝わりますし、自分の希望の一部は叶えてくれたと感じて離婚を考え直してくれるのです。

 

お互い1人で過ごす時間を確保する


夫婦生活が長いと時には1人で過ごしたいと思うことがありますが、いざ1人の時間ができると何をすればよいのか分からないことがほとんどです。離婚したくない時にはこの状況を利用して、相手に離婚を考え直させることができます。方法としては即離婚には応じず、お互い1人で過ごす時間を作ってみようと提案するのです。

休日も自分の好きなように過ごす…そうすることで最初は相手も好きに過ごすでしょうが、やがてすることがなくなって退屈になるでしょう。そうすれば会話も生まれますし、結局は2人で過ごすことになります。そして相手は「やっぱり離婚して1人になってもダメなんだ」と実感するようになるのです。特に相手に友人が少ない、もしくは趣味がない場合はより効果的な方法です。

 

別居を提案する


別居と聞くと離婚に向かって一直線のイメージがありますが、実際にはそうとは限りません。別居するからには相手は新しい住居が必要ですし、お金だけでなく面倒な手続きも必要です。郵便物や免許証の類を住所変更する必要もあるでしょう。このため、相手はいざ別居に踏み切ろうとしても色々と面倒という理由で結局は別居を思いとどまります。

この時、相手は離婚すればこうした面倒なことが多々あることを実感し、離婚を考え直してくれるのです。つまり別居の提案には相手に離婚の面倒さを実感させる効果があり、勢いだけで離婚を決意した場合はその面倒さが嫌になって離婚するのを止めてくれるのです。

離婚したくないなら単に説得するだけでなく、こうして離婚することの面倒な現実を相手に知ってもらうことも回避方法の1つです。

 

第3者に相談して仲介に入ってもらう


結論から言うと不倫やお金に関する問題以外の理由なら、話し合い次第で相手に離婚を考え直させることが可能です。しかし、ここで問題なのが相手が現状離婚を決意している以上、あなたの話をまともに聞いてくれない可能性が高いということです。

つまりこの場合、話し合いで解決するのに肝心の話し合いができない状況にあるのです。そこで1つの方法となるのが、相手が話を聞いてくれる人間を交えて話し合うことです。両親、友人、誰でも構いません。要は「この人の話なら相手も真剣に聞いてくれる」…そんな相手に仲介を頼みましょう。

あなたがいくら離婚したくないと言っても相手があなたと離婚したいと思っている以上、相手を説得するのは困難です。しかし第3者がそこに入ってあなたが離婚したくないと思っていることを伝えることで、意外にもすんなりと離婚を考え直してくれることもあるのです。

 

離婚したくない…それはあなたの一方的な気持ちです。相手が離婚したいと思っている以上は必ず理由が存在するため、まずはその理由を聞いて改善策を考えましょう。この時、相手の言い分に対して単にイエスかノーで答えるのではなく、ノーの場合は相手の気持ちを考慮して少しでも改善に近づく提案をしてください。

また、相手が勢いで離婚を決意しているのであれば離婚することの現実を知ってもらうため、お互い1人で過ごす時間を作ったり別居の提案したりして、離婚がいかに面倒で大変なことかを実感させましょう。

それでも無理なら第3者の仲介がおすすめです。まともにあなたの話を聞いてくれない以上は説得しようがないですし、相手が素直に話を聞いてくれる第3者を交えて離婚したくないというあなたの気持ちを伝えてください。

まとめ

離婚したくない時の回避方法

・相手の言い分を少しでも考慮した改善策を提案し、相手を納得させよう
・お互い1人になれる時間を確保して、1人ではダメだと相手を実感させよう
・別居を提案して、離婚には面倒な手続きがいくつもある現実を相手に分からせよう
・まともな話し合いができるよう、相手が話を聞いてくれるための第3者に仲介を頼もう

2018年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「2018年あなたの運勢」では、あなたに起こるあらゆる運勢を鑑定し、幸せになるアドバイスを1000文字以上の鑑定結果メッセージと2018年版のあなたの運勢図を年末年始限定で無料プレゼント中です^^

2018年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

コメント