離婚の原因で、女性が別れを決める7つの理由

離婚の原因で、女性が別れを決める7つの理由
離婚の原因で女性側から別れを決断する理由で多いのは夫の不倫だというイメージが強いですよね。そのせいか、結婚する時に「私の彼は浮気なんてしたことがないし、絶対に私を裏切らないから離婚はしない」と信じ込んでしまう女性は多くいます。

しかし、離婚の原因で女性から別れを決める理由には、不倫以外の原因もたくさんあります。それらの理由を知らずに、相手が浮気する男性かどうかだけをポイントに結婚を決断してしまうと、結婚した後に「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することになってしまいます。

離婚の原因になりうることを事前に知っておけば、結婚した後に夫婦生活を長く続けられる相手を選ぶ際の参考になりますよね。そこで今回は、女性が別れを決める7つの理由をお伝えします。



 

離婚の原因で、
女性が別れを決める7つの理由

 

女性扱いされなくなった


結婚するまでは誕生日やクリスマスにはレストランを予約してくれたり、プレゼントを用意してくれたりして、彼女として大切にしてくれたのに、結婚したら誕生日もクリスマスなどのイベントの時に何もしてくれなくなったとか、イチャイチャしてくれなくなったという男性の態度の変化は離婚の原因になります。

女性は、いつまでも男性から自分の事を女性として大切にしてほしいと思うものです。ですから、旦那が自分を女性として扱ってくれなくなるのは女性が別れを決める大きな要因になるのです。

 

旦那がだらしない


結婚するまで一緒に暮らしたことがなかった場合、離婚の原因になりうるのが「旦那のだらしない性格」です。付き合っていた頃は、彼氏の部屋が汚くてもキッチンが汚くても、自分の部屋ではないのでたいして気にならないかもしれません。

むしろ、お世話をしてあげるのが嬉しいとさえ思うかもしれませんが、結婚して一緒に生活をしていると、部屋を汚されたり、片付けてくれないとストレスがたまります。これが毎日の積み重ねですから、いつか限界に達して離婚という決断に至ってしまうのです。

 

束縛が厳しい


働いていると仕事の付き合いもありますし、独身時代の友人との女子会だって参加したいですよね。しかし、いちいち「何時に帰ってくるの」とか「誰と会うの」とか「飲み会が多い」などとうるさく言われるとうんざりします。

特に交友関係が狭い男性は妻を束縛しがちになります。結婚する前はデートの頻度がある程度決まっていましたから自分の時間とバランスを保てますが、結婚すると毎日束縛を感じなければならず、離婚の原因になりえるのです。

 

価値観が合わない


付き合っていた頃はあまり感じなかった金銭感覚や価値観の違いが離婚の原因になることもあります。夫婦生活をするということは、生活を共にするということですので、食費や日々の生活費の価値感が違うと大きなストレスになります。

普段、1本180円の牛乳を買っているのに旦那が250円の牛乳を買ってきたらイライラしますよね。しかし、注意すれば喧嘩になりますし、夫婦の関係は悪くなるばかりです。結婚する前に価値観が合っているか確認しておくのは重要なのです。

 

家事育児に消極的


男女平等に働く共働き世帯が増える一方で、家事や育児は基本的には女性がするものと思っている男性は多くいます。そのため、女性も頑張って働いているのに旦那が仕事を理由に家事や育児をまったく参加しなかったり、少ししか手伝ってくれないと離婚の原因になってしまいます。

「自分も手伝うから」とか「自分もできるだけ協力する」と言う男性は、あくまでもメインは妻だと考えていることが多いです。「一緒にがんばろう」とフラットに考えられる男性の方が結婚生活はうまくいきます。

 

二面性がある


付き合っていた時には優しくて気配りができる男性だったのに結婚したら、仕事のストレスを家で発散する男だったというのも女性が離婚の原因として決断しうるケースの一つです。

外面がよいだけに、周囲の人に相談しても理解してもらえずに一人でどんどんストレスをため込んでいってしまい、離婚という結論に至ってしまうのです。結婚する前に相手の男性が家族に対する態度をよくチェックして、結婚後に自分にどんな態度をとるのかの参考にしましょう。

 

モラハラをされた


男性が年上だったり、学歴に差がある夫婦でよくある離婚の原因がモラハラです。付き合っていた時は「かわいいね」と言ってくれていた彼が、結婚したら喧嘩をする時に言葉の端々に「バカ」とか「育ちが悪い」などと下に見る発言をし始めるのです。

長く夫婦生活をしていれば、相手の本性が見えてきます。相手が自分を下に見ていると感じれば相手を信頼できなくなりますから、離婚した方が幸せになれると思ってしまうのです。

 

如何でしたでしょうか。離婚の原因で女性が別れを決める理由には様々なケースがあるのです。昭和の時代までは、結婚をしたら女性は家庭に入り、仕事を辞めて子どもを産み、母親として家庭を支えるというのが当然だったかもしれません。しかし、女性が社会進出して共働きの世帯が一般的になった現代ではそうはいきません。

女性は結婚しても子供を産んでも、一人の人として、女性として、社会で働いて認めらるべき存在であるはずです。それなのに自宅に帰ると女性として男性が見てくれなかったり、家事や育児を妻の仕事して押し付けられると嫌気がさすのが当然です。これが離婚の原因になるのです。

ですから、離婚の原因を回避するためには、結婚したい男性が現れた時に、この男性は男女平等の思想を持っているか、夫が家事をすることを当然のことと思っているかなどを注意深く観察することが大切なのです。

まとめ

女性の方が決意した離婚の原因とは

・旦那が自分を女性として見てくれなくなった
・旦那のだらしない性格に愛想がつきた
・旦那の束縛が厳しくて友人と会えなくなった
・金銭感覚や価値観が合わないことがストレスに
・仕事を理由に家事や育児に協力してくれない
・外面はいいが仕事のストレスで八つ当たりする
・「バカ」などと上から目線でモラハラを受けた

あなたの運命のカラーは何色?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日とオーラのカラーから分かります。 当たると評判の「スピリチュアルオーラ診断」では、あなたのオーラをを診断し、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。

初回無料で貰える2000文字を超える細かい診断カルテで、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、体験してみて下さい!


連記事

コメント