リラックスする音楽を使って毎晩ぐっすり眠る7つの方法♪

リラックスする音楽を使って毎晩ぐっすり眠る7つの方法♪

何かと忙しい現代人にとって、睡眠や休養は大きな課題ではないでしょうか。毎日残業で遅くなってしまったり、塾や習いごとが忙しかったり、山積みの家事や育児に追われて、一日はあっという間、いつも眠るのは日付が変わってから・・・・・・なんて人も多いはず。

また、日々のプレッシャーやストレスで、眠りたくてもなかなかリラックスして眠れない、なんて悩みも多いようです。事実、日本人の平均睡眠時間は減少し続けています。けれど、睡眠は体や脳の疲れをとるだけでなく、ストレスを解消したり、記憶を定着させたり、病気を予防するなどいくつもの効果があります。

このような重要な役割がある睡眠にきちんと時間をとらないと、健康を損なってしまいかねません。日々目標に向かって労を惜しまずがんばっているからこそ、資本である体を大切にし、質の良い睡眠をとれるよう、リラックスする音楽を使って眠れる方法をご紹介します。



 

リラックスする音楽を使って
毎晩ぐっすり眠る7つの方法♪

 

音楽の力を知って眠りにいかそう


睡眠に良い音楽を聴くと、リラックスした状態を示すアルファ波が出て、入眠しやすくなるという効果があります。それも好きな音楽や元気が出るようなアップテンポの曲ではなく、「ヒーリング」などとうたわれている優しい音色がよいでしょう。

資格を持って施術する「音楽療法士」などの仕事もあるように、音楽は身体や精神の健康を回復し、向上させる働きが認められています。音楽によって身体をリラックスさせることで、睡眠にも効果があるのです。

 

就寝の少し前から聞き始めて眠りの効果を高めよう


就寝する直前の2~3時間前からは、脳が活発に働くこと、脳を刺激するようなことはしない方がよいと言われています。つまり頭を使うような作業は、なるべくしない方がいいんですね。

ただ何かと忙しい現代人ですから、さすがに2~3時間前から何もしないで音楽を聴き始める、というのは難しいと思います。ですからせめてベッドに入る前、メイクを落としたり歯を磨いているときから、優しい音楽を聞き始めて、心をリラックスさせるようにしましょう。

 

睡眠に効果的な音楽を選んで癒されよう


テンポの良い曲やロックなどの激しい音楽は、脳を刺激して高揚させてしまうので逆効果だといわれています。スムーズに眠りに誘導してくれるのは、クラシック音楽やピアノだけの演奏、オルゴールなど、静かでゆったりとしたメロディの音楽です。

最近ではリラックス効果のある音楽や睡眠に良い音楽がたくさん開発されています。鳥のさえずりや皮のせせらぎ、波の音など、自然界にある音もアルファ波を出す効果があるので、ぜひ取り入れてみましょう。

 

他の音を遮断して心身を落ち着けよう


音楽によるリラックス効果を高めるには、快眠の妨げになるような音はなるべく遮断したほうが良いでしょう。たとえば外の車や電車の音が入ってきやすい窓のそばにベッドを置かないようにしたり、窓を二重にする・カーテンを遮音効果のあるものにする、など、対策を考えましょう。

また、せっかく心地よい音楽で快眠に繋げようとしているときに、一方で脳を活性化させてしまうようなことを同時にしていてはいけません。たとえばゲームをしながらとか、勉強をしながらとか、他の音が聞こえてくること、頭を使うようなことをしてしまっては効果が少なくなってしまいます。できるだけ心身を落ち着けた状態で、音楽に身をゆだねましょう。

 

環境を整えてリラックス空間をつくろう


音楽の睡眠に対する効果を発揮するためには、眠るときの環境を整えるといっそうよいでしょう。マットレスをより体に合うものにしてみたり、部屋の温度や湿度の調整も、快眠には大切です。また、眠るときの明るさがとても重要になってきます。

睡眠に必要なメラトニンは、明るすぎると分泌されにくくなるという性質があり、「月明かり程度の明るさ」が睡眠にはもっとも適しているといわれています。

これに関連して、眠る前にパソコンやスマートフォンの明るい画面を見続けるのも、控えたほうが良いでしょう。寝具や部屋の温度、明るさなどを適した状態に整えた上で音楽を聴きながら眠ると、いっそうリラックス効果が大きくなってきます。

 

アロマと組み合わせて心地よい眠りにしよう


ゆったりした静かな音楽にプラスして、心地よい香りのアロマを活用してリラックス効果を高めてみてはいかがでしょうか。植物から抽出したアロマオイルはリラクゼーション効果があり、「アロマテラピー」などとも呼ばれて、快適な眠りのために使われています。

ティッシュなどに数滴たらして、枕元に置いておくと良いようです。ラベンダーやオレンジ、カモミールなどの香りが、安眠が期待できる鎮静効果のある香りとして知られています。また、眠る前にアロマオイルをたらしたお風呂につかるのも、香りと温浴効果で一石二鳥ですね。

 

日常生活も健康的に送って快眠を促そう


音楽はリラックス効果を高めて、快眠をサポートしてくれる効果がありますが、そもそも日常生活のレベルで、安眠を妨げている状態をなくしていく必要があります。

たとえば偏食をやめて、メラトニンの原料となるトリプトファンを摂取するために乳製品や穀類からたんぱく質をきちんととったり、毎日適度な運動を心がけることが大切です。健康な生活が質の良い睡眠につながります。音楽を活用して快眠につなげるためには、そもそもふだんから健康的な生活を送ることが重要なのです。

 

いかがでしたか。

それぞれ好みがあって楽しみ方も人それぞれの音楽ですが、アルファ波を出す効果のあるゆったりとした音楽には、ぐっすり眠れるようになるという機能があったのですね。

忙しくて眠る時間をしっかり取れなかったり、考え事やストレスで寝たいのになかなか寝付けなかったりと、現代人の睡眠に関する悩みは尽きないものです。

手っ取り早い手段としては、医師に相談して睡眠導入剤を処方してもらうという方法もありますが、自宅で気軽にチャレンジできる対策として、リラックスする音楽の活用をぜひとも試してみてください。安眠に効果のある音楽のCDは本当にたくさん発売されていますし、動画サイトでも手軽に聴いてみることができます。

クラシック音楽やオルゴール、自然の音など、自分の好みや、眠りやすい音楽を見つけて、眠る前から流してみましょう。ご紹介した7つの方法で、少しでもあなたの眠りはよくなることでしょう。

 

まとめ

リラックスする音楽を使って毎晩ぐっすり眠る7つの方法♪

・ 音楽の力を知って眠りにいかそう
・ 就寝の少し前から聞き始めて眠りの効果を高めよう
・ 睡眠に効果的な音楽を選んで癒されよう
・ 他の音を遮断して心身を落ち着けよう
・ 環境を整えてリラックス空間をつくろう
・ アロマと組み合わせて心地よい眠りにしよう
・ 日常生活も健康的に送って快眠を促そう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント