入院中の暇な時間を有効活用する方法

入院中の暇な時間を有効活用する方法
入院してある程度容体が安定してくると、入院生活はとても退屈で暇なものですよね。入院していなければ買い物に行けたり、スポーツしたり仕事したりといろいろなことができますが、入院中はそんな自由には行動できないもの。でも時間はあり余っているし、この時間をプラスの方向に生かしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?今日は入院生活がヒマすぎるという方のために、入院中の暇な時間を有効活用する方法をご紹介します。



 

読書で知識を養う


病室は基本的には静かな空間ですから、読書には最適な場所と言えるでしょう。本を読むことに抵抗感を持つ人もいるかもしれませんが、最近ではスマホやPCで読むことができる電子書籍がとても便利。読書には知識を増やすことはもちろん、文章力アップ・情報処理能力アップ・脳の活性化・ストレス解消などの効果があると言われています。入院生活で心がポカーンとしているようでしたら、まずは読んでみたいと思う本を検索して、読書にチャレンジしてみるのも、心の治療としていいかもしれません。

観れなかった映画やドラマを見る


病室には大抵テレビは付いてますが、複数人で共用していたり、観たい番組が常に放送されているわけでもないので、テレビも意外と退屈なものですよね。そこで入院中の暇つぶしとして人気なのが、fuluなどに代表される、スマホで観れる有料動画サービスです。映画から過去のテレビドラマまで何でも見放題ですので、何かしら観たいものが見つかるはずです。映画やドラマを観ることで感受性や想像力などを養うことができます。入院中は、普通に生活できないという辛さを経験するものですから、感動する映画やドラマを観て、お世話になった人や普通に生活できることへの感謝の気持ちなど、いろいろと振り返ると一歩成長できそうですね。

資格の勉強をする


入院中の暇な時間を利用し、資格取得のための勉強をするというのも有効活用方法のひとつです。実際に入院してみると、もしこのまま働けなくなって会社を辞めなくてはならなくなったらどうしよう…など、将来に不安に感じる人も多いのではないでしょうか?資格というものは基本的には持っていて損をすることはほぼありません。普段の生活ではなかなか勉強できる時間を作ることもできませんから、入院中に資格の勉強をしておくのはとてもいい時間の活用法かもしれません。

入院中に収入源を作る


当然のことながら、入院と治療にはお金がかかります。また、会社員の方でしたら入院中はお休みと同じ扱いになりますから、有給休暇や特別休暇など会社が指定する有給日数を消化してしまったら、あとは無給状態になってしまいます。入院保険など、いざという時のための備えをしていないとゾッとしますよね…。そういうことも踏まえ、最近では「入院中は働けない」という考えを逆転させて、「入院中にいかに副収入を得るか」を考える人が増えているようです。
自分がもし働けなくなっても生活できるようにというリスクヘッジになりますし、職場に復帰できれば収入アップという一石二鳥になりますよね。入院中にできる副収入のお仕事と言えば、やはりネット関連は欠かせないもの。アフィリエイトなどいろいろな方法で収入を得ることができますが、誰でもできるというわけでもなく、ある程度の知識と根気がなければ実践は難しいですよね。でも、ネットの知識もなく、初心者でも簡単に収入を増やす方法があるとしたら、ちょっとチャレンジしてみたいと思いませんか?

そんな入院中の方に人気なのが、AWA(オルタナティブウォールストリートアカデミー)です。入院病棟に無料配布される「TVホスピタル」という入院患者向けのテレビ情報誌にも特集が組まれていましたが、アカデミーの動画を閲覧し、1ヵ月に1時間程度、スマホかPCをイジるだけで誰でも収入アップをすることができるというのですから驚きです。

よくある何かシステムを買ったりするようなものでもなく、AWAの運営元は米国の上場企業なのでコンプライアンス面も安心ですし、500名以上の参加者全員が利益を出したというその方法は凄いの一言です。興味がある方は、一度無料動画を見てみたほうがいいかもしれません。

【参考リンク】AWA FOXメソッド

 

入院中の暇な時間を有効活用する方法 まとめ

いかがでしたか?入院中の時間は身体を療養させるためのものですが、人生に向き合うことができるいい時間だと割り切ることも必要ですね。暇な時間の有効活用方法は人それぞれですが、興味があることから始めていくのが一番。4つの例のうち、少しでも気になると思うことがあったら、是非チャレンジしてみてください!

【参考リンク】AWA FOXメソッド

にたったらシェアしてください

コメント