動悸とストレスの関係を知って、心身の健康を増進する極意

動悸とストレスの関係を知って、心身の健康を増進する極意

動悸とストレスにはどのような関係があるのでしょうか。例えば、このような経験をしたことがあるでしょう。会議などで自分の発言する順番が迫ってきたときや、納期間近で作業を進めている時、または苦手な上司と話をするときなど自分の意志とは関係なく、まるで猛ダッシュで走った後のように胸がどきどきと苦しくなるような動悸がおこること。

これは病気から起きる動悸でなくストレスが原因している可能性が高いです。(※中にはパニック障害などの深刻な心身症や何らかの疾患の場合もあります)そして動悸を起こすストレスの影響がひどくなればなるほど平常心ではいられなくなり、余計なミスを犯したりと本来の自分を発揮することができなくなってしまいます。

特にここぞというプレゼンのときなどこのような状態になると、せっかくの努力が無駄になってしまうことだって考えられます。動悸を繰り返すとストレスに弱い人間というレッテルを貼られてしまい、社会人としてマイナスの影響をおよぼしかねません。ではどうしたらよいのかを、動悸とストレスの関係を紐解きながらお伝えします。



 

動悸とストレスの関係を知って、
心身の健康を増進する極意

 

動悸が起きるシステムを理解しましょう


特定の状況下でのみ動悸が起こる場合、それは交感神経が極端に高まってしまっているのです。動悸はストレスなど自分にとって「良し」としない時、自律神経失調症と同じ様に交感神経が暴走し、血圧を上昇させ、脈も速くするため必然的に血を送り出す心臓もフル稼働をし始めるのが主な原因と言われております。

運動をして起こる胸のドキドキは、筋肉が働いていることを自分自身理解できているから良いのですが、動悸がストレス性の場合は自分の意志とは関係なく起こるためとても不快で精神的に不安になります。では、続けて動悸がストレスが原因場合どのように対処すべきかお伝えしましょう。

 

ストレスの原因を探りましょう


動悸は何らかの体の異常からも発生するものですが、特定の状況でだけ起こるようであればその動悸はストレスが原因のものだといえます。まずは、自分がどのような時に動悸が起きるのかを冷静に考えてみましょう。

すぐに思い浮かばない場合は手帳などに一言日記として動悸が起きたときの状況を記すようになると明確になってきます。動悸がストレスから生じる場合がわかることで、どう対応したら良いのかが見えてきます。まずは自分自身を理解しましょう。

 

動悸が起きたときの対処法を覚えましょう


動悸がストレスを受けることで起きた場合、まずは大きく深呼吸をしてみましょう。新鮮な空気を吸い込むことで副交感神経が刺激され、徐々に気持ちも動悸も落ち着いてきます。ただし過呼吸(短い呼吸が続きひどい場合は意識を失ってしまう)の傾向がある場合は、お医者様にご相談のうえ試してみてください。

また肌をさするというのも精神を安定させる効果があります。子どものころ泣いているとお母さんが背中や頭を撫でてくれた記憶があるかと思いますが、その自然な動作には興奮して泣きわめく子供を落ち着かせる意味があるのです。とはいえ急に体をこすり始めたら変に思われてしまいます。

そんな時お勧めなのが「指ヨガ」です。左右の手の指を一本一本根元からもみあげる簡単なものですので、デスクの下などで目立たず行うことができます。

そして、注意をしなければいけないのは動悸がストレス性の場合コーヒーや、栄養ドリンクなどの興奮物質の入った飲み物を飲むこと。動悸の前にストレスを感じたときは少しぬるめのお湯か、ハーブティーなど気持ちを落ち着かせるものを摂るようにしましょう。

 

ストレスとの付き合い方を考えましょう


ストレスは誰にでもあるものです。では、動悸を起こすストレスがかかるようなシーンでも平然としている人はなぜ大丈夫なのでしょうか。

それはもともとの本人のメンタルの強さもあるでしょうが、ストレスに対してどのように接すれば自分自身を保っていられるかを理解していることが大きく影響しているといえます。

まずはストレスの原因を探り、どのようにしたら自分は冷静でいられるのかを頭の中でシュミレーションをしてみましょう。ちょっとしたことであれば、簡単な方法で動悸を起こすストレスを克服できるようになるでしょう。

 

どうしても辛い場合はお医者様を頼りましょう


動悸はストレスばかりが原因とは限りません。あなたがもし肥満体形であったり、喫煙や飲酒をなさっている場合で、動悸がひどい状況でしたらまずは一週間動悸が起きたときの状況を日記に記し、合わせて朝夕の血圧の測定も行ってみましょう。そうすることで体の現状を医師に伝える用意が整います。

そして、もし体が安静な状態であるにもかかわらず血圧の数値が上135以上、下が85以上あるようでしたら一度お医者様にご相談なさった方が良いでしょう。メタボリック体系でない方でも他の臓器異常から同様のことが起こりますので、まずは血圧の測定をすることをおお勧めします。

また、動悸が激しく、呼吸をするのもつらくなるようでしたら一度心療内科にご相談に行かれると良いでしょう。動悸がストレスの場合、うつやパニック障害などへと発展している可能性も考えられますので、深刻な状態になる前に専門の医師の助言を得たほうが良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

動悸がストレスと関係がある点ご理解いただけたのではないでしょうか。「でもこのくらいなら」としっかりと対処せず過ごしていますと、現在社会問題となっている「うつ病」へと発展する可能性もあります。

昨今は働く人のほぼ全員が携帯電話を持っている時代の為、休日でも携帯電話が鳴れば頭を就業モードへ切り替え対応しなければいけなくなってしまいました。そのため一昔前のように頭の中を空っぽにして、しっかりと「心の休息」をとることが難しくなっております。

ご自分の生活を思い返してみて休めてないなと思う方で動悸が起こる方は、その激しい動悸はストレスに対しての体からの警報音だと考え、早め早めにストレスの対処法を考え、身につけ、健やかに毎日を過ごせるようにしていきましょう。

 

まとめ

動悸とストレスの関係を知って、心身の健康を増進する極意

・ 動悸が起きるシステムを理解しましょう
・ ストレスの原因を探りましょう
・ 動悸が起きたときの対処法を覚えましょう
・ ストレスとの付き合い方を考えましょう
・ どうしても辛い場合はお医者様を頼りましょう

感情を引き出してモチベーションUP!

その為に今回はたった3分でできる『あなたの感情をググっと引き出す音声』を作りました。あなたの感情を誘導するナレーションが入っているので、音声に従って感情を出してみて下さい。スッキリした気分になりますよ。

いかがでしたか?こちらの音声は、ダウンロードすることができます。気に入った方は、ぜひ、落ち込んだ時や気分が乗らないときに気軽に聞いて下さいね。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント