お金を稼ぐには?余った時間でできる在宅ワーク

お金を稼ぐには?余った時間でできる在宅ワーク
在宅時間が長い方にとって、時間を有効に使ってお金を稼ぐことは非常に魅力的ですよね。在宅時間が長い理由は人様々、例えば子育てや介護でなかなか長時間家から離れることが難しかったり、そもそも移動手段がないという場合もあります。また、地方に居住されている方の中では通勤可能な範囲内に勤務先がない、というケースも見受けられます。

せっかくの余った時間、ゴロゴロ過ごしているだけじゃもったいないですよね。その時間をお金を稼ぐ時間へ変えることができれば生活も豊かになりますし、社会と繋がっているという安心感を得ることもできます。

また、在宅ワークの良いところは「余った時間でできる」という点。もちろんノルマなどがある場合もありますが、自分ができる範囲内で無理せずお金を稼ぐことができるのも嬉しいポイントです。

そこで今回は、そんな余った時間でできる在宅ワークでお金を稼ぐ方法をお伝えします。



 

お金を稼ぐには?
余った時間でできる在宅ワーク

 

テレフォンアポインター


在宅ワークの中で最も稼げる部類に入るのがテレフォンアポインターです。テレフォンアポインターとは俗に「テレアポ」と呼ばれ、電話にてアポイントメント(商談)を設定する仕事です。業種としては営業に近い仕事をイメージしていただければ良いでしょう。

多くの顧客新規開拓を行う企業の営業ではいまだにDMやテレアポ、飛び込みなどが主流となっています。中でもテレアポは足を運ばなくても良いため飛び込みよりも当たれる企業の数が多く、DMよりも確実性が高いので重宝されています。

在宅ワークのテレアポでお金を稼ぐ方法は主に2種類、時給制と出来高制があります。時給制は1時間いくらですが、出来高制は何件掛けたか、もしくは何件商談を設定できたかなど企業によって様々です。もしあなたが人とお話しをするのが嫌いでなければテレアポは向いている在宅ワークと言えるでしょう。

ただ、在宅ワークといえどもブラック企業が蔓延しているのが実情です。テレアポでお金を稼ぐつもりなら、きちんと契約に目を通し、労力に見合ったお金を稼ぐことができるかどうかを判断してください。例えば、リスト(電話をかける先)は用意してくれるのか、企業の商品やサービスについての説明はしてくれるのか、電話代は企業持ちなのか、ノルマの有無などは必ず確認しましょう。

世知辛いもので、時にはすげなく断られたりすることもあるのがテレアポという仕事です。だからこそよりお金を稼ぐことができるのもテレアポというもの。人と話すのが好き、社会と関わっていたいという方にとってはおすすめの在宅ワークです。

 

フリーライター


在宅ワークといえばまず最初にフリーライターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。フリーライターと言えばその名の通りフリーのライター、つまりどこかの組織や会社に所属せずメディアの記事を執筆するライターのことです。

先述したテレアポと異なり、人と接することなく自分のペースでお金を稼ぐことができるのも魅力のひとつ。ただ、やはりテレアポよりお金を稼ぐのは難しいと言えるでしょう。フリーライターはご自身の経験を基に執筆するタイプの方や、インターネットなどで情報を検索してまとめ、自分の言葉で世の中に発信するタイプの方もいらっしゃいます。もしあなたがパソコンなどで文字を書くのが好き、文章を考えるのが好きなのでしたらおすすめのお金を稼ぐ方法です。

一見キーボードさえ叩ければ誰にでもできる在宅ワークのように思えますが、多くの企業の求める文章量は少なくて2000文字程度、多いと5000文字程度になってきます。また、月に何記事納品というノルマを課している企業も多く、場合によっては締め切りに追われる可能性も出てきてしまうのがデメリットです。

余った時間で無理なく、という場合ならある程度融通を効かせてくれる企業をご自身で発見する必要があります。また、フリーライターとしてお金を稼ぐつもりなら単発ではなく継続して雇用していただける関係性を築ける企業をご自身で発見する必要があります。もちろん、テレアポと同様ブラック企業も多く潜在しています。あなたにあったペースでお金を稼ぐことのできるお仕事を、根気強く探してみてくださいね。

 

アンケートやモニター


テレアポやフリーライターほどお金を稼ぐことはできませんが、自分のペースでコツコツとお金を稼ぐことができるのがアンケートサイトやモニターです。1つの質問に何ポイントという形でポイント制を採っている企業が多く、現金に換金する他各種ポイントに還元してくれる場合もあります。

先述した2つの職業と異なり、特にスキルが不要なのが嬉しいところ。誰にでもできるお仕事ですので単価は下がりますが、その分本当に「余った時間」でお金を稼ぐことができますよ。もしあなたがどうしてもまとまった時間が取れない、スキルがなく自信がないという場合にはまずこちらから始めてみてはいかがでしょうか。

スマートフォンなどで簡単にできるアンケートも多いので、小さなお子様のお昼寝中や就寝前の30分などにコツコツとやっていけば、案外お金を稼ぐことができるものです。こちらも多くの企業が参加されているので、まずはネットなどで評判を調べてご自身に合った企業を見つけてくださいね。

 

いかがでしたか。余った時間でお金を稼ぐ方法、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

3つとも私自身が体験したものですが、やはり一番稼げたのはテレアポでした。が、その分負担も大きかったのもテレアポです。特に電話中は他の事に構っていられないので、小さなお子様や介護などをされている方には不向きではないでしょうか。ですが、在宅中に緊急対応がないケースであれば確実におすすめなお金を稼ぐ方法と言えます。

また、フリーライターは上記のような緊急対応がある方にもおすすめです。なぜなら文章は一旦手を止めることができますし、コツコツ仕上げていけば時間はかかってもまとまったものが出来るからです。育児や介護などの経験を活かし、悩みを解決するような記事を執筆すればきっと誰かが救われるはずですよ。

そしてアンケートサイトやモニターですが、お金を稼ぐというよりは余った時間を有効活用する、という程度の認識で挑んだ方が良いでしょう。お金を稼ぐというとどうしても大金をイメージしてしまいがちですが、余った時間をコツコツお金に換金していくこともまたお金を稼ぐ重要な方法のひとつです。ぜひ、あなたに合ったお金を稼ぐ方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

在宅ワークでお金を稼ぐには

・テレフォンアポインター
・フリーライター
・アンケートやモニター

あなたの運命のカラーは何色?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日とオーラのカラーから分かります。 当たると評判の「スピリチュアルオーラ診断」では、あなたのオーラをを診断し、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。

初回無料で貰える2000文字を超える細かい診断カルテで、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、体験してみて下さい!


連記事

コメント