起業して成功した人が守り続けた、会社を潰さない7つの方法

起業して成功した人が守り続けた、会社を潰さない7つの方法

2008年9月15日アメリカ合衆国の一つの投資銀行が破たんしたことを切っ掛けに、世界的金融危機を招いた。日本では長引く不景気から、サブプライムローンの関連債権はあまり広まってはいなかったが、急速なドル安が進み、輸出産業から大きな影響が波及して、日本経済の大幅な景気後退に拍車をかけていった。

そのリーマン・ショック以降、会社経営に携わる経営者らは、世の中の経済状況に並々ならぬ関心を払ってきました。そうした中で起業家と言われている人たちは、自社を存続させるために独自の考えのもとに会社経営にあたり、成功をおさめてきました。

そこには数々のドラマがあって、試練の波を果敢に乗り越えられてきたのだと思います。そこでこの度は、そのような成功者の方々の言葉をいくつか取り上げさせていただいて、そのいわんとする事柄を考えながら学んでいきたいと思います。



 

起業して成功した人が守り続けた、
会社を潰さない7つの方法

 

時間を上手に使う術を身につけて、会社を活性化させていく。

経営者は毎日が真剣勝負の場面と向き合っているようなものです。それはライバル会社や取引先、銀行などと渡り合って、自社に有利になるように対峙していくようなものです。世界情勢は刻々と変動を続けています。そういう環境の変化によって、それらとの力関係はどんどん変わっていくのが常となっています。

そういう変化の中で、柔軟に対処できることが会社を存続させるウィークポイントになります。それはつまるところ、社長自身が時間をうまく使う術を身につけているからこそ、会社を活性化させ続けることができるのです。

1分1秒を惜しんで働くことの大切さや時間に対するコスト意識を身につけて、社長の素早い決断に反映させていくことが会社存続の生命線と言えます。従前と同じ着想ではなくて、新しい発想に基づいた道を求めていきます。できることは何でもやってみる。という気概と創意工夫がポイントになります。

 

苦手な相手を克服して、ビジネスチャンスを広げる。

誰にでも関わりたくない「苦手な人」はいるものです。でも、ビジネスでは「苦手な人」を苦手なままにしておくのは、自らチャンスの芽を摘み取ってしまうようなものです。苦手な相手を克服して信頼関係を築くことで、ビジネスチャンスを広げる切っ掛けにすることができます。苦手な人を克服すことは大変な労力を強いられます。

けれどもそれは、大げさなことではなくて相手を「ほめる」ことなのです。成功している経営者はほめ上手な人が大勢おられます。自分が好意を示すことで、相手はその感情を受け止めて、好意を返してくれることを知っているからです。そうなると気心が知れるようになって信頼関係が築かれていきます。

「ほめる」ことは、相手のモチベーションを上げたり、相手から好かれるという効果のほかに、自分の気持ちをポジティブに高められることや相手を好きになれるというメリットも生じてきます。「苦手な人」を「ほめる」ことは結構勇気がいることです。

しかし、ビジネスをやっていくためには必要不可欠なことになります。その方法は、相手によって「ほめる」方法を変えていくことになります。面と向かって言う方が効果的な場合と、ひねくれ者や嫌味な人へのほめ方は、誰かを介してほめていた事実を間接的に伝えた方が効果的な場合もあるからです。

 

日曜日は家族と過ごし、自分流儀の時間の使い方をする。

多忙を極めると会社のことしか頭の中に存在しなくなります。けれども人間には息抜きは必須になります。短期決戦の時はともかくとして、日常では息切れしないように、しっかりとプライベートの時間を守って、英気を養う大切さを実践することです。そのために日曜日は家族と過ごす日と決めています。

一日の時間を有効に使うためには「やらないこと」をあらかじめ決めることです。やることが多い日は「何を捨てるか」を決めます。結局自分の体に休養を与えて、自分が動き易いように自分用の時間の使い方を心がけていきます。

 

借金はするな、むしろ売り上げを伸ばせ!

経営者の中には、注文が来るのをじっと待っているだけの人や、得意先に頼りきりになって、新規得意先の開拓を怠っている人が案外多いものです。業績を伸ばしている企業は、支出の抑制と同時に売上も伸ばしています。不況で企業の業績が伸びなければ、資金繰りが苦しくなります。

返済できる見込みがないのに借金すると、かえって経営を圧迫してしまいます。売上が減少しているのに借金を増やせば、返済に窮することになりかねません。不況の時はむしろ借金を減らす工夫や売り上げを伸ばすアイディアを募ったりして、経営を健全化する方法を模索していきます。

 

不況こそチャンス!

不況の時は、事業に見切りをつけて廃業したり、あえなく倒産する企業が出てきます。そういう兆しをキャッチして、その時を逆手にとれば、結果として競争相手が減っていくのですから、この時ほど自社の命運を賭けたビジネスチャンスが訪れたともいえます。

この流れを的確に読み取って、巧みに操縦しながら会社経営をしていければ、してやったりの成果が約束されます。そのためには、何としても自社を倒産させないことが肝要になります。

そのために、なりふり構わず必死になって事業を続けて行くことで、大きく道が開けてきます。慎重に、そして積極的に前を目指して一歩でも前進する。難しいようですが、これを乗り切ることが明るい未来へとつながっていきます。

 

「負けない経営」こそが、会社を長く繁栄させるポイント。

一般的に、企業の生存条件は競合他社との競争に勝ち抜くことだと言われています。けれどもそうではなくて、「負けない経営」こそが、会社を長く繁栄させるポイントだと思います。「負けない経営」とは、言い換えれば目先の利益にまどわされず、自社の本業を大事にして、地道に手堅く商売していくことなのです。現代は多角化経営が盛んになっています。その中で、この「負けない経営」の経営理念は稀有な存在になっています。

 

会社に縁のある人をいかに喜ばせるかという視点で努力する。

企業としての会社の使命は、利潤追求に尽きると思います。この一点のために鋭意努力していくものです。けれどもそれにこだわらない会社理念も存在しています。「利益を第一の目的に置いたことはない」「ビジネスは顧客と自社の従業員ばかりでは成り立ちません。

株主をはじめ、自社製品を使っている工事業者、施主、そして社会全体もビジネスのステークホルダーとしてとらえています」「会社の利益は、あくまで結果としてついてくるもので、会社に縁のあるすべての人をいかに喜ばせるかという視点で、努力を重ねることこそが第一にやるべきことだと思います」

 

 

いかがでしたか。

『起業して成功した人が守り続けた、会社を潰さない7つの方法』について思い当たることがありましたか。ここで紹介された言葉は、いわゆる当たり障りのないものでしたが、かなり得心できるものがあったと思います。

けれども自社の秘密のノウハウを世間に公言してよいものなど、何一つ無かったとも言えます。『生き馬の目を抜く』世の中で、うっかりテクニックを漏らしたら。即模倣がまかり通って自社を窮地に陥れてしまいます。そのようなことは誰でも致さないものです。そのことを十分に理解することは大切なことだと思います。

 

まとめ

起業して成功した人が守り続けた、会社を潰さない7つの方法

・時間を上手に使う術を身につけて、会社を活性化させていく。
・苦手な相手を克服して、ビジネスチャンスを広げる。
・日曜日は家族と過ごし、自分流儀の時間の使い方をする。
・借金はするな、むしろ売り上げを伸ばせ!
・不況こそチャンス!
・「負けない経営」こそが、会社を長く繁栄させるポイント。
・会社に縁のある人をいかに喜ばせるかという視点で努力する。

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント