無呼吸症候群の治療でドクターにかかるときの注意事項

無呼吸症候群の治療でドクターにかかるときの注意事項

これまで放って置かれることが多かった無呼吸症候群も治療をして治すことを勧められるようになりました。無呼吸症候群の治療がそこまで重視されなかったのは、まず患者自身が自分の症状に気が付かないことが多いことや、ただのいびきだから大丈夫だと軽く捉える人が多いという理由があげられるかもしれませんね。

しかし実は無呼吸症候群は自覚症状がないにしても、身体にとってはもちろん異常な状態であり負担ともなっているのでできれば早めに適切な治療を受けたいところ。

病院とは言ってもどの科に行けば適切な治療をしてもらえるのか、無呼吸症候群に関して特に病院に行く前に気をつけるべき注意点があるのか、それらの情報を得て病院選びをしたいですよね。そこで今回は無呼吸症候群の治療でドクターにかかるときの注意事項をお伝えします。



 

無呼吸症候群の治療で
ドクターにかかるときの注意事項

 

無呼吸症候群の治療の必要性を理解する


冒頭で述べたように多くの人は無呼吸症候群を治療する必要性はあまりないと軽く捉えています。ただのいびきと一緒だと考えるのです。

しかし実際には放っておく事でどんな危険が潜んでいるのでしょうか。まず無呼吸症候群になる人の初期症状としてあげられるのがいびきですが、そもそもいびき自体睡眠中の呼吸が正常ではないことを表しています。

何らかの原因で上気道が通常より狭くなっていることの証拠。もちろん上気道が狭いということは空気が通る道が狭いということであり、悪化すると低呼吸となり呼吸の量が低くなったり、無呼吸となり完全に塞がってしまう危険性があるということですね。

この無呼吸の状態で体は窒息状態になってしまい、もちろん身体にとっては負担となるということ。治療の必要性を理解してドクターにかかる準備に取りかかりましょう。

 

自分の症状をできる限り把握してまとめておく


無呼吸症候群の治療に出かける前の注意事項の一つに、自分の症状をよく把握して整理しておくことがあります。

無呼吸症候群の治療のためまずは検査をして状態を見極めますが、まずはドクターも診察を通して検査方法や治療法などを考えるのでできる限り自分の症状を詳しく医師に伝えられるようにしておきましょう。

例えばどんな状態の時によりいびきをかきやすいか、風邪や鼻炎など鼻がつまっている時がひどいのか、もしくは飲酒の後に特に症状が見られるか、寝ている時の姿勢が仰向けなどある一定の状態で症状がひどくなるか…などどんな時にどんな症状が観察できるかなど把握してまとめておくようにしましょう。

もちろん寝ている時に起こることなので自分では無意識という場合がほとんどですが家族などの協力を得て症状を観察できると良いですね。その後の検査や治療がスムーズになりますよ。

 

どの診療科に行くべきかを考える


無呼吸症候群の治療のためにどの診療科に行けば良いのか分からないという方もいますよね。基本的にまず無呼吸症候群の症状が発生する部分である上気道とは主に鼻から気管までの空気が通る部分ですので耳鼻咽喉科が扱う分野。

しかし他にも例えば呼吸器内科や循環器内科などでも無呼吸症候群の治療を扱っている病院があります。また数としては少ないですが睡眠外来や歯科でも専門的に無呼吸症候群を扱っているところもあるので事前にホームページや電話をしたりして確認することをオススメします。

無呼吸症候群は英語名の頭文字をとってSAS(サス)とも呼ばれているので、病院の掲示板などに「SASの検査可能」などのお知らせが貼られていないかなどもチェックしてみましょう。意外にも行きつけの病院で検査ができるかもしれませんよ。

 

無理なく通い続けられる病院を選ぶ


無呼吸症候群の治療を扱っている診療科を知ることができました。現在専門的に無呼吸症候群を扱う病院の数はそんなに多くはありませんが、できるだけ立地の面や自分の生活スタイルに合った通いやすい病院を選ぶようにしましょう。

インターネットで無呼吸症候群の治療のためのとても良さそうな病院を見つけることができたとしてもすぐにそこに決めてしまうのではなく自分にとって通いやすい病院かということを一度よく考えてみることをオススメ。

実際に病院で治療するには初診をして次に検査、また本格的な治療…と何度も病院に足を運ぶことになりますよね。どんなに専門的に扱う良さそうな病院でも続けて通うことができなかったら意味がありません。

仕事場から近い、家から近い、診療時間が自分の生活に合っているなど、その病院を選ぶメリットを幾つかあげてみて無理なく通い続けられる病院を選ぶようにしましょう。

 

最適な治療方法を提案してくれる医者を選ぶ


ドクターにかかる前に注意しておきたいもう一つの点は、その病院または医師は患者にとっての最適な治療法を常に提案してくれるかをチェックすること。

無呼吸症候群の治療には入院して泊まり込みで検査を行う方法や、入院はせずとも定期的に病院に通いながら日常の生活を送りつつ検査を行う方法など様々。

そこで一つだけの治療法を扱っているところよりも患者の病状や意見に合わせていくつかの選択肢があるところで治療できると安心ですよね。

一つの治療を試してもあまり効果がないということも大いにあり得るので、そのような場合に他の診療科を案内してくれるなど良心的な病院を探すようにしましょう。

チェックできる点としてはその病院は他の診療科などと連携している様子があるかをホームページで確認するなど患者に合わせて良い提案をする準備ができている病院かを見てみると参考になりますよ!

 

いかがでしたか。

無呼吸症候群の治療が一般的に広まってきてはいますが、未だに自覚症状がない人や、分かっていてもそのままにしておく人など無呼吸症候群の治療が必要な人やその予備軍は多くいると言われています。

それでもやはり身体にとって無呼吸の状態はとても負担ですから治療の必要性を十分に理解して早めの症状改善を望みたいですね。

寝ている時の状態が分からない方も家族の協力を得て観測してみましょう。一人暮らしでそれができないという人は呼吸が止まっていることがないか、激しいいびきをかいていないかなど録音機器または録画機器などで一晩自分の状態を観測することもオススメ。

自分の症状や特徴が分かったなら、前調べをしつつ通いやすく実際的な提案をしてくれる良い病院を探すようにしましょう。治療が完了した時にはもっと早く医者に見せていれば良かったと思うほど体の調子が良くなりますよ!

 

まとめ

無呼吸症候群の治療でドクターにかかるときの注意事項

・ 無呼吸症候群の治療の必要性を理解する
・ 自分の症状をできる限り把握してまとめておく
・ どの診療科に行くべきかを考える
・ 無理なく通い続けられる病院を選ぶ
・ 最適な治療方法を提案してくれる医者を選ぶ

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント