不眠症の原因を知り、「グッスリ快眠生活」を取り戻す5つの方法

不眠症の原因を知り、「グッスリ快眠生活」を取り戻す5つの方法

夜なかなか寝つけなかったり、寝つけたとしても眠りが浅かったり…。不眠症の症状はつらいですよね。不眠症が原因で夜しっかり睡眠が取れず、昼の集中力も下がるため、仕事や家事にも影響してなおさらつらいという人も多いでしょう。

不眠症の主な原因としては、何らかのストレスに関連して起こる場合(心理的原因)や、痛み・かゆみといった身体の病気や症状が原因で起こる場合(身体的原因)、時差ぼけや生活リズムの昼夜逆転といった睡眠を妨げる環境による場合(環境的原因)などがあります。

不眠症の原因は人によって様々。原因によって、生活習慣を見直すだけで対応できる場合もあれば、医師による治療が必要になる場合もあるんですよ。また、不眠症には複数の原因が関係している場合も少なくありません。

自分の不眠症の原因を知り、対策を立てていけば、グッスリ快眠生活を取り戻すことができるかもしれません。そこで今回は、不眠症の原因を知り、グッスリ快眠生活を取り戻すための5つの方法をお伝えします。



 

不眠症の原因を知り、
「グッスリ快眠生活」を取り戻す5つの方法

 

2週間、8時間睡眠を取ってみよう


不眠症の原因をはっきりさせる前に、つらい症状が「睡眠不足」ではないかということも1度疑ってみましょう。現に、睡眠障害で専門クリニックを訪れる人の中には、不眠症ではなく実は睡眠不足だという人も多いそうです。

そこで、2週間、8時間睡眠を取ってみましょう。昼間の眠気、集中力のなさなども、睡眠不足が解消されれば良くなるというケースもあるんですよ。それでも改善しない、そもそも眠ることができない…という場合には、本格的に不眠症の対策に乗り出しましょう。

 

睡眠日誌で睡眠の質を分析しよう


不眠症を疑い始めたら、不眠症の原因を探るためにも、「睡眠日誌」をつけてみることをおすすめします。睡眠日誌は、時間を軸にして、眠っていた時間、うとうとしていた時間、床についていたけれど目が覚めていた時間などを記録していくものです。

睡眠薬を飲んだ場合には、そのことも記録。日中耐え難い眠気に襲われた場合なども記録します。続けてみると自分の睡眠の質や、傾向が分かりやすくなります。

専門クリニックにかかった際にも睡眠日誌を持参することで、不眠症の原因が特定しやすくなり、対策がたてやすくなるんですよ。

 

昼過ぎのカフェイン摂取を控えよう


さて、不眠症の原因には様々なものがありますが、その一つにニコチンやカフェイン、医薬品に含まれる成分による不眠(薬理学的原因)があります。中でも比較的かんたんに対策できるのがカフェインです。

昼過ぎにコーヒーを飲むのをやめたら寝つきがよくなった…という人も意外と多いんですよ。不眠症の原因を絶つには、ニコチンやカフェインを控えてみるのも効果的ですよ。

 

トリプトファンを含む食品を取ろう


不眠症の原因の一つに、生理学的原因というものがあります。不規則な生活などによって、生体リズムが狂ってしまい、うまく眠れなくなるような場合です。

体内の生体リズムが狂うのは、セロトニンという脳内物質が不足するためだと言われているんですよ。では、セロトニンを増やすためにはどうしたらよいのでしょうか。

効果的なのは、トリプトファンを多く含む食材を意識的に摂ること。トリプトファンは、豆乳やヨーグルト、納豆などに多く含まれます。ホット豆乳は、身体も温まるので、不眠症には特におすすめです。

 

安眠できる寝具・環境を整えよう


毛布や寝具、寝室の環境などが、不眠症の原因になる場合もあります。枕や毛布、パジャマといった寝具類は、安眠にふさわしいものになっているでしょうか。

少しでも気になる人は、安眠枕を使ってみたり、材質のよい寝具を使ってみたりすりといいですよ。また、寝室にアロマを焚いてみたり、安眠できる音楽を流してみたりするなどして、安眠を促進するのもおすすめです。

 

いかがでしょうか。

不眠症の原因は本当に人それぞれ。いくつもの原因が複合して起こる場合も少なくありません。今回お伝えした以外には、寝る1~2時間前に軽い運動をすることもおすすめです。

15~20分の軽いウォーキングは気分転換にもなります。入浴をして体を温めるなどするのも、安眠を促すためには効果的。1度お試しくださいね。

何より「眠れなかったらどうしよう」と思って不安になると、ますます眠れなくなったりもして、つらいものですよね。今回お伝えした睡眠日誌には別の効果もあって、一定の間記録をつけていくと、実はけっこう眠れていることに気づけたり、自分なりの法則や周期性に気づくことができるんですよ。

日中の気になることも書き込めば、不眠症の原因も特定しやすくなります。原因も分からず、ただただ眠れなくて不安…という状態はとてもつらいので、その意味でも睡眠日誌はオススメの方法です。

自分で対処できないな…と思ったら、迷わず医療機関で相談することも大切です。うつ病などの精神疾患が不眠症の原因となっていることもあるからです。ぜひ今回お伝えした5つの方法を復習し、不眠症の原因を知って対策を立てていきましょう。

 

まとめ

不眠症の原因を知り、「グッスリ快眠生活」を取り戻す5つの方法

・ 2週間、8時間睡眠を取ってみよう
・ 睡眠日誌で睡眠の質を分析しよう
・ 昼過ぎのカフェイン摂取を控えよう
・ トリプトファンを含む食品を取ろう
・ 安眠できる寝具・環境を整えよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント