ネガティブ感情の意味を知り自分らしく生きる7つの思考法

ネガティブ感情の意味を知り自分らしく生きる7つの思考法

人の感情や考え方について、大きくポジティブとネガティブの2つに分ける事はよくありますね。そして、一般的にネガティブな感情や考え方はあまり歓迎されるものではありません。

ただ、そうしたネガティブな感情や考え方を抱きやすい傾向にある人は、決して少なくないでしょう。そう、ポジティブな事だけが素晴らしいわけではありません。

ネガティブな感情や考え方にも意味があるのです。そこで、そうしたネガティブと思われる感情や気持ちと上手に付き合いながら、より自分らしく生きていくための思考法を7つ、ご紹介しましょう。



 

ネガティブ感情の意味を知り
自分らしく生きる7つの思考法

 

ネガティブを悪い事と考えないようにしましょう


まず、ネガティブな感情や考え方は悪い事なのでしょうか?決してそんなことはありません。物事をネガティブに考えるという事は、それだけ思慮深く慎重だという事です。

世の中にあるのは、ポジティブに考えてさえいれば解決できる事ばかりではありません。また、ネガティブな感情は良くないものと決めつけてしまう事が、心を追い詰める事にもなります。物事に対してより配慮ができる力を持っている、そう考えれば素晴らしい事だと思えるはずです。

 

ネガティブな感情をあえて受け入れましょう


それでもネガティブは悪いことではないと、簡単には発想が転換できないかも知れません。また、理解はしてもなかなか自分の中で納得できない場合もあるでしょう。それであれば、悪くてもいい、そんな感情があってもいいとそのまま受け入れてしまいましょう。

悪い事だと感じても否定をする事はないのです。今、自分には必要な感情なんだと心の中に居場所を作ってあげるのです。そうして、自分と向き合い思い悩む事は、決して無駄な事ではありません。

 

とことん悩みましょう。ただし、時間を決めて。


ネガティブな感情も、悩む事も悪い事ではない…それでも、ダラダラといつまでも悩み続けて良いとは言えません。どこかで意識を切り替える努力は必要です。では、どうすれば良いのでしょう。時間制限を設けて思い悩み、考えるようにするのです。

1時間、30分と時間を決めて、その間はそのネガティブな感情と向き合い、とことんまで悩みます。ここで大切なのは、決めた時間の中で答えを出そうとはしない事です。

一定時間考えて答えが出なかった悩みは、それ以上考えても答えは出ないと意識しておきましょう。

 

完璧を求め過ぎないようにしましょう


さて、ネガティブな感情が悪い事ではないと言っても、頻繁にそうした感情と向き合うのは大変ですね。そんな時は、何事も70点から80点くらいを目指すのがちょうどいいという考えを持ちましょう。

ネガティブな思考になりやすい人は、完璧を求め過ぎている傾向が強い場合が多いのです。けれど、完璧な人間なんてこの世にはいません。人生の中で、全て100点を目指すことは不可能に近い事。

上手くいかない事があっても、それが当たり前なのです。いちいち自分を責めたり、落ち込んだりする必要はありません。気持ちをリラックスさせるよう心掛けてください。

 

自分と他人を比べないようにしましょう


完璧主義と同じように、すぐに自分と他人を比べてしまう人もネガティブな思考になりやすいと言われています。自分には無いもの、自分が欲しかったもの、そうしたものを持つ人を羨ましく思うのも無理はありません。

そうした人が自分よりも良い状況にあればなおの事でしょう。ただ、自分がその人と同じものを持ったからといって、同じ様に良い状況になるとは限りません。

また、自分の知らないところで、別の誰かに羨ましく思われている事もあるでしょう。「隣の芝生は青く見える」ものです。比べても仕方がないと心に余裕を持ちましょう。

 

ありのままの自分を受け入れましょう


ネガティブな思考にならないために、自分と他人を比べない事はもちろんですが、何よりありのままの自分を受け入れる事が大切です。自分を好きになる事です。そして、自分の考えや個性に自信を持つことです。

そうすれば、そもそも自分と他人とを比べて思い悩む事もなくなるはずです。もちろん、人と意見が違ったり、衝突したりする事はあるでしょう。

けれど、自分が悪いと思ったら正していけば良いのです。自分の感情や気持ちを大切にしましょう。全ての人が同じ考え方をする事などあり得えないのですから。

 

物事を両極で分けないようにしましょう


そもそも、感情をポジティブとネガティブ、プラスとマイナスという風に分類する事で、善と悪というような考え方に捉われるのではないでしょうか。ポジティブだと思われる感情も、視点を変えれば無防備や能天気と言い換える事ができます。

両極で分類したりせず、考え方や意見の1つであり良し悪しなどは無いと考えれば、自分の考えや感情がネガティブだと悩む事もないはずです。自分の感情についてあれこれ考えず、ただ正面から向き合う事で、消化できる瞬間が訪れることでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ネガティブ感情の意味を知り自分らしく生きる7つの思考法をご紹介しました。自分でネガティブだと思ってしまう感情も決して悪いものではありません。

そして、自分の事を見つめ直すきっかけになったり、不測の事態に対する精神的な備えとなったり、何かしら意味があるものなのです。

もし、人と感じ方や考え方が違う、また、ポジティブだと思われるような気持ちになれないとしても、その事を気に病む必要はありません。

ポジティブな感情になる事ではなく、自分らしく生きる事が大切なのです。自分の感情をありのままに受け入れて、心をリラックスさせましょう。

 

まとめ

ネガティブ感情の意味を知り自分らしく生きる7つの思考法

・ ネガティブを悪い事と考えないようにしましょう
・ ネガティブな感情をあえて受け入れましょう
・ とことん悩みましょう。ただし、時間を決めて。
・ 完璧を求め過ぎないようにしましょう
・ 自分と他人を比べないようにしましょう
・ ありのままの自分を受け入れましょう
・ 物事を両極で分けないようにしましょう

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント