寝不足が続くと頭痛が起こる?原因と対処法

寝不足が続くと頭痛が起こる?原因と対処法
仕事が忙しいなどで寝不足が続くとってありますよね。寝不足が原因で頭痛を起こすことがあります。軽い寝不足なら頭痛までとはいかず頭がぼんやりする程度ですが、前日ほとんど寝ていないとか、毎日睡眠時間が短いなどのひどい寝不足になると耳鳴りや吐き気、頭痛などの症状が出てきます。

しかも時間に追われがちな現代人にとって、寝不足なんて当たり前、頭痛が起きてもたいして珍しくもないという状況です。寝不足が原因の頭痛で会社を休むのも気が引けますから、無理して頑張ってしまうことでしょう。

しかしこのような状態が続くと、頭痛だけでなく様々な不調が現れて仕事のパフォーマンスが低下します。するとさらに忙しくなりストレスが溜まり、結果もっと寝不足になるという悪循環に陥ってしまうこともあります。そこで今回は、寝不足で頭痛が起こる理由と、効果的な対策方法についてお伝えします。



 

寝不足が続くと頭痛が起こる?
原因と対処法

 

寝不足で頭痛が起きる理由


以下の2つの理由があります。

1)筋肉の緊張が続くため血流が悪くなる

寝不足だと疲れた体をゆっくり休ませることができず、筋肉もまだ緊張したままの状態で朝を迎えます。筋肉が緊張したままだと血行が悪くなりますから、栄養や酸素が脳へスムーズに届かず頭痛を引き起こしてしまいます。特に普段から首や肩の凝りがひどい人は要注意です。

2)自律神経のバランスの乱れ

自律神経には起きている時に働く交感神経と、睡眠中などリラックス時に働く副交感神経があります。寝不足により副交感神経の出番が少なくなるとバランスが乱れて頭痛の症状が出やすくなります。

また、睡眠中にも交感神経が働いてしまうなど睡眠の質が悪くなっている時も、寝不足と同じ状態となり頭痛が起こります。

 

寝不足頭痛の対処法


では、寝不足によって頭痛がする時に痛みを和らげて楽になる方法をご紹介します。

1)頭皮と足をマッサージ

寝不足によって筋肉が凝り固まることで頭痛が起きやすくなりますから、頭をマッサージして筋肉をほぐしてあげましょう。血流が良くなり、脳もリラックスしてくるので頭痛が和らぎます。

同時に足の指をくるくる回すようにマッサージして、足元から血流を改善します。身体が温まりリラックスできますよ。

余裕があれば足裏の中央からやや上の凹んだ場所にある「湧泉(ゆうせん)」というツボを押します。頭痛解消、疲労回復の効果があるので寝不足の頭痛改善には最適なツボです。

2)首筋を温める

首の筋肉が凝っていると頭痛につながります。首筋を温めて凝りをほぐし、血流を良くして脳へたくさん栄養や酸素を届けましょう。レンジなどで温めたタオルをしばらく首筋に当ててリラックス。同時に目を閉じて脳を休ませるとさらに効果的です。

3)姿勢を良くしよう

そもそも肩や首が凝りやすいのは、姿勢が悪いことが大きな原因です。この凝りによる疲労を寝不足が続いて解消できないでいると頭痛になってしまいます。普段の生活の中で意識して姿勢を改善し、首や肩が凝らないようにしておくことで、寝不足になっても頭痛が起こることを減らせます。

 

寝不足を改善しよう


いくらマッサージやホットタオルなどで血行を良くして頭痛が治まったとしても、寝不足が続けばまた頭痛が起こります。

「寝不足状態をなくす」以外に根本的な解決法はありません。そうは言ってもそんなに寝る暇がない方がほとんどでしょう。しかし同じ時間でも睡眠の質が高めることで、自律神経のバランスが整い、疲れがリセットされ頭痛が起きにくくなります。

1)寝る環境を見直そう

柔らかいマットや重い掛け布団を使っていると、睡眠中に寝返りをうまくうてないため、歪みを整えたり筋肉をほぐしたりできず、疲れがとれません。

寝返りをうちやすい寝具にするだけで、短時間でもしっかりとした睡眠がとれます。他にも枕をしないで寝る、吸水性の良いサラッとしたパジャマを着るなど寝返りをしやすい環境にしてみましょう。

同時に、寝室の空気をきれいにします。空気が澱んでいたり変な臭いがしたりカビやダニがいたりすると、やはり良質な睡眠をとることができません。換気をしたり空気清浄機やアロマディフューザーを使うなど、気持ち良い空気を心がけてください。

2)お風呂に入る

忙しくて寝不足になると、少しでも早く寝たいですし疲れて面倒ですから、お風呂ではなくシャワーだけで済ませてしまうことも多いでしょう。

しかし、寝る前にお風呂に入ることで血行が良くなり首や肩の凝りが改善されます。さらに副交感神経が優位になってリラックス状態で眠れるため、睡眠の質が高まります。寝不足の頭痛に悩まされている方は、ぜひ毎晩の入浴を習慣にしてください。

3)ストレッチ

お風呂から出たら、数分でも良いのでストレッチをします。お風呂上がりは血行が良くなっているのでストレッチの効果が出やすく、首や肩の凝りが一層ほぐれます。気持ち良く伸ばすことでリラックスし、ストレスも解消されてよく眠れるようになります。

4)寝る前にテレビやスマホを見ない

パソコンやテレビ、スマートフォンの画面はとても眩しく、寝る前にこれらの強い光を浴びると交感神経が活発になってしまいます。そうなると寝ていてもリラックスできず、寝不足頭痛の原因となります。寝る一時間前にはパソコンやテレビから離れ、静かに過ごすようにしましょう。

5)休日にはしっかり寝る

休みの日に寝だめするのは良くないと思いがちですが、普段きちんと寝ている人ならともかく、寝不足で頭痛が起きてしまうほど疲れている場合は寝れる時にしっかり寝て、普段の寝不足を清算しましょう。

頭痛を引き起こす筋肉の緊張を解きほぐし、思い切りリラックスして体力を回復させておけば、翌日からの多忙な生活を元気に乗り切ることができますよ。

 

寝不足が続くと頭痛が起こる原因と対処法についてお伝えしましたが、いかがでしたか。

睡眠は人間にとって欠かせないものですから、不足したり質が低くなると当然身体の不調となって現れます。寝不足による頭痛は、脳や身体からの、疲労が溜まっているよというメッセージです。

寝不足による不調は頭痛だけでなく吐き気やだるさ、食欲不振など様々なものがありますが、一番わかりやすいのは頭痛でしょう。

これらの症状が複合的に現れてくると、精神的にも辛くなりうつ病になってしまう危険もありますから、寝不足で頭痛だなと感じたら無理をしないでなるべく早く休むようにしてください。その上で良質な睡眠を取れるように、生活習慣や寝具などを見直していきましょう。

 

まとめ

寝不足が続くと頭痛が起こる原因と対処法は、

・寝不足頭痛の原因は血行不良と自律神経の乱れ
・起きてしまった頭痛にはマッサージなどで首や肩の血行を良くするのが効果的
・寝不足を解消して頭痛を予防するための5項目
1)寝返りをうちやすい寝具ときれいな空気で快眠を
2)入浴を習慣にして血行を改善
3)ストレッチでリラックス
4)寝る前には交感神経が活発になるテレビやパソコン、スマホから距離を置く
5)休日にしっかり寝て疲れをリセット

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント