お金が貯まる方法を活用して1年間で100万円貯蓄する技

お金が貯まる方法を活用して1年間で100万円貯蓄する技

「そろそろ貯金を始めないとなー」とは思っているけれど、なかなか貯まらない。毎月交際費や急な出費でお金が飛んでしまい、貯蓄に回すことができない…という人は少なくないと思います。

定職があり、安定した収入があっても、貯金がなければ、もしもの事故や病気のときにはあっという間に破綻してしまいます。また、蓄えがなければ、今している仕事以外にやりたいことが見つかったときにも、資金面から転職が難しくなってしまいます。

逆に、お金に余裕があれば、精神的にも余裕が生まれます。貯蓄をして、「これでいつでも辞められる」という精神的余裕ができたために、のびのびと仕事できるようになり、より能力を発揮できて、現職での評価が上がった…という例はたくさんあります。

しかし、「余裕ができたら始めよう」「来月から始めよう」と思っても、なかなか貯蓄はできません。そこで今回は、今月から始められる、お金が貯まる方法を紹介します。1年で100万円の貯蓄を目指しましょう。



 

お金が貯まる方法を活用して
1年間で100万円貯蓄する技

 

目標貯蓄額を決めよう


「給与から生活費を引いて、余ったらその分を貯める」という意識では、一生お金は貯まりません。「○ヶ月で○○万円貯める」という目標を決めて貯めることが効果的です。

目標貯蓄額については、将来必要な出費に備えて逆算する、現実的に達成可能な額に設定するという2つの側面から検討し、設定する必要があります。

「将来必要な出費に備えて逆算する」というのは、「2年後に○○万円の車を買う」「資格を取るのに○○万円必要」といった、具体的な数値を踏まえて目標額を設定する、ということです。

また、月々の収入が20万円で、今までそのほとんどを遣い切っていた人が、いきなり月に10万円を貯金することはほぼ不可能ですよね。月に1~2万から始めるのが現実的ではないでしょうか。

それが、「現実的に達成可能な額に設定する」ということです。2つの側面のどちらが欠けても目標として機能しません。バランスを取って決める必要があります。また、貯蓄が一定額に達したら自分にご褒美をあげる…などと決めておくと、モチベーションアップにつながります。

 

給与天引きの定期預金を利用しよう


何度も繰り返しているように、「給与の余剰分を貯蓄に充てる」という意識では、いつまで経っても貯金することはできません。そこで、給与天引きの財形貯蓄制度を利用して、自動的に一定額を貯金に回すようにし、残ったお金で生活する…という方法がオススメです。

口座にお金が残っていると、ほしくなったものをつい手に入れてしまい、無駄遣いをしがちです。しかし、銀行から引き出して使う前にお金が振り替えられる給与天引きであれば、無駄遣いの心配もありません。

給与天引き以外では、一般の銀行やゆうちょ銀行で取り扱っている自動積立定期預金がオススメです。その際、給与振込口座と同じ金融機関の商品を利用すると便利です。

 

固定費を下げよう


固定費とは、家賃、水道、光熱費、携帯電話代など、毎月払わなければいけない費用のことです。他にも新聞や、定期購読している雑誌など、諸々あるでしょう。特に注目なのが、携帯電話代です。

プランの見直しをし、より現状に合ったものに切り替えることで、意外と無駄がカットできることがあります。また、習慣的に定期購入を続けているけれど、実はあまり必要ないというものについては、思い切ってカットしてしまいましょう。

 

何気なくお金を使うのをやめよう


貯蓄するためには、日々の無駄遣いを見直し、ささいな支出にも敏感になる必要があります。たとえば、自販機で160円のペットボトル飲料を買ったり、出先で900円の携帯充電器を買ったり、コンビニで弁当とサラダを750円分買ってしまったり…と、日々何気なく遣うお金があります。

それによってその場のちょっとした欲求が解消されたり、ちょっとしたピンチを切り抜けることができたり、ちょっとした満足感が得られたりしますが、この「ちょっとした」の積み重ねが、気づかないうちに大きなお金になります。

人は、大きな買い物をするときには慎重になります。たとえば新しく家を建てるときには、大まかな予算を決めたうえで、立地はどうか、環境はどうか、アクセスはどうか、近所づきあいはどうか…など、多角的な視点で検討しながら決定していくのが一般的ですよね。

日々のちょっとした支出でも、本当にそれだけ払う価値があるのか、本当に今買う必要があるものなのか、検討してから買うようにしましょう。また、何気ない無駄使いを防ぐために、買ったレシートを捨てず、後からチェックするのもオススメです。

 

時間をお金で買うのをやめよう


自己啓発本を読むと、よく「時間をお金で買おう」という趣旨のことが書いてあります。確かに、時間は大切です。お金を使えば時間が節約できる、という局面はたくさんあります。

たとえばタクシーを使えば歩くより時間が節約できますし、外食やコンビニ弁当で済ませれば料理を作る時間・洗い物の時間が節約できます。しかし、日々時間をお金で買っていると、貯蓄するどころか、あっというまにお金がなくなってしまいます。

「時間をお金で買う」というのは、「自分が楽をする」という意味ではありません。「時間をお金で買う」という言葉の本当の意味は、それにお金を遣うことによって、長期的なメリットや効果がある場合に「投資」をする、ということです。

「自分が楽をする」ためにお金を使うのは、ただの「浪費」でしかありません。その支出によって時間が短縮できる…という理由でお金を使うときには、単なる浪費に終わらず、きちんと投資になっているか、自己点検することが大切です。

 

いかがでしょうか。

お金を貯める方法を5つ紹介しましたが、貯蓄を成功させるためには、2つのポイントがあります。1つ目のポイントは、毎回意志の力を使わなくてもいいようにすることです。

生活していると、どうしても欲しいものがたくさんある時期や、断りきれない誘いが続く時期があります。どんなに意志が強い人でも、日々の一つ一つの誘惑を断ち切って貯蓄をすることは、とても困難ですし、何より疲れてしまいますよね。

なので、一度貯蓄額を決め、目標を立てたら、毎日意志の力を発揮して我慢しなくても自動的に貯まっていくような仕組みを作ってしまうことが大切です。

その仕組みの具体例として、今回は「給与天引きの定期預金」と「固定費の見直し」をご紹介しました。2つ目のポイントは、無駄遣いをしている自分に気づくことです。

日々の飲み物代、缶コーヒー代、タクシー代など、一つ一つは大したことのない金額の積み重ねが、1ヶ月、1年では大きな支出となります。そうした無駄遣いに気づかなければ、お金を貯めようとしても、穴の開いたバケツに水を注ぐようなものです。

そこで今回は、「何気なくお金を遣わない」「時間をお金で買わない」という2つの意識の持ち方をご紹介しました。今回紹介した5つの方法を活用すれば、1年で100万円貯蓄することも決して夢ではありません。さっそく今月から活用してみてください。

 

まとめ

お金が貯まる方法を活用して1年間で100万円貯蓄する技

・ 目標貯蓄額を決めよう
・ 給与天引きの定期預金を利用しよう
・ 固定費を下げよう
・ 何気なくお金を使うのをやめよう
・ 時間をお金で買うのをやめよう

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント