お金が貯まる方法から最適を選ぼう!7つのお奨め貯蓄術

お金が貯まる方法から最適を選ぼう!7つのお奨め貯蓄術

老後に必要なお金が1人当たり3000万とも4000万とも言われる時代。やりたいことや欲しい物などのために貯金を考えることもあることでしょう。将来のためにも夢を叶えるためにも「お金を貯めよう」と思ったら1日でも早く実行に移したいところですよね。

とは言え「将来のために貯金をしたいのになかなかお金が貯まらない」「貯金を始めようと思ってはいるものの収入が少なくて貯金までお金がまわらない」など、思うように貯金できずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お金が貯まる方法をご紹介します。ライフスタイルやライフプランに合わせた方法を取り入れて貯金を始めてみてくださいね。



 

お金が貯まる方法から最適を選ぼう!
7つのお奨め貯蓄術

 

優先順位を変えて「収入-貯金=生活費」に!


貯金ができない人の多くは、生活に必要なお金を先に使って残りを貯金しようとする「収入-生活費=貯金」という考え方をしています。

人間にはもらったものを残さずに使う習性があるため、月収が20万あれば20万の生活を、100万あれば100万の生活をする傾向が強いのです。昇給した額と同じ額だけ貯金額が増える人が少ないのもこのためです。

しっかりとお金を貯めるためには、考え方を変える必要があります。これまで生活優先だった考え方を「収入-貯金=生活費」に変えましょう。毎月の貯金額を決めて、収入があったらすぐにその金額を貯金にまわすのです。

難しいなと思う人は、口座から定期預金などに自動振替される手続きをしても良いですね。人間にはボリュームに合わせた習性があるため、始めから手元にないものとすることでなんとか生活を成り立たせることができます。

ただし、無理な金額を貯金に回してしまうと生活が成り立たず元も子もなくなるため、毎月の貯金額は無理のない範囲で決めましょう。

 

しっかりと家計を見直して無駄を省く


前述のとおり、人間にはもらったものをすべて使う習性があるため、不要なものにまでお金を使っていることがあります。しっかりと家計を見直し、不要なものに使うお金を減らしてその分を貯金しましょう。

step1:支出をすべて書き出すすべての支出をひとつ残らず詳細に書き出しましょう。

step2:支出を分類する書き出した支出を生活費、社会的費用、遊び、その他に分類します。
・生活費→住居費、光熱費、食費・社会的費用→交際費、学費、保険料、冠婚葬祭・遊び→衣類、外食、旅行、趣味にかかるお金・その他→上記にあてはまらないもの

step3:それぞれを本当に必要なものとなくても困らないものに分けるなくても困らないものの合計額が毎月できる貯金額です。毎月、収入を得たらすぐに貯金にまわしましょう。

 

手軽にできる貯金法


収入が少ない人の中には、本当に必要なものにしかお金を使っていないのに毎月ギリギリで生活している人もいますよね。そんな方におすすめしたい手軽にできる貯蓄術をご紹介しましょう。

もちろん、毎月一定の貯金をしている人も試してみてくださいね。まずは、貯金箱を用意しましょう。◇つもり貯金「ランチを食べたつもりで500円」とか「ジュースを買ったつもりで150円」などのように思い立ったらすぐに貯金箱に入れていく貯金法。

◇500円貯金お財布に500円玉が入っていたら必ず貯金箱に入れる貯金法。

◇ペナルティ貯金「たばこを吸ったら1本100円」とか「天気以外の理由でウォーキングをさぼったら1回500円」などのように約束事と金額を決めておき、約束を守れなかったら決めた金額を貯金箱に入れる貯金法。

家族がいる人は家族と共有しても良いですね。これらの方法で貯まるお金は小さな額ですが、コツコツと貯めることでいずれ大きなお金になるため、貯金が楽しくなるかもしれませんね。

簡単に開く貯金箱だと、せっかく貯めたお金を使ってしまうことがあるため、できれば開封が難しい貯金箱を選ぶと良いでしょう。

 

定期的に保険を見直す


人生の4大支出と言われるほど家計の中で大きな出費を占める保険料。みなさんは定期的に保険の見直しを行っていますか?

契約したときと現在とではライフスタイルやライフプランが変わっていることがあるため、必要のない保障に高いお金を支払っているなんてことも・・。保険の契約内容を適正なものに見直すことで毎月の固定出費を大幅に減らすこともできます。

保険契約から長い時間が経過している方は一度保険の見直しをしてみましょう。もちろん、見直すことで浮いたお金は、毎月収入を得たらすぐに貯金にまわすことをお忘れなく。

 

住宅ローン以外のローンは組まない


「欲しいものがあるのにお金が足りない・・」そんなときに便利なクレジットカードでの買い物。一括払いのほか、分割払い、リボ払いがありますが、分割払いやリボ払いをしている人は要注意!

高額な金利手数料が発生するだけでなく、毎月固定の返済が家計の負担となり借金を生む悪循環に陥ることもあります。これでは貯金どころではないですよね。

住宅ローン以外のローンを組まないようにするだけで、高額な金利手数料という無駄な出費を抑えることができるため、その分を貯金にまわすことができますね。

 

銀行口座を使い分ける


お金の流れをしっかりと把握できるように、銀行口座を使い分けましょう。お金の流れが把握できると上手にお金を貯めることができるようになります。最低限必要な口座は3つ。

◇入金用口座給料を振り込んでもらうために使う口座です。

◇引き落とし用口座住居費や公共料金、学費などの引き落としに使う口座です。

◇貯蓄用口座貯金をするための口座です。

モバイルバンキングで振替処理が簡単にできるため、同一銀行内で口座を作っても良いですね。

 

貯蓄を分ける


貯金額が増えてきたら、お金を貯めつつ突発的な出費に対して対応できるように貯蓄を分けましょう。

1.将来のために使わない貯金
2.突発的な出費に対して使う貯金
3.目的のために積み立てる貯金

将来のために使わない貯金は「定期預金」に、目的のための積立は「積立預金」に、突発的な出費は「普通預金」にというように、ひとつの口座を使い分けてみても良いですね。

 

いかがでしたか。

お金が貯まる方法をご紹介してきましたが、始めてみたいと思える貯蓄術は見つかったでしょうか?思うように貯金ができない理由の多くは、収入として入ってきたお金の使い道の優先順位が「貯金」よりも「生活」の方が高いことにあります。

この考えを改め、お金が入ったら「まず貯金」にすることで、しっかりとお金を貯めることができるようになります。先に貯金をすると言うことは、収入が減ることと同じなので、家計を見直し省ける無駄を省くことが必要です。

とは言え、徹底的に無駄を省くことだけに注力してしまうと、ストレスが溜まり貯金が長続きしません。趣味など、使うところには出し惜しみせず、節約できる部分は徹底して節約する。

このバランスをしっかりと取ることで楽しくお金を貯めることができるようになります。「貯金をしよう」と思った今がチャンス!さっそく今日からできることを始めてみましょう。

 

まとめ

お金が貯まる方法から最適を選ぼう!7つのお奨め貯蓄術

・ 優先順位を変えて「収入-貯金=生活費」に!
・ しっかりと家計を見直して無駄を省く
・ 手軽にできる貯金法
・ 定期的に保険を見直す
・ 住宅ローン以外のローンは組まない
・ 銀行口座を使い分ける
・ 貯蓄を分ける

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント