熟年離婚してしまうカップルにありがちな悪い習慣

熟年離婚してしまうカップルにありがちな悪い習慣
長年連れ添い仕事も育児も一段落して、いざこれから2人の生活、と思った矢先に熟年離婚してしまう……というのは、もはや珍しい話ではなくなってしまいましたよね。

実に既婚の35%が熟年離婚してしまうといわれている昨今、女性の社会進出や年金分割制度などにより、妻側が離婚をためらう理由が少なくなったことも一因。今や熟年離婚の数は一定を保って落ち着いているといっても過言ではありません。

ですが誰もがいきなり「そうだ、離婚しよう!」とはならないはず。熟年ならなおのこと、長年積み重なった様々な要因が引き金となっているものなのです。そこで今回は、熟年離婚してしまうカップルにありがちな「悪しき習慣」についてお伝えします。

普段からのコミュニケーションが不足している

熟年離婚してしまうどんなカップルにも必ず共通しているのが「コミュニケーション不足」です!

もちろん個々の時間を尊重し、充実させるのはとても大事なことですが「2人でいる時間」になんの魅力もなければ、熟年離婚してしまうどころか、今すぐ離婚という気になってもおかしくはありません。

わかりあえない相手と一緒にいても息が詰まるだけですものね。言葉におけるやり取りはもちろんのこと、「触れる」「一緒にいる空間を共有する」というのもコミュニケーションの1つ。

もっというなら「セックス」も重要な要素です。離婚の潜在理由に「セックスレス」があげられるのもよくある話ですよね。

そのくらい「心と体のふれあい」は大切なものなのです。恥ずかしがったり「今更」なんて思わずに、ちゃんと相手と向きあいましょう。

 

相手を軽んじた言動をとり続ける

心を惹かれて仲睦まじい時間を過ごしているときは、ごく当たり前にお互いを尊重し、尊敬し、愛情を傾けていたはず。「自分よりも相手の喜ぶことを」常に考え、なにかと「相手を優先」していたのではないでしょうか。

ところが熟年離婚してしまうカップルは、恋人関係や夫婦になったとたんに手のひらを返すかのように「自分優先で当然」「相手は自分に尽くして当然」だと考えます。

遠慮のないフランクな間柄、といえば聞こえはいいですが、人前でなにかと「こいつはダメな奴で」と言われたり、感謝の言葉もないどころかやることなすことにいちいちあげ足を取られたりし続けていれば、百年の恋も冷めて当然です。

熟年離婚してしまうカップルはこのあたりがまずなあなあになっています。『親しき仲にも礼儀あり』は、恋人や夫婦になってからこそ肝に銘じなければならないものなのです。

 

価値観の違いをすり合わせようとしない

どんなベクトルであろうと、愛情の一方通行は2人の愛を疲れ果てさせるだけものに変えてしまいます。本来パートナーとあなたの関係は「対等」であり「ギブ&テイク」で成り立つ物であることを忘れてはいけません。

熟年離婚してしまうカップルにはたいてい「主従関係」が成立しています。もうこの時点で平等ではないことに、最初は互いに気づきません。

長年の違和感の積み重ねが、なんらかの要因をトリガーとして暴発した結果熟年離婚してしまうのだということを、しっかりと理解しておきましょう。

価値観の違いや理解しあえないことに対しても、一方的に自分の意見を押し付け相手の言い分を真っ向から否定し続ければ、ひずみができるのは当然です。

価値観の相違をどう埋めていくか、妥協案はないかなどを2人で模索していけるか否かが大きな分かれ道になるのだと覚えておいてください。

 

一緒に問題に向きあおうとしない

どこに行くか、なにをするか、どうするべきか……相談しても「任せる」「好きにしていいよ」「なんでもいいよ」という答えばっかり返ってくる。というカップルは、ほぼ間違いなく熟年離婚してしまう可能性が高いでしょう。

赤の他人が共同生活を行えば、そこには必ず様々な「考え方の相違」が発生しますよね。まして夫婦となれば「子供はどうするか」「家事分担」「育児」「今後のための貯金」「親の介護」などなど、ライフプランにおける様々な「問題」が生じてきます。

当然1人では決められないことも多々出てくるというのに、そこで「2人で一緒に考え取り組んでいく」という姿勢が見られないカップルが長続きするはずがありません。

さらに、一緒に考えてくれないからどうにかやりくりしているのに、他人事のようにダメ出しなんぞされた日には……じわじわと計画を立て、期を見て熟年離婚してしまう夫婦が多いのもうなずけるというものです。

きちんと「2人の問題」として受け止め、ともに乗り切っていかなくてはいけないことがあるということを常に念頭に置いておきましょう。

 

会話そのものがなく、相手の存在が空気のようになっている

熟年離婚してしまうどころか、カップル存続において致命的なのが「会話がない」に尽きます。例え顔を合わせて話す時間がなかなか取れなくても、今はメールやlineだってありますし「置手紙」という手もあります。

機械的な文面よりも手書きの文字がホッとさせてくれることも多々あるのです。といっても、例えば「今から帰る」「じゃぁ○○買ってきて」に代表されるような、業務連絡か電報か?と首をかしげたくなるようなそっけないものでは意味がありません。

それでも自分の時間や生活スタイルが確立され、満たされない時間を他で埋めることができている間はまだよいのですが、夫の定年退職などでこのサイクルが乱されると、積もってきた不満が表層に浮かんでくるようになり、やがて熟年離婚してしまうことになりかねないのです。

 

さて、いろいろな問題点をあげてきましたが、どれもこれも、実は「普段の相手への思いやりの積み重ねの有無」が根底にあることにお気づきなのではないでしょうか。

熟年離婚してしまうカップルは、たいてい相手に対する尊重・尊敬の念がありません。「一緒にいるんだからわかっているはず」というのは最も危険。どんなに思っていたとしても、言動に表して相手に伝わらなければ何の意味も成しません。

突然熟年離婚してしまうことになり、慌てるくらいなら常日頃から意思疎通をはかりましょう。忙しさなどを理由に避けるのはただの怠慢。それで破局しても自己責任です。付き合い始めと比べてあなたの態度・相手の態度はどうでしょう。

熟年離婚を回避し、なんだかんだ言いつつも添い遂げたいと願うなら、たまには感謝の気持ちの一つでも相手に伝えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

熟年離婚してしまうカップルの特徴とは

・ 普段からのコミュニケーションが不足している
・ 相手を軽んじた言動をとり続ける
・ 価値観の違いをすり合わせようとしない
・ 一緒に問題に向きあおうとしない
・ 会話そのものがなく、相手の存在が空気のようになっている

連記事

コメントをお書きください