美味しい酵素ドリンクの作り方!簡単レシピ

美味しい酵素ドリンクの作り方!簡単レシピ
酵素ドリンクが身体に良いということは皆さんよくご存知ですよね。酵素は人間にとって欠かせないものですが、日々減少していきます。特に、年齢を重ねていくと、がたんと減ってしまいますので、毎日の生活のなかで効率よく摂取していくことが大切です。

美容や健康に関心のある人は積極的に酵素を摂取しようと努力しているようですが、酵素ドリンクは飲みやすいということもあって人気です。免疫力のアップに効果が高いということもあって、日常的に摂取している人も増えているようですね。

たいていの人は市販の酵素ドリンクを購入して摂取しているようですが、家庭でも簡単かつ美味しく作れますので、市販のドリンクに飽き足りなくなったら、自家製の酵素ドリンクに挑戦してみましょう。

ということで今回は、美味しい酵素ドリンクの作り方についてお届けします。

ところで酵素って?

酵素って
酵素ドリンクのご紹介をする前に、まずは酵素について間単にご説明いたします。

酵素というと、学校で習ったアミラーゼ、ペプシンなどの消化酵素を思い出す方が多いのではないでしょうか。もちろん、それらも酵素の一種ですが、人間の健康に与える酵素の影響力からみれば、それは酵素の働きのほんの一部に過ぎないのです。

酵素は消化だけではなく、血液の循環、新陳代謝など、身体全体の活動を助けてくれています。元気に働いていられるのも、艶々とした顔色を保持していられるのも、酵素が充足しているからです。

ただ、この酵素、日々の生活の中でどんどん減少していきます。普通の生活をしていても酵素は加齢にしたがって減少していきますが、ストレス過多の現代型生活が減少を加速するのです。

バランスの悪い外食や添加物の多いお菓子、ファストフード、運動不足、不規則な生活習慣、食べすぎ、飲みすぎ、そしてストレス。こうしたマイナスの要素が嵩むと、酵素は減少を続け、その働きが衰えていきます。その結果、酵素によって司られていた消化や分解、血のめぐり、自然治癒能力といった働きが弱っていくのです。

男女とも、40-50代の中年期で酵素が急激に減少していきます。消化酵素が働くなって胸やけがしたり、脂質分解酵素が減少して太りやすくなったりして、中年期にかかりがちな生活習慣病を発症したりするようになります。

特に理由もないのに何となく疲れるというときは、酵素が欠乏しているサインなのです。

 

酵素ドリンクの効果は?

効果
では、酵素を摂取するとどういう効果が期待できるのでしょうか。

酵素の基礎的な働きの一つは、代謝の促進です。再生サイクルを正常化することで、余剰エネルギーがたまりにくい太りにくい体質をつくり、肌のターンオーバーを促してくれます。

代謝の悪い人は冷え性で疲れやすくなりますが、酵素を摂取するとこれらが改善されて、基礎体温を保持しやすい疲れにくい身体を得られます。

また、酵素が充実していると、免疫力が高まりますので、病気や怪我をしにくく、罹患しても回復しやすくなります。消化・吸収機能も高まることから、腸内環境も改善されていきます。

なかでも、中高年にとってうれしいのが、ダイエット効果と美肌効果。酵素には消化酵素と代謝酵素の二種類がありますが、ストレス過多の生活で消化酵素が不足すると、食物を消費するとき代謝酵素が代わりに使われてしまいます。

結果、本来利用されるはずだった代謝に酵素が行き渡らず、代謝の悪い、太りやすい身体になってしまうということです。代謝が滞れば、肌のターンオーバーも停滞しますので、吹き出物ができたり、しみやそばかすが出来やすくなったりしてしまいます。

酵素ドリンクの摂取には、体外から食物酵素を取り込むことで代謝酵素の無駄遣いを抑える効果があるのです。そして、使われずにすんだ代謝酵素が体調や美容を整えてくれるというわけですね。

 

酵素ドリンクの基本レシピ

基本レシピ
さて、ではいよいよ酵素ドリンクを作っていきましょう。まずは材料。酵素ドリンクの素材となるのは、季節の野菜や果物です。野菜は大根、白菜、蕪、にんじんなど、お店などで手に入る新鮮なものを用いましょう。果物は柿、りんご、レモン、ゆず、かぼすなどがお勧めです。

有機野菜や自家製の果物など、形は悪くても土の栄養をたっぷりと吸っているものを選びましょう。そのほかに、酵素を押し出す重石として白砂糖を用いますが、これは野菜、果物と同量を用意してください。

野菜は、大根、蕪、にんじんなどの硬いものは、小さめにカットしておきます。葉物など、柔らかい野菜や果物は、大きめにカットしても大丈夫です。大体の目安として、3,4センチの長さに揃えておきましょう。

大根や蕪は葉っぱをカットして、半月切りに。葉っぱの部分も長いものは3,4センチにカットして利用します。白菜等の葉物は数枚ずつ重ねて、ざくっと厚めの千切りにしていきます。

果物は、皮付きのままカットして、芯だけとっておきましょう。食べるときの要領で4等分して、さらに半分ずつ8等分にカット。用意した野菜と果物を全部カットしたら、重さを量って、それと同量の砂糖を用意します。

ドリンクを作る容器に、カットした野菜と果物を入れ、次に砂糖をいれていきます。ちょうど良い量を交互に入れていくと混ぜやすく、失敗しません。そのまま冷暗所で1週間から10日間、様子を見ながら毎日混ぜ合わせてください。朝晩の二回ずつ混ぜるのが理想です。

気候や使用した素材にもよりますが、一週間くらいで酵素エキスが出てきますので、それをガーゼなどで漉せば出来上がりです!

 

酵素は仕事や家事で疲れた社会人の身体を再生してくれる大切な栄養素です。身体が疲れている、前日のお酒が抜けにくくなったなど、疲労、ストレス、代謝の衰えなどを感じたときは、酵素を補いましょう。

酵素ドリンクは難しい手間なしに作ることができます。野菜、果物のカットした総量と同量の白砂糖があれば、簡単にできますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。砂糖は普通の上白糖が一番適していますが、混ぜやすさではグラニュー糖も向いています。

砂糖の量を多目にして、材料1に対し砂糖1.1-1.2にすると、甘みの勝った酵素シロップになりますので、ヨーグルトやパンケーキにかけて美味しく食べられます。

発酵のポイントはしっかりかき混ぜること。毎日、できれば朝晩の二回ずつ、きちんとかき混ぜると、腐敗させずに発酵させることができます。温度と湿度が下がる秋口が酵素ドリンク作りには最適です。梅雨時や夏の猛暑の季節は、腐ってしまうこともあるので、要注意です。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました