酵素の効果で活力溢れる身体を作り上げる 7つの食事習慣

酵素の効果で活力溢れる身体を作り上げる 7つの食事習慣

「きれいになる」「健康になる」「ダイエット効果がある」などとされ注目されている酵素。酵素サプリや酵素ジュースなどさまざまな商品が販売されていますよね。実際に試したことがある方も多いのではないでしょうか。酵素の効果は、科学的に証明されていないため、実際の効果のほどはよく分かっていないというのが実情です。

とは言え、酵素を積極的に取り入れることで、健康やダイエット、アンチエイジングなどの効果を得ることはできます。酵素の正しい知識を身につけて、健康な体作りを目指すために、食生活を見直してみましょう。



 

酵素の効果で活力溢れる身体を作り上げる
7つの食事習慣

 

酵素って何でしょう?


そもそも「酵素」とは一体何でしょうか?耳にする機会が多いわりに、あまりよく分からないという人が多いですよね。酵素は、たんぱく質の一種で、あらゆる生命活動に関わっている栄養素です。

私たち人間だけでなく、動物や植物など地球上に生きるすべての生き物の体内に存在しています。人間の場合、およそ2400種類もの酵素が体内に存在することが確認されています。

それぞれが異なった役割を果たしており、その役割以外の働きをすることができないという特徴があります。まさに、酵素は生きるために欠かせない栄養素と言えるのです。

 

酵素の働きを知りましょう


人体の中におよそ2400種類もあると言われるいる酵素ですが、消化酵素と代謝酵素のふたつに分けられます。消化酵素の働きは、文字通り食べたものを消化・吸収してエネルギーに変えることです。

代謝酵素は、吸収した栄養素を利用して新陳代謝を行ったり、毒素などの不要なものを排出したり、免疫力を高めウイルスから体を守る働きをしています。アルコールの分解も代謝酵素の働きによるものです。

 

酵素が必要な理由を知りましょう


酵素は体内でも作り出すことができますが、1日に作れる酵素の量はきまっており、年齢を重ねるごとに生成できる酵素の量が減ってしまうため、酵素不足に陥ることがあります。

前述のとおり、酵素には消化酵素と代謝酵素がありますが、消化酵素を優先して生成する特徴があります。食べ過ぎや消化の悪いものを食べるとより多くの酵素が必要となるため、代謝や排泄に必要な酵素が不足します。

結果として、便秘やメタボなどを引き起こしてしまうことがあるため、不足しがちな代謝酵素を補う必要があるのです。しかし、外から補うことができるのは消化酵素だけで、代謝酵素は外から補うことができません。ではどうしたら良いのでしょうか?

1日に作り出せる酵素が100だと仮定して考えてみましょう。食べ物の消化・吸収で80の酵素を生成したら、代謝酵素の生成は20ですが、食べ物から30の酵素を取り入れたとしたらどうでしょう?80必要な消化酵素のうち30の消化酵素を外から取り入れたため、生成する消化酵素は50ですみますね。

1日に作り出せる酵素は100なので、残りの50すべてを代謝酵素として生成することができるようになるのです。このような理由から、外から酵素を取り入れることは大切だと言われています。

 

酵素が含まれる食べ物


食品に含まれている酵素を「食物酵素」と言います。この食物酵素は、野菜や果物、発酵食品に含まれています。野菜では、レタス、キャベツ、セロリ、人参に多く含まれていますが、サラダとして食べるのがおすすめ。

ただし、体を冷やしてしまうため、体を温める効果のある根菜類やしょうがなどをメニューに加えると良いでしょう。果物では、キウイ、マンゴー、バナナ、アボカドに多くの酵素が含まれています。

発酵食品には、原材料が持っている酵素のほかに、微生物が作り出した酵素が含まれています。中でもおすすめなのが納豆です。納豆には健康に役立つ酵素がたくさん含まれているため、積極的に取り入れたい食品のひとつです。

 

酵素を取り入れる時の注意点


酵素はたんぱく質の一種なので、48度以上に加熱するとその効果が失われます。酵素を多く含む食品を摂取しても、加熱したものでは酵素を摂取したことにはなりません。

おすすめは生のまま食べること。十分な配慮が必要になりますが、積極的に酵素を取り入れたい場合には、煮る・焼くなどの加熱調理は避け、サラダやそのまま食べられる発酵食品を毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

 

酵素を無駄遣いしないようにしましょう


酵素には活動リズムがあります。この活動リズムに合わせた食生活を送ることで、酵素の無駄を省くことができます。●排泄の時間午前4時から正午までの時間帯は、代謝酵素が活発に働く時間帯だと言われています。

この時間帯は、代謝酵素の働きを良くするために、消化酵素の働きを抑えましょう。動物性食品や加工食品、加熱食品を避け、サラダや生ジュースなどを積極的に取り入れると良いですね。

●摂取と消化の時間正午から午後8時までの時間帯は、消化酵素が活発に働く時間代です。この時間帯の食事は、バランスの良い食事を心がけ、同時に食物酵素を多く含む食品を積極的に食べましょう。おやつには果物がおすすめですよ。

●吸収と利用の時間午後8時~午前4時までは、新陳代謝の時間帯。午後8時までには食事をすませ、午前0時までには眠りにつけるようにすると良いですね。不規則な生活も酵素をたくさん消費するので、規則正しい生活を心がけましょう。

 

酵素を効果的に取り入れるポイント


ちょっとした工夫をすることで、酵素を効果的に取り入れることができます。最後に酵素を効果的に取り入れるためのポイントをご紹介しましょう。

●野菜から食べる最初にサラダを食べることで、食物酵素がそのあとに食べたものの消化を手助けします。ダイエット効果もあるので、おすすめですよ。

●よく噛む唾液に含まれる「アミラーゼ」は消化酵素です。よく噛むことでアミラーゼがたくさん分泌されるので、消化を手助けしてくれます。

●すりおろすすりおろすことで酵素が細胞膜から外に出されるため、消化・吸収が活発化します。食材の酸化を防ぐために、食べる直前にすりおろすことが大切です。

 

いかがでしたか。

酵素と食生活についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?人体におよそ2400もある酵素。これがなくなってしまえば生命を維持することができないと言われるほど大切な栄養素です。

人体には、150歳まで生きられるだけの酵素が存在しており、体内の酵素の使い方次第で寿命が変わると言われています。健康で長生きするためには、免疫力をアップさせることが大切です。

そのために、食物酵素を積極的に取り入れて代謝酵素の不足を予防しましょう。酵素の活動リズムに合わせた生活で酵素の無駄を省き、酵素を効果的に取り入れる食生活を始めてみてくださいね。

 

まとめ

酵素の効果で活力溢れる身体を作り上げる7つの食事習慣

・ 酵素って何でしょう?
・ 酵素の働きを知りましょう
・ 酵素が必要な理由を知りましょう
・ 酵素が含まれる食べ物
・ 酵素を取り入れる時の注意点
・ 酵素を無駄遣いしないようにしましょう
・ 酵素を効果的に取り入れるポイント

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周囲に変化があることを実感できます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、停滞している「今」変えていきましょう!!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント