子育てにイライラする時、余裕を持つタメの3つの習慣

子育てにイライラする時、余裕を持つタメの3つの習慣
子育てでイライラする時、子どものことを想うと余計に自分を責めてイライラしてしまいますよね。誰だって子どもにイライラしたり怒ったりはしたくないもの。

でも、時間がない時に限って余計なことをしてくれたり、こちらの都合も考えず、自分の欲求をぶつけてきたり、思い通りにならないとひっくり返って泣きわめいたり。。。

どうしたってイライラせずにはいられない、でもイライラした後に上手く対処できなかった自分に後悔するという方も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、子育てにイライラする時、余裕を持つタメの3つの習慣についてお伝えします。子育て中にイライラしてしまうのは子どもが悪い訳でも、あなたが悪い訳でもないのです。

仕事が忙してイライラする時、ちょっと考え方を変えてみると楽になったりしますよね。子育ても一緒です。お伝えする3つの習慣で気持ちを楽にしてあげましょう。



 

子育てにイライラする時、
余裕を持つタメの3つの習慣

 

1.子どもに対する期待値が適正か考える


子育てでイライラする時はどんな時ですか。こう問われたら多くの人は「いうことを聞かない時」と答えるのではないでしょうか。

子どもに「こうして欲しい」「こうしなさい」という時、それは子どものことを考えて注意していることが殆どです。

しかし、当の本人が全くいうことを聞かなかったら誰だってイライラしますよね。「何でこの子はいうことが聞けないの」「なんでこの子はわからないの」と頭にくるかもしれませんが、実はそのような状況の多くは、子どもに対する期待値が高すぎることが原因なのです。

例えば、子どもがおもちゃを散らかして片付けないことにイライラする時、2~3歳の子どもが部屋中に大量のおもちゃを散らかした後に「片付けなさい」と注意しても、それを全て一人で片付けることは2~3歳の集中力では難しいのですし、「片付ける」という言葉自体理解していない場合もあります。

子育てで大事なことは「自分は子どもにそれを教えたか」「子どもはそれを理解したか」「それは子どもが出来ることなのか」の3点です。

先ほどのお片付けの例で説明しましょう。子どもが自分で片づけを出来るようになるには、まず、大人が一緒にやってみせて教え、子どもがお片付けという行為を理解し、子どもが片付けられる環境があるということが大切です。

片付けられる環境というのは、おもちゃ箱に手が届いたり、どこに片付けるのかわかるようになっているということです。

大人にとっては瞬時に理解できる行為でも、子どもにとっては、おもちゃを拾い、どこまで運び、どこにしまうのか、また何故片付ける必要があるのか、全てが未知の世界なのです。子どもがいうことを聞かなくてイライラする時というのは、実は子どもに無理難題を言っているのが自分だったりするのです。

 

2.他の子と比べるのを止める


育児中、他の子と自分の子を比べてイライラする時はありませんか。他の子は保育園や幼稚園に楽しそうに登園していくのに、うちの子だけ入園していつまで経っても泣いている、他の子は自分でお着替えが出来るのに、自分の子どもはしようとしないなど、比べればキリがないですね。

しかし、子どもと言えど一人の人間なのです。泣き虫さんもいれば、人見知りさんもいる、運動が得意な子もいれば、絵が得意な子もいます。

私たちだって得意不得意がありますよね。大勢の前で話すのが全然平気な人もいれば、震えて仕方ない人もいる、計算が得意な人もいれば、苦手な人もいる。でも、何かが苦手だかといって、その人が劣っている訳ではないのです。

自分に置き換えて考えた時、周りの人間から苦手なことばかりに注目され責められるより、得意なことを注目してもらい褒められた方が気持ちが良いですよね。

子どもも同じです。全てにおいて完璧な子どもなんていないのですから、その子の個性を得意分野に目を向けてあげましょう。

もし、育児書を読みながら、これが出来ない、あれが出来ないとイライラしているのであれば、育児書を読むのを止めましょう。育児書通りに子育て出来るのであれば、こんなに育児に悩む人が世の中にいるはずありませんからね。

 

3. 短時間でも1人の時間をつくる


子育てで何が辛いのか、それは全ての行動を自分で決められないことです。トイレに行くタイミングですら子どもの様子をみて行かなければならない生活は本当にストレスがかかるものです。

子育てでイライラする時、考えてみると一人の時間が全くない日が続いていたりしませんか。子どもべったりの毎日では心に余裕がなくなってしまいます。旦那さんなどに子どもをお願いし一人時間を作るようにしましょう。

とはいっても、長時間、子どもの面倒をみるのに自信がないという旦那さんもいるでしょう。その場合、初めは近所のコンビニにちょっとアイスを買いに、近くのコーヒーショップに1時間だけなど、短時間から始めてみると良いですよ。

子どもべったりの生活が続くより、短時間でも自由な時間があることでリフレッシュできます

「子どもの面倒みているから隣の部屋で休んできていいよ」と言われても、実際は子どもの泣き声が気になったり、トラブルで自分が出ていくことになったりと結局休めないことが多いですので、イライラする時には思い切って外出することをお勧めします。

 

以上、子育てにイライラする時、余裕を持つタメの3つの習慣についてまとめてきましたがいかがでしたか。

子育てにイライラする時は余裕がない時ということはよく耳にしますが、子育て中に余裕がある人なんて限られた人だけです。時間にもお金にも余裕がない、そんな状況で子育てしている人が殆どではないでしょうか。

色々ストレスが溜まる状況でも子育てにイライラする時に何とかしたいと考えるのですよね。

一時しのぎかもしれませんが、あまりにイライラする時には「自分はもう歳をとって明日死ぬのだけれど、今日1日だけ子育てしていた時代に戻れた」という設定で空想してみるのもお勧めです。この時間だけしかこの子と過ごせない、、そんな空想をすると子どもの理不尽な我儘にもちょっと優しくなれるでしょう。

 

まとめ

子育てにイライラする時、余裕を持つタメには、

・子どもに対する期待値が適正か考える
・他の子と比べる、育児書に頼るのを止める
・短時間でも1人の時間をつくる

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント