綺麗になりたい!体の中から美しくなる3つの隠れワザ

綺麗になりたい!体の中から美しくなる3つの隠れワザ
身体の外側だけではなく内側も綺麗になりたい、インナービューティーを美しく保ちたい・・・、女性なら誰しもそうお考えになったことが一度や二度はありますよね。

例え見た目が非常に美しい女性でも、やはり身体が資本ということには変わりありません。内臓にダメージが蓄積していたり、疲れがたまっていたりするとなかなか綺麗になりたいというモチベーションも保てないものです。

健全な精神は健全な肉体に宿るという言葉もあるように、身体の中から美しくある「インナービューティー」は身体だけでなく精神も綺麗である必要があります。そのためできることはたくさんありますが、どれも一朝一夕で叶えられるものではありません。美の道に近道はなし、綺麗になりたいならまず身体の中から美しくなりましょう。

そこで今回は、身体の中から美しくなれる隠れワザをお伝えします。

 

綺麗になりたい!
体の中から美しくなる3つの隠れワザ

 

まずは深い呼吸を意識

人体に必要な栄養素は様々ありますが、その中でも大前提として酸素がなければ人は生きていけません。そして綺麗になりたいなら常に綺麗な空気を取り込んでおく必要があるのは言うまでもありませんよね。深い呼吸を意識することは精神のバランスを整え、自律神経を安定させる働きがあるため、心身ともに綺麗になりたいならまず深い呼吸を意識しましょう

腹筋を使用した呼吸はシェイプアップにも役立ちますし、ヨガや筋トレなどをする時も必ず深い呼吸を忘れずに意識してください。脂肪は酸素を送ることでより燃焼するものですので、浅い呼吸のまま運動するより遥かに効果があります。また、日常生活でも深い呼吸と浅い呼吸とでは代謝が変わってくるのです。

綺麗になりたいから、綺麗な空気を取り込もう!と意気込んで思いつくのが定期的に話題になっている酸素カプセルという方も多いことでしょう。しかしながら中学校で習った科学の授業を思い返してください。酸素には鉄をさび付かせる働きがあり、あまりにも純度の高い酸素は身体の中を錆びつかせてしまう可能性があります。

ですから、高いお金を出して酸素カプセルなどに頼るのではなく、まずは気づいた時に深い呼吸を意識しましょう。綺麗になりたいなら、できることから一歩ずつですよ。

 

簡単なストレッチを毎日行う

お仕事が忙しくてなかなかジムに行けない、子供が小さくて自分のための時間が取れない・・・そんな方におすすめなのが簡単なストレッチです。多くのストレッチは畳一畳ほどのスペースがあればできますし、身体に大きな負荷をかけることなく筋肉をほぐすことができます。

綺麗になりたいなら浮腫みは女性の大敵ですよね。リンパの流れをよくするストレッチを行うことによって浮腫みを解消することもできますし、冷え性などに効果のあるストレッチもあります。また、肩凝りの解消、腰痛の解消や頭痛の緩和など様々なストレッチがメディアなどでたくさん紹介されています。

身体の悩みは人それぞれですので、ここでストレッチの紹介は割愛させていただきますが、綺麗になりたいなら自分に合ったストレッチを気が付いた時に毎日、好きなだけ行うことでご自身の身体を労わってあげましょう。

ちなみにその際も先述した深い呼吸を意識するようにしてください。深い呼吸でリラックスモードにはいることも、綺麗になりたいなら重要なポイントです。無理して時間を捻出し、高い会費を払ってジムに行くのではなく家でゆったりとした気分で簡単なストレッチを行う・・・。綺麗になりたいなら、これだけでも随分違ってくるはずですよ。

 

果物をたくさん摂る

世界的に見ても日本人女性はフルーツの摂取量が低いと言われています。綺麗になりたいならまずお肌や髪のコンディションを整える必要がありますよね。フルーツはそんな方にぴったりな栄養が豊富に含まれています。どのフルーツもまんべんなく食べるに越したことはありませんが、やはり旬のフルーツを摂取することによって身体の疲れを取ったり、その季節に対応した症状を緩和してくれる効果が期待できるのです。

例えば、春ならイチゴ、夏ならスイカ、秋なら柿、冬ならミカンというように思いつく旬のフルーツを毎日朝食や夕食で食べるようにしてみてください。もしお忙しくてなかなか手が回らない・・・という状態なら、駅やスーパーにある生フルーツジュースなども有効な手立てです。

日本は昔から四季折々の風情を楽しんで食事をしてきました。ですから、日本人の身体は四季折々の食べ物を摂取することによってよりその気候に順応することができるのです。野菜やお肉、炭水化物などをバランスよく食べることも綺麗になりたいなら大切なことですが、そこにプラスαでフルーツを摂取するようにしてみてください。便秘の改善や紫外線による肌ダメージの回復促進、生理前のイライラの軽減や肌荒れの防止などが期待できますよ。

 

いかがでしたか。身体の中から綺麗になる方法、ぜひ参考にしていただけると幸いです。私事ですが出産する前まで非常に忙しく外回りの仕事をしていたため、夏は紫外線や暑さにやられ、冬は肌荒れや風邪と戦い、なんとか一年を市販の薬などの力を借りてやり過ごしていました。ですが、そんな無茶なことをしていると年に1度は倒れますし何よりお肌や髪はバサバサになっていました。

そして産後、ある友人から上記の3点を勧められて生活に取り込んでみたところ、肌年齢が20歳ほど若返り、仕事より過酷な子育て中にも関わらず体調も崩すことなく1年を送ることができるようになったのです。

若い女性ほど、なかなか美容にかけられるお金は少ないことでしょう。ですが綺麗になりたいという気持ちがあるなら、そこにお金をかけるかどうかはそんなに重要なことではありません。むしろ、毎日無理なく継続できるか、モチベーションを保てるかが重要になってくるのです。綺麗になりたいという気持ちさえあれば、綺麗になることは意外に簡単。ぜひ一度実践してみてくださいね。

まとめ

身体の中から綺麗になるには

・まずは深い呼吸を意識
・簡単なストレッチを毎日行う
・果物をたくさん摂る

連記事

コメントをお書きください