禁煙に何度も失敗している、私が行っている9つの愚行

禁煙に何度も失敗している、私が行っている9つの愚行
最近はどこのお店でも「禁煙」の文字を掲げている所が多くなりましたね。喫煙する場所が設けられどこでも自由にたばこを吸えなくなりました。

自分は喫煙の習慣がないので、まったくわからないのですが、愛煙家にとって今の状況は本当に肩身が狭いそうです。こうなるとやはり「禁煙」を考えますが、そう簡単にはできないようですね。

ここで私が見たり聞いたりした、禁煙に何度も失敗しているお話などを紹介しますね。



 

禁煙に何度も失敗している、
私が行っている9つの愚行

 

ニコチン依存症

国は生活習慣病に対する対策として2000年から「21世紀における国民健康づくり運動」を始めました。禁煙はその課題のひとつなのです。

喫煙が止められないのは単に生活習慣や嗜好によるものではなく、「ニコチン依存症」という疾患ととらえられているのです。

ですから、居酒屋などで「俺ぜーったい明日から禁煙するからね〜」とたばこを片手にビールを飲んで宣言しているあなたは絶対禁煙出来ませんよ。もう少し「禁煙」、真剣に考えましょうね。

 

ニコチンガムにトライ

たばこって、口寂しくってつい吸ってしまうそうですね。それならおしゃぶり昆布に替えたら?って提案したら、「スーツの内ポケットからサッとおしゃぶり昆布を取り出して口にくわえる西島秀俊をかっこいいと思えるか?あ?」ってムッとされました。

西島秀俊だったら竹輪でもかっこいいよ、などとそれ以上は言えませんでしたが、それならニコチンガムは効果がありそうですよね。

口寂しくなったら、タバコを吸う代わりにガムを噛めばいいのですから。確かに効果はあるそうですが、ガムはいつでも噛める訳ではありません。

人とおしゃべりしている時や、飲み会のときなどは噛めないので、やっぱりタバコに手が伸びてしまうそうです。禁煙の道は厳しい・・・。

 

賭けに負ける

会社の同僚同士で健康のため禁煙しようという話になりました。先に禁煙に挫折してタバコを吸ってしまった方が相手に1万円払うという約束をしてスタート。

最初の数日は良かったのですが、やっぱりタバコが吸いたくなってイライラ。相手が解らない所で吸えばいいや、と隠れて吸うようになってしまいました。

でも、これでは何のための禁煙の賭けかわかりません。相手に正直に話して謝ったら、向こうも「実は僕も隠れて吸ってたんだ・・・」禁煙の意味わかってますか?

 

有害物質たっぷりのタバコ

タバコは火がついている間、約4000種類を超える化合物を生み出し、そのうち約200種類は有害物質で私たちの健康を脅かします。

よく知られているニコチンは、強い毒性を持っています。また発がん性物質を含むタールは肺がんや口腔がんなどの発症に深く関係し健康を損ねています。

このほか、煙に含まれる一酸化炭素は、ヘモグロビンと結合する事で酸素不足を引き起こし、それを補うために赤血球が異常増殖し、粘度を増した血液は血管を詰まらせ、脳血栓や脳梗塞の引き金にもなります。

タバコはさまざまな臓器の病気を引き起こします。喫煙者はタバコは「ストレス解消になる」など理由でなかなか止める事はできません。

しかしタバコは高リスクの嗜好品である事を十分に認識してほしいものです。

 

禁煙に伴う禁断症状

禁煙するとさまざまな禁断症状がでます。イライラしたり、集中力が低下したり、身体がだるくなったり、眠れなかったりといった症状が出ます。

禁断症状の多くはニコチン漬けになっていた体の中からニコチンが抜け出すために見られ、通常禁煙後3日以内にピークとなりますが、長くても2,3週間で消失します。

症状が出たら、深呼吸したり、お茶を飲んだり、熱いシャワーを浴びたり、軽い運動をしたりといった対処法で乗り越えてくださいね。

 

症状を記録する

その禁断症状をぜひ記録していってください。禁煙後一週間にみられた禁断症状の種類とその程度、それに打ち勝つために考えた事、行動した事、さらにそこから学んだ事も記録してみましょう。

禁断症状は健康が回復しているサインと思えば、例え強い症状が出ても打ち勝つ事が出来るでしょう。つい吸ってしまっても、あきらめてはいけません。

2,3度のつまずきは通常みられる事です。くじけたり自己嫌悪にならない事が大切です。大事な事はつまずいた経験から何を学ぶかです。がんばって!

 

軽いタバコに換えたら?

でも禁断症状の事を考えると、なかなか禁煙の決心がつきにくいですよね。ですから、いきなりスパッとタバコを断つのではなく、軽いタバコに換えて、それからだんだん減らしていくのはどうかと考える人も少なくありません。

この方法だったらうまくいきそうな感じですが、実際の所どうなんでしょうか?

喫煙者にはそれぞれ身体が希望するニコチンの濃度があるそうです。

たとえ軽いタバコに切り替えても身体が欲するニコチンの濃度に達するまで、しつこく根元まで吸っていたり、肺の中に吸い込んだ煙をいつもより長く肺にとどめて少しでも多くのニコチンを吸収するようにしたり、本数が増えていたり、無意識のうちに身体はタバコの吸い方を変えてるそうです。

ここは、しっかりした決心をつける他ないようですね。

 

禁煙する理由を挙げる

「禁煙するぞ!」そう宣言する前に自分はなぜ禁煙したいのか?禁煙をしようと思った理由を挙げておくと効果的です。

例えば自分と家族の健康の為、タバコ代を浮かせて貯金したい、息切れせずに階段を上がれるようになりたいなど、禁煙の意欲がさらにアップし、再び吸いたくなった時も思い出す事で禁煙を続けやすくなります。

この理由を手帳などいつでも見られるところに書き留めておけば、禁煙中に吸いたくなった時、役立ちますよ。

 

お医者さんに相談してみよう

始めの方にお話しましたが、喫煙が止められないというのは「ニコチン依存症」という疾患のひとつだからです。

現在健康保険等を使って禁煙治療が受けられるそうです。禁煙治療は処方される薬にもよりますが、8〜12週間で12000円〜19000円程度です。

同じ期間に吸うタバコ代よりも安くすみます。ひとりで悩まないでぜひお医者さんに相談してみましょう。

 

いいい゛でしたか?

先日あるショッピングモールに行きました時、トイレに行こうと喫煙ルームの前を通りかかり思わずギョッとしてしまいました。わずか三畳ばかりの個室に大人がぎゅうぎゅうになってたばこを吸っているのです。

人々の表情には「ここで吸っておかないとニコチン切れてしまう!」とばかりに必死な形相が浮かんでおりました。せっかくの休日なのに大変だな〜と思ってしまいました。

禁煙はそう簡単なことではないです。でも禁煙することで確実にあなたの未来は素敵なものになりますよ。頑張ってくださいね。

 

まとめ

禁煙に何度も失敗している、私が行っている9つの愚行

・ニコチン依存症
・ニコチンガムにトライ
・賭けに負ける
・有害物質たっぷりのタバコ
・禁煙に伴う禁断症状
・症状を記録する
・軽いタバコに換えたら?
・禁煙する理由を挙げる
・お医者さんに相談してみよう

でもちょっと難しい、、、と思ったひとはこれを使ってみてください。あなたの悪い癖を直し、良い癖を身につけるため目標計画表「エクスプレッションケアシート」です。これを行うことで、あなたは、

  1. 自分が変わることによって周囲に変化があることを実感できます。
  2. 自分に自信が持てるようになりコミュニケーションが改善します。
  3. 周りからも目が変わり、外見的にもイキイキしてきます。

ぜひこれを使い、良い癖と、思考を身につけて、停滞している「今」変えていきましょう!!

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント