乾燥肌を治す方法とは?40代向けお手入れのコツ

乾燥肌を治す方法とは?40代向けお手入れのコツ
乾燥肌を治す方法は、年齢を重ねるにつれて難しくなっていきますよね。特に、40歳を超えると肌の潤いはいよいよ失われていきますので、正しい対策をしないと、皺がひどくなってしまいます。実際、若い頃はさほど乾燥肌ではなくても、加齢につれて乾燥するようになってきたという人も少なくありません。

乾燥肌を治す方法というととにかく保湿。高価なクリームを与えておけば大丈夫だと思っている人もいるようですが、保湿=栄養価の高いクリームということでもありません。

さらに大切なのが、洗顔やクレンジングといった普段のケア。日常のケアをしっかりしておかないと、どんな高価な化粧品も効果がありません。そこで今回は、乾燥肌を治す方法について、特に40代向けのお手入れのコツについてお届けします。

乾燥肌を治す方法、基本はやはりスキンケア

スキンケア
40代からの乾燥肌対策、やはり基本は正しいスキンケアです。乾燥肌を治す方法というと、誰もが思いつくのが保湿ですよね。保湿と言うと、保湿成分がたっぷり入ったクリームや乳液を想起しがちですが、いきなりクリームや乳液を肌に塗りこんでも効果は期待できません。

乾燥肌にはまず化粧水で水分を補うことが大事です。保水力の高い化粧水を顔にも手にもたっぷり乗せ、時間をかけて馴染ませます。肌表面が落ち着いてきたと感じたら、次に、保湿力のあるクリームや乳液を載せていきます。

化粧水を乗せる際も、乳液やクリームを載せる際も、強くこすったり、力をこめて塗り込めたりするのは禁物です。乾燥しているお肌というのはデリケートになっていますので、強い力を入れず、優しく撫でこんでいきましょう。

クリームを塗る際は、指先程度の量をとって少しずつ馴染ませていきます。乾燥しているからとやたら大量に塗っても浸透せず、脂浮きの原因になるだけですので、気をつけましょう。

乾燥肌を治す方法として覚えておきたいのが、正しい化粧品選び。質の良いコラーゲン、ヒアルロン酸などを適度に含んだ保水力の高い化粧品を選ぶようにしましょう。

逆に、してはいけないのは、クレンジングや洗顔時に強くこすったり、ふき取ったりすること。化粧水を補うときに、パッティングするのも、肌がくたびれている乾燥肌の人にはお勧めできません。乾燥肌対策のお肌ケアは「ゆっくりソフトに」が基本です。

 

生活習慣も乾燥肌を治す方法のひとつ

生活習慣
乾燥肌を治すには、お肌のケアだけではなく、生活習慣そのものを改善していく必要があります。特に、40代からの乾燥肌対策では、睡眠時間の確保とストレス解消が大切です。ところが、現代の社会人はどちらも出来ていません。

まず、睡眠時間が短い上、熟睡できていないと、肌のターンオーバーがスムーズに運ばない上、水分を保持できなくなります。睡眠は時間だけ長くとれば良いわけではなく、正しくとることが必要です。

よく言われるように、成長ホルモンが出ている時間帯、タイミングでしっかり睡眠をとること、そして、床に入る直前には血糖値をあげるようなことは控えておくことが大事です。具体的には、脳がしっかり休息できるように、就寝二時間前までに食事、入浴、ネットやテレビの閲覧は終えておくことです。

実際には、夜の時間はあっという間に過ぎてしまうため、就寝ぎりぎりまで何か食べながらテレビとインターネット、急いで入浴してベッドに飛び込むという人が少なくありません。これでは成長ホルモンが出る時間帯に良質の睡眠がとれないのです。

また、就寝前の入浴時に長風呂をしたり、ナイロンたわしなどで身体をこすり洗いするのも乾燥肌にはよくありません。石鹸を使って身体を洗う回数を減らすのも、乾燥肌を治す方法のひとつです。肌はソフトに撫でるように洗浄し、入浴後はしっかり保湿して乾燥を防ぎましょう。

もうひとつ、エアコンの多用も肌の乾燥をひどくします。どうしても必要な場合は、加湿器を用いたり、濡れタオルを部屋に干したりして、湿度を保つ工夫をしましょう。

 

食生活で乾燥肌を治す方法は?

食生活
食生活も、乾燥肌を治す方法のひとつです。健康で健やかな肌を作るには、まず、良質のたんぱく質をきちんと摂取することが大切。ところが、乾燥肌で悩んでいる中高年女性には、ダイエットを繰り返してきた人たちが少なくないのです。

こうした女性たちは、体重を落としたい一心で無理なダイエットをした結果、肌や骨を作る基となるたんぱく質が欠乏してしまっています。そのため、見た目に不健康なやせ方になってしまうのだけではなく、肌内部の潤いまで失われてしまっているのです。

女性の場合、体重を気にするあまり、カロリーの高い食材は敬遠される傾向にありますが、良質のたんぱく質は決して高カロリーではありません。適量の肉や魚、卵、乳製品などのほか、大豆もたんぱく質を含有しています。これらをバランスよくメインディッシュに組み込んでいきましょう。

さらに、肌の代謝をあげてくれるビタミン類を一緒に摂取すると、肌の機能が高まり、潤いが保たれます。免疫機能を保全するビタミンAは緑黄色野菜などに、肌の粘膜保護作用があるビタミンB群は葉物の野菜や納豆などに、同じく肌の機能と健康を守ってくれるビタミンB6はかつおやマグロなどの青魚やバナナに豊富です。

美肌ビタミンの代表のように言われるビタミンCも保湿に役立つコラーゲンの生成に必要ですので、ビタミンCを多く含む柑橘系の果物や野菜類で補いましょう。サプリで摂取する人の多いビタミンEは抗酸化作用が高いので、ナッツ類やアボカドなどから生きた形で取り入れましょう。

 

40代以上の方の頑固な乾燥肌は一朝一夕にできたわけではないので、乾燥肌を治す方法もまた、一朝一夕には効きません。スキンケア、生活習慣、食生活を整えて、肌の内部と外部、双方から対策を講じましょう。

スキンケアの基本は、洗顔、クレンジングと保水、その後の保湿です。洗顔、クレンジングは強くこすったり、強力な洗剤に頼らないこと。洗顔後はまず化粧水で保水。化粧水が浸透したところで、クリームや乳液で保湿します。こすり洗顔や強いパッテングは肌に負担をかけるだけなので、避けましょう。

生活習慣で大切なのは、上質な睡眠の確保。就寝の2時間前までには食事、入浴、テレビやネットの観賞は終え、しっかり成長ホルモンをだせる睡眠をとりましょう。夏冬のエアコン多用も肌の乾燥をひどくしますので、加湿器を上手に利用して部屋の乾燥を防ぎましょう。

食生活も、乾燥肌を治す方法の大切なパートです。良質のたんぱく質とともに、肌の代謝をあげるビタミン類を一緒に摂取するようにしましょう!



連記事

コメントをお書きください