自律神経にやさしい音楽で深い悲しみを癒す7つの心のケア

自律神経にやさしい音楽で深い悲しみを癒す7つの心のケア

そもそも自立神経とはなんでしょうか。自立神経とは、循環器・消化器・呼吸器などの活動を調整する神経で、自分の意思や意識でコントロールするのではなく、24時間働き続けるものです。

この自立神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れて体の調子を悪くしやすくなったり、イライラすることが増えるなど、様々な影響を体に及ぼします。普段、ストレスや不規則な生活が続くことが多いと自立神経が乱れることにつながります。

特に失敗や失恋などの不快悲しみによるストレスによって自立神経が乱されてしまうと、精神的にも肉体的にも追い詰められてしまい、自立神経失調症といった病にまで発展してしまうこともあります。

自立神経はある程度自分で意識することで整えていくことができます。今回は、自立神経を整えるポイントと、自立神経にやさしい音楽をご紹介します。このポイントを参考にして、心のケアに役立ててください。



 

自律神経にやさしい音楽で
深い悲しみを癒す7つの心のケア

 

アロマをたきながら、音楽を聴いてリラックスしましょう


自立神経を整えるには、リラックスすることが不可欠です。ヒトの脳は好きな匂いを嗅ぐとリラックスできます。ストレスが溜まって、ココロに疲れを感じたら、就寝前や入浴中にアロマをたいて体を休めましょう。

アロマをたくときには、一緒に音楽をかけるとより効果的です。音楽は、お気に入りのものがあればそれでもよいですが、やはりクラシックやjazzなどがオススメです。激しい曲調のものや、過度にシシカルなものは避けて、ゆったりした明るめの曲調のものがよいでしょう。

 

瞑想してストレスを軽減させましょう


瞑想することによって脳の生産性が増し、集中しやすくなったり、ストレスが軽減される、ということを聞いたことのある方は多いと思いますが、実践している方はそれほど多くはないのではないでしょうか。

ですが、瞑想による効果を裏付ける研究も数多くあり、また、多くの成功しているビジネスマンやスポーツ選手にも生活のなかに取り入れている人も多くいます。

初心者には敷居が高くなりがちな瞑想ですが、瞑想を誘導する音楽を聴く事で、多少はその敷居が下がるのではないでしょうか。瞑想での理想的な脳波はシータ波と言われています。そのため、シータ波を含む音楽を聴きながら瞑想することで手早く脳波をシータ波に近づけ、瞑想状態に入ることができるのです。

 

入浴時間を大切にしましょう


入浴している時間が1日のなかで最も副交感神経が優位に立つ時間です。この入浴の時間こそリラックスできるよう工夫してみましょう。前述したようにアロマをたくのもよいですが、一緒に音楽も流してみてはいかがでしょうか。

入浴中の音楽としては、ゆったりしたクラシックが無難なのは皆さんのご想像の通りかと思いますが、ジャンルはあまり気にせずに自分の好きな音楽をかけながら、体を揺らしたり、歌ったりするのもココロをリラックスさせるのによいでしょう。

J-POPでもROCKでも、とにかく自分が没入できる曲を選んでみてください。同様に、本や雑誌を読んだり、自分で軽くマッサージしたり、キャンドルを浮かべてみたりなど、自分のお気に入りのシチュエーションを作って、入浴時間を充実させていってください。工夫次第では、とても効果的にリラックスすることができるでしょう。

 

食事に気を配りましょう


乱れた自立神経を整えるのに食事はとても重要な要素です。三食を規則正しくとるのはもちろんですが、その栄養素にも気を配りたいところです。

特にビタミンEはホルモンバランスを整える効果があります。特に油や種実類、魚卵などに多く含まれています。ですが、食事は基本的に毎日繰り返されるもののため、どうしても漫然と摂ってしまいがちです。

そんなときには、食事のときにBGMを流すことで特別な雰囲気を作り出してみてはいかがでしょうか。こんなときの音楽としては、スタンダードなjazzナンバーを薄く流すのがオススメです。

この本の少しの工夫だけでまるで高級レストランのような気分が得られます。また、心地よい音楽のなかで食事を摂った方がより満足感を得られるという研究結果もあります。

 

仕事中でもリラックスしましょう


仕事や勉強はそれ自体がストレスの源泉となることが多いものです。なかなかリラックスはできないでしょう。ですが、環境によってはそんな仕事中もストレスを軽減させることができます。

例えば、音楽を聴きながら仕事を進めてみてはいかがでしょうか。この時の音楽は、歌詞のないインストゥルメンタルか、自分の理解できない外国語のものがよいでしょう。

音楽に気を取られてしまうと仕事の生産性が下がってしまいます。適度にリラックスしながら仕事を進めることで、ストレスを軽減しながら集中力も保つことができるのです。

 

運動で自立神経を整えましょう


運動することで交感神経が働きますが、自立神経の働き自体も高まります。また、体の深部の筋力も鍛えられるため、呼吸器系や循環器系などの内臓の働きも活発になり、副交感神経が働きやすくなります。

運動をするときは、ジョギングなどの自分のペースでできる運動がオススメです。逆に、勝ち負けがつくような運動はストレスの原因となることもあるため、あまりオススメしません。

ジョギングをするときには、一定のテンポで軽快に流れるダンスチューンなどの音楽が適しています。インターネットなどでもジョギングに適したプレイリストが多く紹介されていますので、それらをスマートフォンやポータブルプレーヤなどで聞きながら走ってみてはいかがでしょうか。

運動をする際は、無理のない範囲でやりましょう。私たちが運動する一番の目的は体を鍛えることではなく、運動を通してリフレッシュすることです。音楽を聞きながら、あくまで自分のペースを守って、気持ちのよい範囲で運動してください。

 

規則正しい睡眠を心がけましょう


毎晩たっぷりの睡眠をとることができれば理想的ですが、忙しい日々を送るみなさんの中には、そうもできない方も多いのではないでしょうか。そんな方はせめて毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるように心がけてください。

これだけでも自立神経の調整に役立ちます。なかなか寝付けない方には、バイノーラルビートをオススメします。バイノーラルビートとは直訳すると「両耳性うねり」のことで、両耳でそれぞれ違う周波数の音が流れると、脳がその周波数の差につられて脳波をそれに合わせてしまうという現象を利用しています。

この周波数の差の大きさによって脳に与える影響はことなるのですが、特定の周波数では、脳をリラックスさせる効果があるという研究結果があるのです。

このバイノーラルビートを聴くときには、ヘットフォンを使い、なるべく小さな音で聴くようにしてください。バイノーラルビートは左右の耳で聞こえる周波数の違いを利用しているため、ヘッドフォンを使用しないと効果がありません。また、意識的に聴いているより、無意識に耳に入る状況の方が効果的だそうです。

 

いかがでしたか。

自立神経にやさしい音楽と言われると、波の音だけが続く環境音やゆっくりしたヒーリングミュージックばかりだと思いがちですが、それだけではありません。

自立神経を整えるのには幾つかのポイントがあり、それぞれに合った音楽があるのです。自立神経を整えるための習慣は幾つかあり、それぞれに合った音楽があります。

忙しいときや何かに夢中になっているとき、ひどく傷ついて打ちのめされているときには自分の心や体に対するケアまで行き届かないことが多いでしょう。

そんなときのためにも、今回ご紹介したポイントは早いうちから習慣化させてはどうでしょうか。深く傷ついたときに色々始めるのは返って負担にもなりかねません。全てでなくてもいいので、どれか自分に合ったものだけでも心がけてください。

 

まとめ

自律神経にやさしい音楽で深い悲しみを癒す7つの心のケア

・ アロマをたきながら、音楽を聴いてリラックスしましょう
・ 瞑想してストレスを軽減させましょう
・ 入浴時間を大切にしましょう
・ 食事に気を配りましょう
・ 仕事中でもリラックスしましょう
・ 運動で自立神経を整えましょう
・ 規則正しい睡眠を心がけましょう

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消するモーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント