人生疲れた。介護に追われる悩みを打破する5つの術

人生疲れた。介護に追われる悩みを打破する5つの術
日本が抱える高齢者問題は、介護をしている人が「人生疲れた…」と、心身共に疲弊して病んでしまうというのも大きな問題の中のひとつですよね。特に頼れる家族や親せきがいない場合、一人で介護を抱え込むことになってしまい、その負担は計り知れません。

日本の高齢化はどんどん進み、介護問題はもはや他人事ではなく、誰の身にも降りかかる可能性のあるものです。体力的にも心身的にも大きな負担となる介護に直面した時、どのようにすることが最善の道なのでしょうか。

今現在、介護生活への負担から、「人生疲れた…」と朝が来ると憂鬱になってしまう人や、今後自分が介護者になるかもしれない人のために、介護に追われて人生疲れ切ってしまわないようにするためには、一体どうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、人生疲れた。介護に追われる悩みを打破する5つの術をお伝えします。



 

人生疲れた。
介護に追われる悩みを打破する5つの術

 

介護にもマニュアルは存在する。正しい知識を学ぼう


介護はとても体力を消耗するものです。人は体力的に苦境に立たされると、精神も疲弊してしまい、「人生疲れた…」と立ち上がる気力を失いやすくなります。そのため、介護の負担を可能な限り軽くするためには、如何に体力を温存しながら介護をするかが鍵になるのです。

体力的な消耗を最小限にするためには、正しい知識を学ぶことが必要です。例えば寝たきりの状態から体を起こす介助も、どのようにすればお互いの負担が軽くできるのかを学べば、自分の負担を軽くすることができるのです。

それはちょっとした違いかもしれませんが、1つの動作が少し楽になるだけだとしても、1日の総活動量を合わせると、体力的な消耗をかなり軽減することができます。

体力的なものだけではなく、介護される側の症状や気持ちの状態を知識として学ぶことで、上手な対処法をとれるようになり、やりとりがスムーズになって全体的な負担を軽減することができます。きっと、人生に疲れたと感じることが減ります。

このような知識は、図書館に置かれている本や、インターネットの無料動画などで学ぶことが可能です。情報と知識があなたの助けとなってくれることでしょう。

 

自治体の介護サービスにどんなものがあるか調べよう


自治体には介護に関連する無料のサービスがあります。自治体によってその内容は様々ですが、どこの自治体にもあるのが介護認定です。もしも、まだ介護認定を受けていないのであれば、すぐに手続きすることをおすすめします。介護認定は自治体からのサービスをより多く活用するためには必要なことなのです。

お住いの地区の自治体にどんなサービスがあるのか、調べ方もわからない…、という人は、まずは自治体に電話をしてみましょう。総合受付から、人生に疲れたあなたの悩みを解決するために必要な窓口へつないでくれます。そして、具体的にどんなサービスがあるのかを教えてくれます。

 

信頼できるケアマネージャーを探そう


介護する人をサポートするケアマネージャーは、介護の知識を勉強し、実務研修を経て資格を取った介護支援のスペシャリストです。あなたの介護をたすけてくれる頼もしいパートナーでもあります。

しかし、人には相性というものがあり、一定の基準を満たしてケアマネージャーとしては申し分のない人だからといって、あなたの気持ちを上手にくみ取り、的確な判断をしてくれるとは限らないものです。

そのような場合は、気を遣うことなく、別のケアマネージャーに担当を変わってもらえるようお願いしましょう。人生に疲れたと感じるほど重い介護の負担を軽くするためには、信頼できるパートナーが必要です。心から信頼できるケアマネージャーの存在は、あなたの強い支えとなります。

 

高齢者総合相談センターを利用しよう


高齢者総合相談センター、別名シルバー110番は、各都道府県に必ずある無料の相談窓口です。高齢者に関わる問題、介護や生活支援、それを支える家族の悩みなどに幅広く対応してくれます。

電話番号は「#8080」。土日祝日を除く9時から17時まで対応しています。「人生疲れた…」と全てを投げ出したくなる前に、利用できるものは全て利用しましょう。電話一本が、あなたの負担を減らす道へつながっています。

 

特別養護老人ホームも視野に入れよう


介護対象者は、その殆どが血のつながりのある家族の誰か、もしくは配偶者の親であり、「家で診てあげなければならない」という固定観念に囚われがちです。

また、自分では「もう限界だ、人生疲れた」と実感しているのに、協力をしないのに口だけは出す親類から「薄情者!」と言われないように、家で介護するしかないと諦めてしまう人もいます。

しかし、介護の負担は実際に介護している人以外には計り知れない負担があるものです。自分の気持ちや周囲の目を気にしていると、あなたが倒れてしまいかねません。必要であれば、特別養護老人ホーム(特養)を視野に入れましょう。

特養入所は希望者が多く、すぐに入所できるとは限りません。しかし、ずっと自宅で診続けなければならない終わりのない介護生活ではなく、「特養に入るまでの期間限定」という期限ができます。

先が見えるだけで、「人生疲れたけど、きっとあと少しの辛抱だ」と気持ちの負担が軽減できることでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

介護問題は、介護している本人以外には、その本当の大変さがなかなかわからないものです。一人で介護を抱えてしまうと、周囲に問題点が伝わりづらく、気が付いたら「人生に疲れた。もう限界だ…」と、介護している人が倒れてしまうという最悪の事態になり兼ねません。

自分が抱える介護の悩みを解決するためには、自分から動くことが必要です。周囲に頼れる手があるのであれば、遠慮せず頼ってください。そして、介護の負担を軽くするために、自分の住む地区にどんなサービスがあるのか調べ、上手に利用しましょう。

日本人は「家族のことは家族内で完結させる」という考えがありますが、介護は家族だけで抱えきれるものとは限りません。家族共倒れにならないために、助けの手をどんどん借りましょう。そして、あなた自身の人生を大切にしてくださいね。

 

まとめ

人生疲れた。介護に追われる悩みを打破するには、

・介護にもマニュアルは存在する。正しい知識を学ぼう
・自治体の介護サービスにどんなものがあるか調べよう
・信頼できるケアマネージャーを探そう
・高齢者総合相談センターを利用しよう
・特別養護老人ホームも視野に入れよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、オーラの色から、あなたの本質を見極め、幸せになるための鑑定結果メッセージと「カラー波動診断カルテ」を全員初回無料でプレゼント中です^^

2017年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

コメント