生理前のイライラが止まらない!5つの対処法

生理前のイライラが止まらない!5つの対処法
生理前のイライラが止まらないというのは多くの女性が経験していますよね。生理前のイライラが止まらない状態は月経前症候群(PMS)と呼ばれ、イライラが止まらない他に、気分が落ち込んだり、体がだるくなったり、眠くなったりという症状があります。

月経前症候群(PMS)が起こる原因はホルモンバランスの変化です。女性の体は生理を中心にホルモンが増加したり減少したりを毎月繰り返しています。そのホルモンバランスの変化に体や心が影響され様々な不快な症状を引き起こすのです。

今日はそんな生理前のイライラが止まらない月経前症候群(PMS)の対処法についてお伝えします。生理は毎月のことですから、上手に付き合っていく方法を考えてみましょう。



 


生理前のイライラが止まらない!
5つの対処法

 

1.サプリメントを飲む


海外では月経全症候群(PMS)の改善にサプリメントが使用されています。月経全症候群(PMS)の改善に効果的なサプリメントは様々ありますが、有名なものではチェストツリーセントジョーンズワートをあげることができます。

チェストツリーは女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す働きがあり、プロゲステロンが減少することによって生じる月経全症候群(PMS)の改善に効果的です。

一方、セントジョーンズワートは精神を安定する物質であるセロトニンの分泌を促す働きがあり、生理前にセロトニンの分泌が減ることによってイライラが止まらないなど精神的に不安定になる症状を改善する効果があります。

サプリメントには即効性はないため、飲み始めたら1~3ヶ月ほど続けてみましょう。また、他に薬を服用している場合には医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

2.適度な有酸素運動をする


月経全症候群(PMS)の改善には定期的な運動が効果的とされています。特にお勧めなのが水泳、ジョギング、ウォーキング、ヨガなどの有酸素運動です。有酸素運動をするとホルモンの分泌にかかわる自律神経の働きを整える効果があるのです。

有酸素運動の中でも外で行うジョギングやウォーキングなら、外に出て日光を浴びることにより精神の安定に作用するセロトニンの分泌を促す効果も期待できます。

適度な有酸素運動はうつ病の改善にも効果があるので、生理前のイライラが止まらない状態の改善にはうってつけの方法です。有酸素運動は週に3回以上、30分から1時間くらい行ってください。ただし、生理中や生理前で体調がすぐれない日は無理せず休息日にして構いません。

 

3. ぬるめのお風呂にゆっくり入る


月経全症候群(PMS)の改善には体を温めることも大切です。特に骨盤周りの血流を良くすることによって症状が緩和されます。毎日、シャワーだけで湯船に浸かっていない人は是非、湯船に浸かる習慣をつけてみましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくり入ることによって、骨盤周りの血流を良くするだけでなく、ストレスの緩和や、筋肉の緊張をときほぐす効果があります。お風呂に浸かる時間は20分から1時間程度と長めにします。

熱いお風呂に短時間入るのではなく、ぬるめのお風呂に長時間入ることにより血流を良くすることができるのです。ぬるめのお風呂でも長時間入れば沢山汗をかきますので、お風呂に入る前や入った後の水分補給は忘れないようにしてくださいね。

 

4.漢方を飲む


漢方薬はサプリメント同様、即効性はありませんが、体質を改善しながら月経全症候群(PMS)の症状を緩和することができます。また、漢方薬は一つのお薬でいくつもの症状の緩和に効果が期待できることと副作用が少ないことが魅力です。

月経全症候群(PMS)改善の漢方薬としては当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などがありますが、飲む人の体質に合わせた処方が必要ですので、漢方療法を取り入れている婦人科や漢方薬局などで相談してみると良いでしょう。

 

5.低用量ピルを飲む


生理前のイライラが特にひどく、生活習慣の改善やサプリメントでは症状が軽くならない場合は、婦人科を受診してみましょう。

ピルというと避妊薬という考える方もいらっしゃるかもしれませんが、婦人科では生理前のイライラが止まらないなどの月経全症候群(PMS)の治療に低用量ピルがよく用いられます。低用量ピルは月経全症候群(PMS)の緩和だけではなく、生理痛が酷く悩んでいる方にも効果的なお薬です。

しかし、女性ホルモンの薬であるため、低用量といっても体質によっては服用出来ない人、吐き気や頭痛などの副作用が出る人などもいらっしゃるため、医師の指導の下での服用が大事です。また、低用量ピルは毎日忘れずに飲まなければ意味がないので、毎日の服用が面倒だと感じる方にはお勧めできません。

 

以上、生理前のイライラが止まらない月経前症候群(PMS)の対処法についてまとめてきましたがいかがでしたか。生理前のイライラが止まらない症状はホルモンバランスの変化によるもので、対処法としては自分で始められるサプリメントや入浴療法から、病院で相談してみる漢方や低用量ピルまで幅広いです。

生理は病気ではありません。しかし、1か月の間にホルモンに急激な変化が起き、体や心に負担をかけていることに違いはありません。生理は病気ではないのだからと無理をして頑張りすぎると返って症状が悪化してしまうことも考えられます。イライラが止まらない、体がだるいなど月経前症候群(PMS)の症状が出た場合には体と心を休ませてあげることも大切です。

 

まとめ

生理前のイライラが止まらないときは、

まとめ箇条書き挿入・サプリメントを飲む
・適度な有酸素運動で自律神経を整える
・ぬるめのお風呂で骨盤周りの血行を良くする
・漢方を飲む
・病院で低用量ピルを処方してもらう

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント