疲労回復に効く食べ物で家族の健康を守るコツ

疲労回復に効く食べ物で家族の健康を守るコツ
疲労回復に効く食べ物で、自分自身が元気になるだけでなく家族の健康も守りたいですよね。疲労回復のためにはおいしいものや家族の好物だけを食卓に並べていたのではだめ!

家族の好物ばかりでは栄養が不足したり、栄養バランスのとれない食事になりやすいからです。では、疲労回復のためにはどんな食べ物を食卓に並べたらよいのか……難しい問題です。

夏バテで食欲が落ちているときや冬の免疫力が落ちて風邪をひきやすいときに家族に何を食べさせてあげたらいいのか、あるいは仕事や学校で忙しく疲れがたまっている家族の食事では何に気を付けたらいいのか、毎日の献立に悩んでいる方は多いのでは?

ということで、今回は疲労回復に効く食べ物で家族の健康を守るコツをお伝えします。ぜひ、毎日の献立作りの参考にしてください。

筋肉疲労にはビタミンB1!豚肉やウナギを食べること

疲労回復に効く食べ物では、ビタミンB1を多く含む豚肉やウナギがおすすめです。ウナギは土用の丑の日に夏バテ予防のために食べますね。これはウナギにビタミンB1が豊富に含まれているから!

ビタミンB1の働きで夏バテを予防したり暑さによる疲れを解消することができるのです。ビタミンB1は特に筋肉疲労からの回復に効果があります。肉体労働をした後や筋肉痛がひどいとき、なんとなく体が重いときには豚肉やウナギを食べてくださいね。

アリシンを多く含むにらやニンニクを一緒に食べると、さらに疲労回復効果が高まります。豚にらにしたり、味付けにニンニクを使うのがおすすめです。

 

鉄分で体内の酸素を増やす!ひじきやレバーで貧血を予防すること

鉄分が不足すると、ヘモグロビンが少なくなってしまい細胞への酸素供給が不足してしまうため、疲れやすくなります。ということで、疲労回復に効く食べ物の二つ目は鉄分を多く含むひじきやレバー!

鉄分不足の方、貧血や生理中の方はひじきやレバーを食べてヘモグロビンを増やしましょう。鉄分の吸収率が高いのはレバーなので、貧血の家族にはレバーがおすすめです。

レバーが苦手な方はひじきを食べてくださいね。ひじきの煮物を多めにつくって冷蔵庫に入れておき、食事ごとに食べると鉄分不足を解消しやすいです。貧血の家族のお弁当にもひじきの煮物はおすすめですよ。

 

ビタミンCで活性酸素を減らす!生の野菜や果物を食べること

疲れやストレスがたまると体内に活性酸素が増えます。疲労から回復するためには体内の活性酸素を減らすことが大切!

ということで、疲労回復に効く食べ物の三つ目はビタミンCを多く含む野菜や果物です。ビタミンCには抗酸化作用があるので、疲労回復の効果が高いのです。

ビタミンCは水に溶けやすく熱にも弱いです。なので、野菜や果物はさっと水洗いし、加熱せず食べましょう。

野菜や果物が苦手な家族には、ジュースにしたりスムージーにするのがおすすめ!市販のスムージーよりも生の野菜や果物から手作りしたスムージーの方がビタミンCが多く含まれているので、朝食やおやつに作ってみてはいかがでしょうか。

 

クエン酸で疲労回復!梅干しやお酢を食べること

クエン酸にも疲労回復の効果があります。クエン酸を多く含む梅干しやお酢も疲労回復に効く食べ物の一つ!毎日の食事に取り入れたり、料理に使ってみましょう。

梅干しはそのまま食べてもよいし、叩いたりつぶしたりして薬味や味付けとして使うこともできますね。また、遠足や運動会など疲れやすい日のお弁当には梅干しのおにぎりがおすすめです。

お酢も疲労回復に効く食べ物!味付けや手作りジュースの隠し味に使うのがおすすめです。たとえば家族全員が夏バテの日は、いつものしょうゆ味にお酢をプラス!さっぱり煮やさっぱり炒めにすると、食欲がなくても食べやすいですし、疲労を回復することができます。

 

糖分で脳の疲労を回復!主食をきちんと食べること

疲れたときのダイエットや糖質制限はだめ!疲労回復には糖分が必要不可欠です。特に頭を使い過ぎた日や脳が疲れているとき、ぼーっとしたりイライラするときには糖分を摂取して脳の疲労を回復しましょう。

食事では糖分は主食から摂取するのが基本です。お米やパン、麺類などの主食をきちんと食べてくださいね。お肉ばかりで主食抜きはだめです。

疲労がたまったり夏バテや病み上がりでどうしてもご飯がのどを通らないとき、おすすめの疲労回復に効く食べ物が甘酒です。お米が原料の甘酒は糖質はもちろん、アミノ酸やビタミン類も含まれています。

また、発酵食品の甘酒は消化するときに内臓に負担をかけないし、体への吸収率も高いです。家族に甘酒を用意するときは、砂糖が入っていない甘酒を選ぶのがおすすめ!

また、未成年の方にはアルコールの入っていない甘酒を選びましょう。疲労に効く食べ物としては酒粕からつくる甘酒ではなく、米麹でつくる甘酒がよいです。

 

上記の通り、疲労回復に効く食べ物でおすすめなのはビタミンB1を含む豚肉やウナギです。にらやニンニクと一緒に食べたり料理するのがおすすめです。また、貧血の方はひじきやレバーを食べて鉄分を補給しましょう。

体内の活性酸素が増加しているときには抗酸化作用のあるビタミンCが効果的!野菜や果物を食べてくださいね。ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、生のまま食べるのがおすすめです。クエン酸を多く含む梅干しやお酢も疲労回復に効く食べ物です。

さらに、脳の疲労回復に必須なのが糖分!食事では主食をきちんと食べるようにしましょう。

ダイエットや糖質制限は疲れたときにはだめですよ。食欲がないときには、消化しやすく体内に吸収しやすい甘酒から糖質やアミノ酸、ビタミン類を摂取するのがおすすめです。



連記事

コメントをお書きください