幸せになりたい方必見!後悔しない不倫の別れ方

幸せになりたい方
不倫では別れ方が肝心!手際が悪かったり、きれいに別れることができずこじれてしまうと、あとが大変ですよね。

不倫を終わりにして今度こそ幸せな恋愛をしたいと思っても、不倫の別れ方で失敗すると、幸せをつかむどころか、不倫の泥沼にはまって抜け出せなくなってしまいます。

また、不倫を終わらせることができなくなるだけでなく、自分や相手の家族に不倫していたことがバレてしまったり、周囲に不倫がバレる、不倫相手がストーカー化したり脅迫されてしまうなどのトラブルが起きることもあります。

こうなると幸せになりたいどころの話ではない、これまで通りの生活を続けることすら危うくなってしまいますよね。

最悪、離婚や会社をやめるなんて事態も起こりうるのです。不倫の別れ方で後悔しないためにはどうすればよいのでしょう。ということで今回は、後悔しない不倫の別れ方についてお伝えします。

不倫相手を傷つけたり怒らせないこと

不倫の別れ方で一番大切なことは、円満に別れることです。なので、別れを切り出すときには不倫相手を傷つけたり怒らせてはだめ!

円満に別れることができなくなってしまいますし、別れることができたとしても相手の恨みを買うことで後々トラブルが起きてしまうこともありますよ。不倫相手に別れを切り出すときには、不倫相手の気分を損ねないように細心の注意を払ってくださいね。

「不倫したことを後悔している」だとか「君とのことは最初から遊びのつもりだった」なんて言って相手を怒らせないようにしましょう。

 

「自分のため」ではなく「相手のため」の別れにすること

不倫を終わらせたいと思うときはいつでも自分のため、保身だとか結婚生活を守りたいだとか、不倫相手に飽きたときに別れたいと思うものです。

しかし、バカ正直に不倫相手に別れたい理由を言えば、あなたの身勝手さに不倫相手は怒るしすんなりとは別れてくれません。なので、不倫相手に別れを切り出すときには、自分のためではなく「君の幸せのため」にこの恋を終わらせるべきだと言いましょう。

不倫を終わらせるときは、正直や誠実さは不要!嘘でも建前でも、相手を怒らせないことが大切です。

 

お金の貸し借りがあるときはきちんと清算すること

不倫している間のお金の貸し借りは、別れ話の前に清算しておくのがおすすめです。特に、お金を借りている場合は、きちんと耳をそろえて返しましょう。

別れ話はその後です。お金を返す前に別れ話を始めると、不倫相手は借金を踏み倒すつもりではないかと疑心暗鬼になり、別れ話を承諾してくれなくなります。

 

写真や手紙などはきちんと処分すること

不倫の別れ方では、不倫している間の写真や手紙を不倫相手から取り戻さなかったりきちんと処分しておかなかったことが後悔の種になることが多いです。

あなたはきれいさっぱり別れたつもりでも不倫相手は別れ話に納得していなかった、あるいは一時は納得したけどその後で気が変わったとき、不倫の証拠となる写真や手紙でお金をとられたり不倫関係を強要されてしまうことがあります。

不倫を終わらせるときは、写真や手紙など不倫の証拠となるものは相手から取り戻し処分することを忘れないようにしましょう。

最近ではデジタルデータで脅迫されることもあります。相手のスマホやパソコンに自分の写真や動画が残っていないか確認しておきましょう。

 

不倫関係解消の示談書や合意書を作成すること

不倫の別れ方では、別れた後に手切れ金を請求されるなどのトラブルを防ぐために、必要であれば不倫関係解消の示談書や合意書を作成しておくことも大切です。

書面をもって不倫関係(男女の関係)を完全に解消することや金銭を請求しないこと、今後一切の連絡をしない、不倫の過去を第三者にみだりに口にしないことなど、トラブルを防ぐのに必要な約束を交わしたり、問題を蒸し返すことを禁じたりします。

特に、手切れ金や解決金を不倫相手に支払うときには、支払ったお金が無駄にならないよう弁護士などの専門家立ち合いのもと、正式な合意書を作成しておいてくださいね。

 

このように、不倫の別れ方で後悔しないためには、別れ話がこじれたり泥沼化させることなく、きれいに別れることが大切です。

そのためにはまず別れ話の際に不倫相手を傷つけたり怒らせないこと、相手を感情的にさせないことでお互いに理性的に別れ話を進めることができますよ。不倫の別れ方では嘘も方便、「君に幸せになってほしいから別れたい」くらいの嘘はついてくださいね。

お金の貸し借りや不倫の証拠となる写真、手紙類は後々、トラブルの種になりやすいです。別れる前にきちんと清算したり処分しておいてください。不倫の別れ方では示談書や合意書を作成するのもおすすめです。

別れた後で不倫相手が問題を蒸し返したりしないよう、万全の策を講じたうえで不倫を終わらせましょう。特に別れに際して、不倫相手に金銭を支払うときにはタダでお金を渡してはだめ!合意書へのサインと引き換えにお金を渡すのが良いです。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました