一人暮らしにかかる生活費の平均的な金額とは

一人暮らしにかかる生活費の平均的な金額とは
一人暮らしにかかる生活費の平均がどの程度なのかを知ることは大切ですよね。これから一人暮らしをするという人は、まず住む家を決めるでしょうが、その家の家賃はもちろんのこと、周辺環境や職場までの距離を検討する上で生活費にかかる金額は先にある程度計画しておかなくてはいけません。

ところが、一人暮らしにかかる生活費の平均相場を知らないと、実際にかかる生活費が自分が想定していた金額を大幅に上回ってしまった場合には、家賃や光熱費を払えなくなってしまったり、食費に困ってろくな食事をとれないということにもなりかねません。

そこで今回は、自分が手にする収入に見合った生活をするために、一人暮らしの生活費の平均的な金額を7つの項目に分けてお伝えします。

住居費

一人暮らしの生活費の中で最も大きな金額シェアを占めるのが家賃です。一人暮らしでの家賃は自分の収入から払わなければいけませんが、自分の収入の3分の1以内の価格にすると生活には困らないという参考値があります。

しかし、いくら収入が多いからと言って、必要以上に家賃が高い家に住む必要はありません。一人暮らしであれば、首都圏の勤務地に無理なく通える範囲でも7万円~8万円あれば足りますし、郊外や地方の方であれば5万円前後かそれ以下で家を借りることも可能です。

 

食費

一人暮らしの生活費の中で、生活スタイルによって変動の幅が大きくなるのが食費です。食材をスーパーで購入して自炊をするという人なら1万円~2万円あれば足りますが、仕事が終わるのが遅い時が多く、平日はほぼ毎日外食をするという人は3万円前後かかるケースもあります。

健康や節約のためにも自炊をした方がよいですから、時間がある時にはなるべく自炊をして節約するようにしましょう。

 

日用品などの雑費

実家に暮らしていた時には当然のように常備されていた日用品も、一人暮らしの生活費の中ではしっかり金額として入ってきます。トイレットペーパーやティッシュペーパー、掃除グッズ、電池、洗剤など、日用品は一つ一つの単価は安いものの、月にすると5千円程度にまでのぼります。

ドラッグストアで買い物をすると千円以上は使ってしまいますよね。ですから、1か月のうちに2,3回ドラッグストアに買い物に行くとなると、5千円程度は使ってしまうのです。

 

水道光熱費

生活をする上で欠かせないのが水道光熱費です。いくら節約をすると言っても、お湯や火、電気なしの生活は、不自由です。一人暮らしの生活費における水道光熱費は、水道代が3千円程度、ガス代と電気代が合わせて6~7千円程度で合計1万円前後です。

もちろん、夏や冬にはエアコンや暖房器具を使いますから電気代は上がりますし、自炊が多い人はガス代がかかります。逆に入浴はシャワーが中心で湯舟はあまり使わないという人は水道代とガス代が少なくなります。とはいえ、水道光熱費は大きく節約しにくい出費項目であることに変わりありません。

 

通信費

一人暮らしの人は自宅に固定電話を契約しないという人も増えていますが、通信費はかかります。一人暮らしの生活費の中で、大半の人が必要なのがスマホの利用料金とインターネットの通信費です。

スマホを持っていないと生活するのにかなり苦労しますから、ここは外すことができません。しかし、スマホは契約するキャリアによって利用料金が大きく異なります。格安携帯なら3千円程度ですが、大手3社のキャリアだと1万円前後することもあります。

 

交際費と被服費

一人暮らしの生活費の中で家賃の次にシェアが大きくなりがちなのが交際費と被服費です。会社の飲み会が頻繁にあるという人は交際費が月に1万円程度かかることもあるでしょうし、友人と週末に食事をしたり、遊びに行くにもお金がかかります。

また、女性の場合には洋服代も毎月コンスタントにかかりますから、交際費と被服費を合計すると3万円程度かかることになります。ただし、洋服代はどのお店で買うかや月に何着くらい買うかによって変動しますし、過去に買った服を活用してやりくりをすれば、抑えられる項目でもあります。

 

美容代と娯楽費

男女問わず定期的にヘアカットにはいきますよね。特に女性の場合には、カラーやパーマをするという人もいるでしょうし、男性でもマッサージや整体に通っている人もいます。このような美容代や趣味・娯楽費は、1万円前後が相場です。

一人暮らしの生活費には、実家の時には必要なかった出費がたくさんありますから、必須ではない支出はなるべく抑えたいものです。そのため、娯楽費と美容代は、自分の中である程度金額のラインを決めておくのが賢明です。

 

さて、一人暮らしの生活費は、実際に一人暮らしをしてみて思っていた以上に金額が高いと感じる人が多いものです。実家にいた時には食事は当然でてきますし、水道や電気ガスを使ってもお金をその場で払うことはしません。また、日用品も勝手に補充されていることが多いですから、ここにお金を払うという意識が低いのです。

しかし、一人暮らしをすると生活費として、これまで当たり前に手に入っていたものに金額がかかるということが身に染みてわかります。このような雑費を想定していないと、痛い目を見ます。今回は一人暮らしの生活費の支出項目別に平均額をお伝えしましたが、これはあくまで平均的な相場です。

自分の努力次第で抑制できる部分もありますし、逆にやむを得ず増えてしまう場合もありますから、自分の生活スタイルを想定して具体的にシミュレーションしておきましょう。

まとめ

一人暮らしの生活費の項目別の平均額とは

・家賃は収入の3分の1以内を目安にしよう
・食費は自炊すれば2万円内、外食が多いと3万円
・日用品はこまごまとかかるので5千円を確保
・水道光熱費は1万円だが季節によって変わる
・通信費はスマホのキャリア次第で5千円~1万円
・交際費と被服費は3万円以内におさえたい
・美容代や娯楽費は女性が多めで1万円前後

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い『恋と運命の真実』では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

連記事

コメントをお書きください