働きたくない病になってしまう原因とその対策法

働きたくない病になってしまう原因とその対策法
働きたくない気持ちにすぐなってしまうのは、もはや病気と言えますよね。最も、好きで仕事をする人なんてほとんどいないですし、働くのが嫌な気持ちになること自体は別に不思議なことではありません。誰だって働きたくないですし、どんなに立派な人でも嫌な気持ちを我慢して生活のために仕事をしているというのが本音です。

しかし、働きたくない病と言えるほど深刻になると「我慢して仕事しよう」などというお決まりのアドバイスでは解決できないでしょう。ちなみに何らかの悩みを抱えている場合、解決の基本となるのは原因の究明とその対策を考えることであり、働きたくない病においてもそれは例外ではありません。

そこで今回は「働きたくない病になってしまう原因とその対策法」をお伝えします。



 

働きたくない病になってしまう原因と
その対策法

 

時間に余裕のないくらいギリギリで支度をしよう


休みたいという気持ちが強すぎることが原因でつい仕事を休んでしまう人向けの解決策です。いくら働きたくない人でも、そのことを常に考えているわけではありません。働きたくないと考えてしまうタイミングで最も多いのは朝の出勤前の時間です。起きてはみたけど仕事に行きたくない…そんなモヤモヤに覆われて休んでしまうのです。

だったらそう考えてしまう時間を作らないために、敢えて時間に余裕のない遅刻寸前となるタイミングで支度してください。うっかり寝坊した経験のある人は分かるでしょうが、そんな時は時間に焦ってバタバタと急いで支度をして家を出るものです。このような場面では余計なことを考える暇は一切ないため、わざと狙ってこの状況を作るというわけです。

休みたいという気持ちが強すぎるなら、休みたいと思ってしまう時間自体を作らないようにすればよいでしょう。

 

独り暮らしをしてお金が必要な生活をしよう


働かなくても実家だから困らない、そんな甘えが原因で働きたくない病になってしまう人のための解決策です。冒頭でもお伝えしたとおり誰もが働きたくないですし、それでも働くのは生活のためです。しかし、独身で実家暮らしの人にとってはこの「生活のため」というキーワードが働くための動機になりにくいのです。

なぜなら、仮に収入がなくなってしまっても衣食住に困ることはないからです。そこで、おすすめなのが独り暮らしをすること。家賃や食費や光熱費など毎月お金が必要になりますし、働かなければ遊べないどころかそこに住むこと自体ができなくなってしまいます。こうやって自分を追い込めば、いくら嫌でも他の人同様に生活のために働くようになれるはず。

働かなくても生活できるなら、その環境を変えて働かなくては生活できない状況を作ってみましょう。

 

お金を使う楽しさを知って仕事する気になろう


会社で嫌なことばかり起こる…働くことのデメリットしか感じられないのが原因で、すぐ働きたくない病になってしまう人のための解決策です。この場合は、働くことのメリットを考えるべきでしょう。何より大きなメリットはお金が手に入ること。このため、お金を使う楽しさを知りもっとお金を稼ぎたいと思うようになれば、それを目的として仕事する気になれるのです。

具体的に考えると給料をもらえることは相当な魅力です。仮に月収20万円だとすれば毎週5万円ずつ使えるわけですし、20万円以内の物なら1ヶ月仕事するだけで手に入れることができるわけです。貯金することも大切ですが、働きたくない病の人はいっそ給料全部を遊びに使うくらいの生活をして、まずは働いて給料をもらうことのメリット実感した方がよいでしょう。

仕事にデメリットしか感じないなら、最大のメリットであるお金を稼ぐことに魅力を求めればよいのです。

 

休みの日の終わりの夜に働きたくない病になるならシフト制の職種を考えよう


休みは楽しいけど夜は憂鬱…明日仕事に行きたくない気持ちに覆われて負けてしまう人のための解決策です。この場合、向き不向きの問題はありますが、もし可能だと思うならシフト制の職種を考えてみてください。土日休みは確かに魅力的ですが、平日の5連勤は働きたくない人にとって本当に苦痛です。

一方、シフト制の仕事なら連休がとりにくい反面5連勤になることはそうないため、休みの終わりの夜がそこまで苦痛ではなくなります。特に販売系の仕事においては長期休暇がないため、GWや盆休みの最終日に起こりがちな働きたくない病にも掛からずにすむのです。最も、トータルの休みの数は確実に少なくなるため、その点をどう思うかはその人次第です。

休みの日の終わりに働きたくない病に悩まされるなら、定期的に休みが訪れるシフト制の職種を考えてみましょう。

 

このように働きたくない病になる原因は様々ですが、それぞれ解決策が存在することも事実です。働きたくないというのは1つの感情であり、感情である以上いつかどこかでその気持ちを抱くわけですよね。そこで、実際にいつどんなタイミングでその気持ちを抱くのかをまずは知ることです。

もし働きたくない感情を抱くタイミングを失くすことができればそれだけで解決できます。また、それでも働きなくないなら嫌でも仕事しなければならない状況を作る、もしくは仕事することによるメリットを探すことが解決に繋がりますよ。

単に「頑張る」という漠然的な気持ちだけでは解決できないため、ここでお伝えしたような根拠のある解決策を実践することが大切です。

まとめ

働きたくない病の対策法とは

・働きたくないと思う余裕がないくらい、朝はギリギリの時間で支度をしよう
・生活のために働く、そう思わざるを得ない状況を作るために独り暮らししよう
・働くことのメリットはお金を稼げること、お金を使ってそのメリットを実感しよう
・シフト制の職種を選び、休み明けに5連勤にならない生活をしよう

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれると話題の「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。

プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

近日中に起こる運命を知りたい方は、初回無料ですので是非お試しください!

コメント