学校行きたくない。簡単に友達を作れる5つの魔法☆

学校行きたくない。簡単に友達を作れる5つの魔法☆
子どもが学校行きたくないなぁと思う原因にはどんなものがあるでしょうか。多くみられるのが、友達関係のトラブルやなかなか友達ができなくて寂しいといった理由です。

他にも勉強についていけないとか先生が好きじゃない、単純に体調が良くないなど学校行きたくない理由は様々ありますが、たいていの原因は仲の良い友達がいれば解決するものです。

友達ができるということは、家族以外にいろいろなことを相談できる相手がいるのと同じですから、学校生活の悩みなどはほぼ友達同士で解決できてしまうものです。一緒に遊ぶだけでなく、勉強を教えあったりスポーツを競ったり、中高生なら部活動を一緒に頑張ったりと、友達は楽しい学生生活に欠かせない存在です。

それがなかなか気の合う友達ができなかったり、何かのきっかけで仲違いしてしまったりすると途端に学校行きたくないという気持ちになってしまいます。そこで今回は、学校行きたくないと思う前に知っておくべき友達作りの方法を5つお伝えします。



 

学校行きたくない。
簡単に友達を作れる5つの魔法☆

 

1)身だしなみに気をつかおう


進学や進級でクラスが変わる時は、友達をつくる絶好のチャンスです。ここで上手くいけば学校行きたくないと思う暇もなく、楽しいスクールライフを送れる可能性がぐっと高まります。

でも自分の顔や体型といったルックスに自信がなかったり、過去に外見を馬鹿にされた経験があったりすると自分から積極的に話しかけることができず、友達をつくれずに終わってしまうことも。そんな時はとにかく身だしなみを整えるようにします。

他人と仲良くなるには第一印象が大事です。でもそれは美人だったりスタイルがいいということよりも、清潔感や爽やかさ、笑顔の明るさなのです。外見を気にして暗くうつむいていては、周りも話しかけにくいですから明るく胸を張って登校できるように、身だしなみを整えましょう。

 

2)明るく挨拶をしよう


挨拶すると声を出しますから、話しかける前のウォーミングアップになります。登校したらできるだけ明るい調子で、迷惑にならない程度の大きな声でクラスメートに挨拶しましょう。

その時は「おはよう」だけで終わらせずに「暑いよねー」とか「昨日のあのテレビ観た?」など会話が続くように工夫します。まだ友達じゃないのにそんなの無理と思って、ただの挨拶で終わってしまうとなかなか仲良くなるきっかけがつかめません。どんどん自分から積極的に話しかけるようにしましょう。

また、挨拶は喧嘩した友達と仲直りするきっかけにもなります。喧嘩して気まずくなって学校行きたくないと思っていても、翌日明るく挨拶してくれたら嬉しいですよね。嬉しくなれば素直に謝ることもできますから、円滑な人間関係を築くために挨拶はとても大切なことなのです。

 

3)自分のことをさらけ出そう


クラス替えなどで仲良しの子と離れてしまい知らない人ばかりだと、学校行きたくないと思ってしまいがちですが、 新しい友達をつくるチャンスととらえて頑張ってみましょう。最初の自己紹介の時や班での活動、給食やお弁当の時間に趣味や好きなものなど自分の情報をどんどん発信してください。

格好いいことばかりでなく、失敗談やいたずらをして親に怒られたことなど面白いことも効果ありです。自分から情報を提供すると、相手も自然と自分のことを話しやすくなるので会話が弾み仲良くなりやすいですよ。

ただし、自分のことを話すのに夢中になって相手の話を全く聞かないのでは逆効果です。自分の話題はあくまで会話を盛り上げるきっかけとして使うようにしましょう。

 

4)友達作りは焦らずゆっくりと


恋愛もそうですが、気の合う友人を見つけるには時間がかかることがあります。今のクラスや学校には、本当にあなたと気があう人がたくさんいるかもしれませんが、もしかしたら1人もいないかもしれません。

友達をつくること自体が目的になってしまうと、気の合わない人と無理に仲良くしたり、あまり好きじゃないグループにい続けることになり、結局楽しめずに学校行きたくないと感じてしまうことも。いろいろと努力してみた結果、いい友人が見つからない時は焦らずに待つことも必要です。

クラスで見つからなくても部活動や習い事、塾、バイトなどで気の合う人と出会う可能性もあります。学校に友達がいなくても他のところで充実していれば、学校行きたくないと思うことも減るでしょう。

 

5)自分は自分、と割り切ろう


例えばいつも大勢の友達に囲まれて楽しそうな人を見ると、とても羨ましいですよね。黙っていても友達ができる人は自分と何が違うんだろうとか、やっぱり外見がいいからかなとか、悩みます。

時にはそれがコンプレックスとなり学校行きたくないと思うことも。でも本当は向こうもワイワイする仲間はいるけど本音を話せる親友がなかなかできないなどと、密かに悩んでいるかもしれません。

友人関係というのは人によって捉え方が違いますし、本当に良い友人関係を築くのは簡単ではないのです。悩んでいるのは貴方だけではないので、割り切って本当に自分にとって良い友達を見つけることに専念しましょう。

 

いかがでしたか。

気の合う友達がいないと学校行きたくないと思うばかりか勉強にも集中できず、生活全体が楽しくなくなります。しかし友達作りは出会い運なので、今まで順調に友達ができていた人でも、新しい環境ではなかなか友達ができないということもあります。

そんな時でも上記のように身だしなみや挨拶、話題づくりをきちんと行うことで時間はかかっても友達がみつかる可能性が高まります。せっかく同じ場所で同じ勉強をすることになった仲間なのですから、できるだけ早く仲良くなって楽しく過ごしたいものです。

気の合う友達がいれば、机上の勉強だけでなく、社会生活をするうえで大切なことをいろいろ学べることでしょう。

 
まとめ

学校で簡単に友達を作るには、

1)第一印象は重要。身だしなみに気をつけよう
2)挨拶で会話のきっかけを作ろう
3)相手を知るにはまず自分をさらけ出すこと
4)時間がかかっても本当に気の合う友人を見つけること
5)他人と比べず自分のペースで

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント