パートナーの不倫発覚、慰謝料を請求するには?

パートナーの不倫発覚、慰謝料を請求するには?
パートナーに不倫され慰謝料を請求したいという方多いですよね。最近は男性だけでなく、女性も不倫するケースが多くなっています。女性も働くようになって、経済的に自立しただけでなく、多くの男性と知り合う機会が増えたことが要因です。信じていた人に裏切られるのはツライもの。

しかし、いざ不倫の慰謝料を請求しようにも、パートナーや不倫相手が中々応じません。もし認めてしまえば、何百万のお金を払わなければいけないからです。しかし、不倫の慰謝料を支払う主な目的は、「相手への償い」です。愛していた人を奪われ、傷つけられたからこそ、不倫の慰謝料は支払うべきなのです。

そこで今回は、どのように不倫の慰謝料を請求すれば良いのか、その6つのポイントをお伝えします。



 

パートナーの不倫発覚、
慰謝料を請求するには?

 

客観的に分かる証拠を集める


不倫の慰謝料を請求するには不倫の証拠が必要不可欠です。その為、まずは証拠集めをしましょう。ここで大切なのは、「客観的に分かる証拠」だということです。

あなたが「パートナーが不倫している」と考えただけでは証拠になりませんので、第三者が見ても「この人は不倫している」と証明できる証拠を集めましょう。具体的には、相手とのメールやラインでのやり取り、写真や動画などです。

 

パートナーの行動を記録する


証拠を集めるためには、まずパートナーの様子を記録していきます。その上で、以前と異なる様子をピックアップしていきましょう。例としては、「以前と比べて残業や休日出勤が多くなった」「出費が多くなった」といったことがあります。

また女性の場合ですと、「急に身だしなみに気をつけるようになった」「メイクやアクセサリーを買う頻度が増えた」ことが着目ポイントとなります。

記録の方法としては、日記のようにつけることをオススメします。パソコンで記録しても証拠能力は低いので、大学ノートなどにボールペンで記録していくようにしましょう。

 

周囲の人に協力してもらう


不倫の証拠集めは1人では難しいですよね。そこで、友人や周囲の人に協力してもらいましょう。まず、「パートナーが不倫しているかもしれない」と正直に打ち明けます。その上で、一緒に証拠集めを手伝ってほしいことを伝えます。特にパートナーと一緒の職場で働いている人が協力してくれればより行動を把握しやすいです。

ただし、パートナーの両親に相談するのは控えましょう。両親の場合、パートナー本人を呼び出して真意を聞く場合が多いからで、そうなると不倫の慰謝料を請求しにくくなります。ですから、パートナーの両親に相談するのは、ある程度証拠が揃ってからにしましょう。

 

弁護士に相談する


不倫の慰謝料を請求するにもどうやって請求してよいのか分からない人も多いですよね。そんな時は、法律の専門家、弁護士に相談しましょう。不倫の慰謝料を請求する方法だけでなく、どんな証拠を集めれば良いのかもアドバイスしてくれます。

しかし、「相談するだけでもお金がかかるのではないか」と考える方もいますので、そんな人は無料法律相談を活用してみましょう。無料法律相談は弁護士が市役所などに訪れ、法律相談を無料で行ってくれます。また遠方にいる場合、電話での対応も可能です。どちらも予約制なので、利用したいときは事前に確認することをオススメします。

 

普段通りに過ごす


不倫の慰謝料請求の為、証拠集めをする日々を送るときに注意してほしいのが「普段通りに過ごす」ということです。コソコソと何か探っている様子が見つかれば、不倫の証拠が隠されてしまいます。特に女性の場合は、男性に比べて勘が鋭いです。ですので、不倫の証拠を集めるときには、本人がいないときに行いましょう。

 

「2人が不倫している」という証拠を集める


パートナーだけでなく、不倫相手からも慰謝料を貰いたいですよね。なので、パートナーとその不倫相手が一緒にいる証拠を集めましょう。2人が仲良さそうに写っている写真が一番効果的です。ただし、1枚だけでは「偶然一緒にいただけだ」と言い訳されてしまいます。そこで、何日か一緒にいる写真を撮って、客観的にも分かる証拠を揃えましょう。

 

今回は、不倫による慰謝料の請求する方法をお伝えしましたが、いかがでしょうか。不倫の慰謝料を請求するには、客観的に「不倫している」と分かる証拠を集めましょう。その為に、普段の様子を記録し、以前と異なる様子をピックアップしていきます。

証拠集めは1人では大変なので、友人など周囲の人にも協力してもらいましょう。また、法律の専門家でもある弁護士に相談するのも方法の1つです。証拠がある程度揃うまでは普段通りに過ごしましょう。そして、パートナーだけでなく、不倫相手からも慰謝料を請求できるように、「2人が不倫している」と客観的に分かる証拠を揃えましょう。

不倫をするパートナーを許す人もいますが、一度許してしまえばパートナーは甘えてしまい、同じことを繰り返します。ですので、お灸をすえる為にも、是非上記の方法を実践し不倫の慰謝料を手に入れるようにしましょう。

まとめ

パートナーの不倫で慰謝料を請求したいと思ったら

・客観的に分かる証拠を集める
・日々の行動を記録する
・周囲の人に協力してもらう
・弁護士に相談する
・証拠が揃うまでは、普段通りに過ごす
・不倫相手からも慰謝料を貰うため、「2人が不倫している」という証拠を集める

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント