不倫が原因で離婚になりそうな時に試す7つの対処法

不倫が原因で離婚になりそうな時に試す7つの対処法
不倫をされて離婚になるかもしれないと感じる時は、相手に対する信頼が大きければ大きいほど、裏切られたという気持ちになりますよね。

長年一緒に家庭を築いてきた相手に裏切られたショックと怒りで、感情に任せて相手に不倫のことを問いただそうとしたり、後先考えずこちらから離婚しようと言ってしまいそうになったりしますが、これでは相手に得はあっても自分に得はありません。

まずは、離婚という最悪の結末を回避する可能性を考えて対処していきましょう。それでもどうしても離婚が避けられないような事態になったら、できる限り不利にならないよう準備を整えるようにしましょう。それでは、相手の不倫が原因で離婚になりそうな時に試すべき7つの対処法を順に解説します。



 

不倫が原因で
離婚になりそうな時に試す7つの対処法

 

最初にすべきことはジャブ打ち


不倫されてるかもと思ってもすぐにそれを本人に直接聞いてはいけません。もし直接不倫しているかを聞けば、相手が逆上して一気に二人の関係性が悪くなる可能性があります。まだ確証がない段階で相手に敵意を持たれると、本当に不倫で離婚をすることになった時に思い通りに話し合いがうまくいかなくなるでしょう。また、ただの勘違いだった時には相手から不信感を持たれるだけです。

ですので、例えば、帰宅時間が遅かった時に自然にどこに行ってたかを聞いたり、知らない持ち物を持っていたらどこで買ったのかを聞くなど、まずは軽くジャブを打つのが良いでしょう。

 

ジャブを打った後は待つ


相手にさりげなくジャブを打った時に、相手が動揺すればかなり怪しいと言えます。しかし、ここでも不倫を口に出してはいけません。もしかしたら、不倫は遊びで、奥さんが一番大事だと思っている人もいますので、ジャブを打ったら少し様子を見ましょう。

もし、奥さんに不倫を気づかれそうだと察知して悔い改めようと相手が思うならば、すぐに不倫相手との関係を断ち切るはずです。そうすれば、不倫が原因で離婚をすることを回避できますし、喧嘩もせずに済みます。

 

離婚を決意した時


もしジャブを打った後でも不倫を辞やめないようであれば、奥さんを大事にしてくれる人とは言えませんので、不倫が原因で離婚をする、という決断をしても良いでしょう。しかし、決断をしたからと言ってすぐに相手に伝えてはいけません。

相手がしらを切った場合、離婚をすることは決定しても慰謝料がもらえなくなるためです。不倫が原因で離婚をする時は、必ず相手が言い逃れできない証拠を集めましょう。

 

コストをかけた確実な証拠収集方法


不倫が原因で離婚をする時に慰謝料を相手からもらうには、相手に不倫をしていた事を認めさせなくてはいけません。最も確実で調停や裁判になった時でも有効な証拠として扱ってもらえるのは、興信所に依頼して作ってもらった不倫調査資料です。

ただし、興信所は公的な機関ではありませんから、当然無料で調査を頼むことはできません。不倫調査は1回の調査で確実に証拠をつかめるわけではありませんから、調査が長引き費用が膨らむことも想定する必要があります。

 

コストを抑えた地道な証拠収集方法


興信所に依頼して証拠収集をする金銭的な余裕がない場合には、自分で不倫の証拠を集めなくてはいけません。しかし、不倫が原因で離婚をするのに必要な証拠を集めるにはコツが必要。それは物的証拠がなくてはいけないという事です。

不倫相手との電話での会話を聞いたとか、二人で腕を組んで歩いているのを見たなどの見聞の証拠は、相手に否定される可能性もあります。ですので、メールのコピーや、二人の不倫現場の写真など、確かな物的証拠であることが必要なのです。

 

証拠のバックアップの準備


相手の不倫が原因で離婚をしたい、そう相手に伝える時には、相手が言い逃れできないように物的証拠をつきつける必要がありますが、その時に注意しなくてはいけないのがバックアップをとっておくことです。

同じ家に住んでいるのですから、相手に不利になる証拠は、相手に略奪されて処分される可能性もあります。もし相手に奪われても良いようにコピーを別の場所に保管したり、信頼できる実家や友人に預けておくと安心ですね。

 

離婚の意志を確認する


不倫の物的証拠を集めたら、いよいよ相手に不倫が原因で離婚がしたいという意志を伝えます。ここで相手が不倫に終止符を打つ決心をするかもしれませんし、そうでない場合には口論になる可能性もあります。

いざ離婚になると、離婚調停や裁判では、相手ともめるケースが多いため、どんな些細な情報でも自分にとって有利なものは集めておくことが必要です。そのため、話し合いの時には念のため録音をとっておくことをおすすめします。

 

如何でしたでしょうか。

不倫が原因で離婚をすることになるのは、できれば回避したいものですよね。お互いに信じあって結婚したのですから、簡単に離婚をしてしまうのはいけません。一時の遊び心だったという可能性もありますから、まずは穏便に解決できるよう相手に猶予を与えることが重要です。

このステップを踏むだけで不倫で離婚を回避できるケースはたくさんあります。人間は感情を持っていますから、いきなり相手を攻めると相手も日頃溜まっていた感情が爆発してケンカになり、修復不可能な状態になってしまうことも十分あります。

それでも不倫が確実で離婚せざるを得ないということになれば、確実に自分が損をしないように証拠集めと管理を徹底するようにしましょう。

 

まとめ

相手の不倫で離婚になりそうなときは

・不倫を疑っていてもいきなり本人に直球で聞かない
・ジャブを入れた後に少し様子を見る
・離婚しようと決意してもすぐには相手に伝えない
・資金に余裕があれば興信所に不倫調査をしてもらう
・自分で証拠集めをするなら物的証拠を残す
・用意した証拠はコピーやバックアップをとっておく
・証拠をそろえてから離婚の意思を確認する

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

コメント