不倫で家庭崩壊。慰謝料請求する為に知っておきたいこと

不倫で家庭崩壊。慰謝料請求する為に知っておきたいこと
夫に不倫された妻にとって、不倫の慰謝料を請求できるかできないかはとても大事なことです。不倫によって夫婦間の信頼関係は崩れ、不倫された妻は精神的に多大な苦痛を被っているはず。せめて、慰謝料によって損害を賠償してもらいたいと思うのは当然のことです。自分のためにも、子供たちのためにも、泣き寝入りはしたくないものですよね。

とはいえ、ひと口に不倫の慰謝料といっても、どんなケースでも慰謝料を請求できるというわけではありません。夫の不倫相手に対して、不倫の慰謝料を請求できる場合とできない場合があるのです。どういうときに請求できるか知っておかないと、不倫された上に慰謝料も受け取れないことになってしまいます。

そこで今回は、不倫で家庭が崩壊したときに、不倫の慰謝料を請求できるケースとできないケースについてお伝えします。



 

不倫で家庭崩壊。
慰謝料請求する為に知っておきたいこと

 

不倫の慰謝料を相手に請求できるのは、相手に「故意・過失」があるとき


不倫の慰謝料を夫の不倫相手に請求できるのは、相手女性に「故意・過失」があるときです。ちょっと分かり難い表現ですね。簡単に言うと、相手が貴方の夫を既婚者だと知っていて、それを知りながら関係を結んだときなどです。

不倫というのは婚姻関係を結んでいる男性と故意に関係を持つことを言います。したがって、相手が既婚者であることを知らずに肉体関係を持った場合には、過失にはなりません。その場合は、慰謝料は請求できないのです。ポイントは、相手女性が貴方の夫が既婚者だと知っていたか否かです。ここが重要ですね。

たとえば、貴方の夫がナンパした女性に自分を独身だと偽って関係を迫り、女性がそれを受け入れて肉体関係になった場合、相手女性は貴方の夫のついた嘘の被害者になります。ですから、慰謝料は請求できません。また、酔った勢いで相手女性に迫って行為を行った場合なども、女性側には故意の過失はないことになります。

不倫相手の女性が「知って」関係を持ったのか、「知らずに」関係を持ったのかは重要なポイントであるとともに、白黒はっきりし難い点でもあります。手練に長けた水商売の女性なら、知っていても知らないふりをして関係をもつ可能性は充分にあります。

こうした点は離婚訴訟の折にも論点になりますし、いくら相手女性が知らなかったといっても、常識で考えて知っていただろうというようなときには過失とみられますので、諦めないで、慎重に追求しましょう。

 

不倫の慰謝料を相手に請求できるのは、貴方が妻の権利を侵害されたとき


不倫相手の女性に慰謝料を請求する際に明らかにしないといけないのは、その不倫行為によって貴方が妻の権利を侵害されたか否かという点です。これもちょっと難しい言い方ですが、不倫の慰謝料を請求する際にポイントとなるのは、不倫が原因、きっかけで家庭が壊れたのか、あるいはそれ以前に既に壊れていたのかという点です。

夫が不倫するまでは夫婦仲が円満、少なくとも、問題なく夫婦生活が送れていたということであれば、相手の女性に対して「妻の権利を侵害」したと訴えることができます。相手の女性によって妻が安定した家庭を維持する権利が侵害されたとみなされるからです。

しかし、不倫以前に家庭が壊れていた、機能不全家庭になっていた場合は、相手女性に慰謝料を請求することはできません。その場合、女性の存在に関わらず、家庭は既に崩壊していたとみなされます。家庭が壊れていたとみなされるのは、いわゆる家庭内離婚のようなケースです。

家庭内でまったく対話がない、食事も一緒にとらないというような状況が続いていた場合、家庭が正常に機能していなかったとみなされ、妻がそれに対して何も行動をおこしていなかったのであれば、不倫相手が「家庭を壊した」とはいえないわけですね。

こうした点は結構微妙な問題です。一緒に暮らしていても、財布が別々だとか、親族の冠婚葬祭などにまったく顔を出さないといったことを相手が持ち出してくることもあります。また、夫の方がSEXを求めているのに妻が拒み続けているケースなども問題になりますので、請求する前によく二人の関係を見直しておきましょう。

 

既に慰謝料を受け取っている場合は不倫相手に慰謝料を請求できない


最後に、不倫の慰謝料を請求できないケースをみておきましょう。不倫の慰謝料というのは請求訴訟によって決定しますが、その請求訴訟が通らないケースがあります。訴訟するには訴訟するだけの条件を満たしていることが必要ですが、それが満たされていないと請求はできないのです。

では、どんなケースだと請求できないのでしょうか。まず、既に慰謝料を受け取っている場合は、不倫相手に対してあらたに慰謝料請求の訴訟を起こすことはできません。夫から充分と思われる賠償金を受け取っている場合、不倫相手に対して慰謝料を請求することはできません。夫と不倫相手との不倫行為によって貴方が受けた被害に対して、加害者側から賠償が支払われたと考えられるからですね。

もうひとつ、忘れてはいけないのは、時効です。刑事訴訟でも、民事訴訟でも時効というものがあります。時効が過ぎると、請求訴訟は起こせません。これは不倫訴訟に限らず、あらゆるケースについていえることです。不倫の場合、時効は3年となっています。意外に短いと思いませんか?うかうかしているとあっという間に時が過ぎてしまいますので、曖昧なときは専門家の力を借りて早急に処理してしまうことが大切です。

万一、3年の時効の直前に夫の不倫が発覚した場合など、いったん「催告」を出してしまうという手段があります。訴訟には手続きが必要ですが、それが間に合わないと思ったら、とりあえず内容証明で「催告」をだしてもらうと時効の進行が停止します。その後、半年以内に訴訟を起こせば時効内に手続きをしたことになります。

 

不倫の慰謝料を不倫相手の女性に請求する場合は、慰謝料をとれるケースなのかどうかということをしっかりチェックしておきましょう。

まず、確かめないといけないのは、相手の女性に過失・故意があるかどうかです。夫が一方的に関係を迫った、相手女性は夫が既婚者であるということを知らなかったというような事情だと、相手女性に不倫の慰謝料を請求することはできません。相手の女性が貴方の夫を既婚者と知っていたかどうかがポイントです。

不倫によって貴方の家庭が崩壊した事実があるかどうかも論点となります。不倫以前に家庭が崩壊していた、夫婦関係が終了していたとみなされると慰謝料はとりにくくなりますので、気をつけてください。

すでに夫から賠償を受け取っている場合も不倫相手に慰謝料請求をすることはできません。また、不倫の時効は3年ですので、3年以内に訴訟に持ち込む必要があることも忘れないでください。しっかり準備をして、確実に請求できるようにしておきましょう。

まとめ

不倫相手に慰謝料を請求する前に

・相手に過失・故意があるのかチェック
・相手が貴方の権利を侵害したのかチェック
・請求する権利があるのかチェック

2018年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「2018年あなたの運勢」では、あなたに起こるあらゆる運勢を鑑定し、幸せになるアドバイスを1000文字以上の鑑定結果メッセージと2018年版のあなたの運勢図を年末年始限定で無料プレゼント中です^^

2018年の運命を知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

コメント