不倫による慰謝料の相場と請求の仕方

不倫による慰謝料の相場と請求の仕方
結婚相手に不倫され、慰謝料を請求したいと思われる方は、悲しいことに年々増加している傾向にあります。不倫をされた傷は深く、お金で埋められるものではないけれど今後の生活のためや精神的に受けた苦痛のために慰謝料を請求したいと思うのは当然のことですよね。

ましてやお子様がいらっしゃったり、出産や育児のために退職されているのであれば慰謝料がなければ今後の生活が立ち行かない・・・なんてことになっては大変です。しかしながら、不倫で慰謝料を請求できないケースもあれば取れる慰謝料の相場もまちまちといったところが現状です。

また、不倫による慰謝料の請求の方法がまずわからない・・・という方も、普通に暮らしていれば大勢いらっしゃいますよね。そこで今回は、不倫による慰謝料の相場と請求の仕方についてお伝えします。



 

不倫による慰謝料の相場と
請求の仕方

 

慰謝料の相場にはバラつきがある


不倫による慰謝料の相場は、実は明確な基準があるわけではありません。不倫をしてもやり直し、再び家庭を築くのであれば50万円〜100万円といわれていますし、不倫が理由の別居、不倫が理由の離婚などで更に慰謝料は高額になってきます。

また、不倫の内容や状況によっても慰謝料は変動します。お子様の有無や不倫相手とのお子様の有無などは最も重要なファクターになります。他にも不倫をしていた期間や不倫された側が受けた精神的苦痛の度合いによっても慰謝料は増額される傾向にあります。

一概に「不倫なんて許さない!1億円もらってやる!」と息巻いたところで、不倫による慰謝料はそんなに取れないのが現状です。まずは証拠集め、それから有能な弁護士を雇うことで不倫による慰謝料は増額が見込めます。

 

内容証明郵便で請求する


良い弁護士を雇い、いざ不倫による慰謝料を請求するとなるとまず最初にすべきことは内容証明郵便で慰謝料を請求することです。しかしながら不倫は世間的に見ても後ろめたいもの。ですから、不倫相手の職場やご自宅にいきなり内容証明郵便を送りつけて逆切れをされ、慰謝料を支払ってもらえなくなっては大変です。

確実かつ最速なのは「不倫相手と実際に会って請求をする」ということですが、精神的な苦痛が酷ければ酷いほど難しくなってきますよね。ですから、そんな場合は弁護士を通してのやりとりをお願いしましょう。

請求する不倫による慰謝料の額や、不倫の証拠集め、相手の情報収集なども場合によっては弁護士の方が代行して行ってくれるケースもあります。不倫に強い弁護士さんを雇えば、相手の扱いも上手く心得ているため安心してお任せすることができますよ。

 

和解契約書を作成する


不倫相手が慰謝料の支払いに応じて、額面にも納得したら次は「和解契約書」にサインしてもらう必要があります。これは「不倫をしたので〇〇万円の慰謝料を支払います」という意思表示を書面にしたものです。その他にも、今後結婚生活を維持していくのでしたら「夫(または妻)に近づかない」「連絡を取らない」などの条項を盛り込むことも可能です。

基本的にこれらも弁護士さんにお任せできる部分ですが、直接会って請求する場合には事前に準備しておく方がベターです。そうすれば話し合いも1日で終わりますし、「こういう理由で慰謝料を請求します」「わかりました」という単純なやりとりで効力を持つ書類を手にすることが出来ます。

ですがこの場合は夫婦や不倫相手以外の第三者を同席させ、論点を絞ることと冷静さを失わないことを心掛けてください。

 

公正証書を作成する


原則として不倫による慰謝料の支払いは一括ですが、中には預貯金が少ないために分割払いというケースもあります。そういった方に必ず慰謝料を支払ってもらうには、上記の和解契約書だけでは不十分です。念押しのためにも公正証書を作成し、捺印してもらいましょう

公正証書とは「強制執行認諾約款付公正証書」のことで、つまり支払いが滞ったりした場合には訴訟を起こさずに即座に不倫相手の財産を強制執行することが出来る、ということに納得しましたという証明書です。簡単に言えば「支払わない場合は財産を差し押さえますよ」「はい、わかりました」ということが書いてある書面ということですね。

不倫による慰謝料なんて払わない!という方も多くいらっしゃるのが現状です。ですから、きちんと手続きを踏んで確実に不倫による慰謝料を請求することをおすすめします。

 

調停を行う


上記のような手続きを踏んでも対応してくれない、納得してくれないという場合には調停を行う必要があります。地方裁判所で訴訟する場合には弁護士が必要になりますが、家庭裁判所での調停であれば裁判所での話し合いになりますのでご自身で行うことができます。

不倫によって傷つき、精神的にも疲弊しきっていらっしゃるかもしれませんが「弁護士を雇うお金がない・・・」という方は家庭裁判所の力を借りましょう。調停員の方が客観的な目線で冷静な判断を下してくださるはずです。

 

いかがでしたか。不倫による慰謝料の相場や請求の方法、お悩みの方の力になれれば幸いです。もちろん、不倫は許せないことですが「やっぱりやり直そう」と家庭を立て直した方もいらっしゃれば「どうしても許せない」と離婚に踏み切り、別の方と幸せになった方もいらっしゃいます。

不倫による慰謝料は男性だから、女性だからで増減するものではありません。婚姻関係にある以上不貞行為を働いたら慰謝料を請求する権利はどちらにもあるものです。不倫による慰謝料の請求方法は他にもありますが、大体の流れは上記のような形になります。

その際に不倫の証拠集め、不倫相手の情報収集など、不倫された側からすると大変精神的に苦痛になる作業もあります。ですから、なるべくなら弁護士や興信所などの力を借りて、心の傷を深くしないよう努めてください。

他にも、すでに別居期間が長く結婚生活が破たんしていたり、不倫相手があなたの配偶者が結婚していることを知らなかった場合や強姦などの場合は慰謝料の請求はできません。しっかり下準備をし、きちんと手続きを踏んで不倫による慰謝料を請求しましょう。

まとめ

不倫による慰謝料の相場と請求方法とは

・慰謝料の相場にはバラつきがある
・内容証明郵便で請求する
・和解契約書を作成する
・公正証書を作成する
・調停を行う

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント