社内不倫をするならコレだけは守るべき鉄板ルール

社内不倫をするならコレだけは守るべき鉄板ルール
社内不倫に興味のある人は多いですよね。決して正しい恋愛の形ではないものの、社内不倫自体はドラマなどでも頻繁にテーマになりますし、その物語に弾きこまれて社内不倫に憧れを持った人もいるでしょう。

しかし、正しい恋愛の形でないからこそ、社内不倫をする上では守らなければならない鉄板ルールがあるのです。さらに厄介なのは、その鉄板ルールを知ることが難しいということです。何しろ、そんなことを周囲に聞いてしまえばあなたが社内不倫をしていると疑われてしまいます。

ちなみに「ルール」と表現しましたが、言わばこれは「絶対バレないようにするための鉄則」です。不倫は浮気とはレベルが違いバレた時には相当な代償を強いられます。だからこそバレないにするではなく絶対バレない心掛けが必要であり、そのためにあるのが鉄板ルールです。あなたにそのルールを教えるべく、今回は「社内不倫をするならコレだけは守るべき鉄板ルール」をお伝えします。



 

社内不倫をするなら
コレだけは守るべき鉄板ルール

 

会社の仲間に二人の関係を絶対に話さない


どんなに親しい会社の仲間にも社内不倫していることを話してはいけません。一人に話してしまうことでそこから社内不倫の事実が広まってしまう可能性があるのはもちろんですし、もし別ルートからバレてしまった場合もその会社仲間を疑うことになってしまいます。

つまり、社内不倫の発覚を防ぐ意味だけでなく、親しい会社仲間との良好な関係を維持するためにも絶対に話してはいけません。

 

電話は発信せずに着信のみ


相手が既婚者である以上、うかつに電話を鳴らすのは厳禁です。相手の状況次第ではその電話で社内不倫が発覚してしまう危険性がありますし、現行犯に近い形になるので言い逃れもできません。

最も、あなたは独身なので社内不倫の相手から電話が鳴ること自体に問題はなく、このため電話は発信せずに着信のみのスタイルにするのが鉄板ルールです。

 

スマホの連絡関連の履歴は即消去する


意外に面倒ですが、これが社内不倫における鉄板ルールです。発信と着信、さらにメールやLINEの類もやりとりした後はすぐにそれを消去しましょう。記念のメッセージなどは残したい気持ちもあるでしょうが、それが災いして社内不倫が発覚した例は珍しくありません。

また、これにおいてはスマホの特徴を熟知する必要があります。例えば、機種によってはメールの送信履歴が残ってしまうものもあります。

 

香水の類は使わない


一方が香水を使用することでその香りが相手にも残るため、それを防ぐ意味での鉄板ルールです。社内不倫の相手と会う甘い夜は素敵な香りの香水で身を包みたい…そんな気持ちもあるでしょうが、それが叶わないのが社内不倫のつらさです。

また、香りにおける注意をもう1つしておくと、社内不倫の相手が禁煙者の場合は、あなたはその人の前で喫煙してはいけません。これもまた、香りによる社内不倫発覚のリスクがあるからです。

 

写メは撮るのも撮らせるのもダメ


社内不倫の恋では記念を残すことは許されません。思い出は心の中にしまっておくもので、決してそれを形にしてはいけないのです。それを実感する鉄板ルールが「二人で撮る写メの一切の禁止」です。

状況によってはその写メが社内不倫の証拠になりますし、もし撮って何らかの理由で流出してしまえば二人は破滅の危機に陥ります。仮に相手が写メを求めてきても拒否してください。

 

結婚や妊娠を望まない


社内不倫では、いくら相手のことが好きでも結婚や妊娠を望んではいけません。これに関しては言葉にした瞬間に二人の関係が壊れる可能性もあり、相手の気持ち次第ではあなたの存在が邪魔にすらなってきます。

社内不倫は、今の関係を維持することはできてもそれ以上の関係にはなれないですし、またそれ以上の関係を望むことも許されないのです。

 

会えなくても我慢する


社内不倫で最優先されるのは既婚側の家庭です。相手の家庭を最優先する以上は会えない日が続くこともありますし、突然のデートのキャンセルや会ってもすぐ相手が帰らなければならない場面もあるでしょう。

そんな時でも文句を言うことは許されず、ひたすら我慢しなければならないのが鉄板ルールです。あなたが我慢すれば相手も安心して家庭を優先できるので、社内不倫発覚のリスクを減らせます。

 

社内不倫にはこのような鉄板ルールがあり、正直言ってしまうとどれも恋愛を楽しめないつらいものばかりです。しかしよく考えればそれは当然のことで、恋愛の場合は二人が幸せになることが何よりも大切ですが、社内不倫の場合はバレないことが何よりも大切です。

だからこそ、二人の関係を示すものは形として絶対に残してはならないですし、それを求めてしまうようでは社内不倫はできません。ルール違反の認められない恋愛だからこそ、誰にも知られずに関係を育んでいかなければなりません。

さて、ここでは社内不倫をする上で厳守しなければならない鉄板ルールをお伝えしてきましたが、まずはあなた自身その鉄板ルールのつらさに耐えられるかどうかをよく考えてください。もし無理と言うならあなたに社内恋愛はできないですし、社内不倫はこれらの鉄板ルールを守れる人だけに許される恋なのです。

まとめ

社内不倫をする時に守るべきことは

・秘密はどこから洩れるか分からない!親しい会社仲間にも不倫のことは話さない
・うかつな電話は不倫発覚の元!電話は鳴らすのではなく鳴るのを待つ
・二人の履歴は一切残してはいけない!電話やLINEの履歴は即消去する
・浮気は香りからも発覚する!相手と会う時に香水の類は使わない
・思い出を形にするのは不倫発覚の危機を招く!写メは撮らない&撮らせない
・二人の関係を壊す一言になり得る!結婚や妊娠を望まない
・何よりも相手の家庭が最優先!会えない時も文句を言わずに我慢する

彼が、ホントに運命の人だと思いますか?

今お付き合い中の人も、少し気になっている人がいる人も、その彼がホントの運命の人なのか、知ってみたくないですか?私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「カラー波動診断」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運命の人を知り、進むべき道を見つけたいなら、お試しください!

コメント