生まれる前から不眠症の人は必読、 健康を維持する7つの技

生まれる前から不眠症の人は必読、 健康を維持する7つの技

なかなか眠れない、眠る習慣が人より弱いんじゃないか・・・?そう思っている人も多いのではないでしょうか?生まれる前から不眠症・・・とまではいかないものの、寝つきが悪くていつも悶々とした夜をすごしているという人は自分の睡眠時間の短さを気にしていると思います。

長さや質など睡眠に対する情報は多く、そのほとんどが睡眠の必要性を訴えてきます。では不眠症の健康維持にはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?



 

生まれる前から不眠症の人は必読、
健康を維持する7つの技

 

眠れないと気にしないようにしよう


きちんとした睡眠時間を取ることは健康維持の基本です。もちろん不眠症の人もそれはわかっています。しかし実際には眠れないのです。そういうときには思い切って開き直ってみましょう。

眠れない眠れないと鬱々とすごすよりも、眠れないならしかたないさと考えを変えた方が体には負担が少なくなるのです。眠れないのは体にとってストレスですが、それをもっと加速してしまうのが「眠れない」という意識。眠れないなら仕方ないと開き直ることで少しでもストレスを少なくしましょう。

 

目を閉じているだけでも効果あり


睡眠の健康への影響はとても大きく、できればきちんとした睡眠をとるべきです。しかし不眠症で悩んでいるひとにとってはそういう情報もまたストレスになり、健康によくないことに。実は目を閉じて横になっているだけでも睡眠と同じような効果を得ることができるのです。

目を閉じて全身の力を抜き、水の上に浮いている様なイメージでリラックスします。目を閉じるのは外部からの余計な情報をシャットアウトするためです。何も考えずに深くリラックスすると眠っているのと同じ効果がでます。もちろん気がついたらそのまま眠ってしまっている、なんてことも。リラックスすることが重要なのです。

 

時間にとらわれないようにしよう


必要な睡眠時間という言葉に踊らされていませんか?必要な睡眠時間は個人差があり、その人によってずいぶん異なることがわかっています。つまり平均的に言われている睡眠時間が必ずしも必要ではないのです。

長い時間眠らないと体の調子が悪くなるという人もいます。また反対に短い時間でもじゅうぶんという人も当然いるのです。体が特に不調をおこしていなければもしかしたらあなたにあった睡眠時間をとっているのかもしれません。情報よりもあなたの体の感覚の方が正しい場合もあるのです。

 

眠くなったら寝るというのが自然


正しい睡眠法は一定の時間になったらきちんと寝る事、ではありません。本当に正しい睡眠法は眠くなったら寝るということなのです。自然に任せたリズムがその人の体の調子などとあわせもって一番必要な時に必要な長さの眠りへ導いてくれます。

つまり眠りは長さではなく質なのです。とはいってもなかなか自然のリズムと社会のリズムが合うことはありません。長期休み等を利用して眠りのリズムを少しずつ整えていくことが大切です。体への負担ができるだけ少なく、ストレスも抑えることが重要です。

 

お昼寝、うたたねを活用しよう


脳は自己防衛のために必要だと思ったら強制的にシャットダウンするようにできています。急に意識を失うように寝てしまう状態・・・マイクロスリープです。これは脳が強制的に命令を出して寝てしまうので、場合によっては非常に危険です。

そのような状態にならないよう、マイクロスリープが出る前に自分で睡眠をコントロールしましょう。その方法として一番簡単で有効なのがお昼寝やうたたねです。お昼寝の効果は最近、特に注目されています。隙間時間を見つけては積極的にお昼寝、うたたねをして不眠症の分を補うようにしましょう。

 

決まりは作らないようにしよう


寝なければ・・・と思うとかえって目が冴えてくるという人も多いと思います。毎日決まった時間に起きなければ・・・などと思うと眠れなくなるものです。人は決まりごとを守ろうとすると緊張して脳が覚醒する傾向にあります。

眠りの体制をとったら決まりごとはできるだけなくし、とにかくリラックスすることをめざしましょう。不眠症の人が気にする病気は眠れないことよりも眠れないことを気にしたストレスの方がずっと原因になりやすいのです。

健康を保つためには眠れないというストレスをどれだけ減らすかが重要です。決まりごとはできるだけ少なく、頭をからっぽにできるくらいだと気が付くと寝ている、なんてことになればいいですね。

 

自己暗示は効果あり!


一流のスポーツ選手はプレイに自信を持つために自己暗示をかけるそうです。それと同じで不眠症の方も自己暗示をかけてみましょう。自分に聞こえるように言うだけでも効果があります。

また睡眠を誘うと言われる食べ物、例えばチーズなどの乳製品をとってねむくなった経験があれば、それをありありと思い出すのもいいでしょう。チーズを食べると眠くなるという方式が体の中にできあがれば、眠れない時にチーズを食べてそれを自分で認識すれば眠くなるわけです。

自分に暗示をかけるときにはできるだけポジティブな言葉を使いましょう。「チーズを食べたから眠れる」「眠りが少なくても大丈夫」などと言い聞かせれば体もその気になってくれるのです。

 

いかがだったでしょうか?

もちろん病院へいき、適切に治療をするのが一番でしょう。睡眠導入剤などの薬を使うのも一つの方法です。しかし実際に眠れないと気がついた時にすぐできる方法はやはりリラックスが一番手軽です。眠れないと睡眠に悩みを持っている人は意外と多くいます。

健康の一番の根源は眠りだとわかっていてもなかなかそれができず、ストレスから発病する場合もあります。生まれる前から不眠症なんじゃないか?なんて思うとそれこそストレスのもと。眠れる環境を整えたらまずリラックス・・・それが不眠症の健康法の最たるものなのかもしれません。

 

まとめ

生まれる前から不眠症の人は必読、健康を維持する7つの技

・ 眠れないと気にしないようにしよう
・ 目を閉じているだけでも効果あり
・ 時間にとらわれないようにしよう
・ 眠くなったら寝るというのが自然
・ お昼寝、うたたねを活用しよう
・ 決まりは作らないようにしよう
・ 自己暗示は効果あり!

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント