「生まれる前から不眠症」と 悩む人にすすめる7つの快眠術

9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_s[1]

夏の暑さも盛りを過ぎ、そろそろ朝晩は秋の気配も感じられるようになってきました。とは言え夏場の疲れが出てくるのもこの時期。生活のパターンから生まれる疲れに対応するために大切なのは睡眠です。

・朝目覚めが悪い・翌日まで疲れが抜けない・日中眠くなる・週末睡眠時間がバラバラこれらの一つでも当てはまる人は睡眠習慣を見直す必要があります。夏の疲れを癒すために、また普段から自分の活力を保つためにも、今日は「生まれる前から不眠症」と悩む人にすすめる7つの快眠術をご紹介します。



 

「生まれる前から不眠症」と
悩む人にすすめる7つの快眠術

 

15分間の昼寝をしよう


必要な睡眠時間というのは、人それぞれ、普段の生活リズムのなかでそれを把握することすら案外難しいものです。そこで、微妙な睡眠時間の不足を効果的に補う方法があるのです。それは昼休みなどに15分程度の昼寝をすること。ここでは15分という時間の短さがポイントでもあります。

20分以上の深い眠りは夜の睡眠の質に影響を与えてしまうからです。15分ではほとんど眠れないと感じる人も、それで焦る必要はありません。目から入る情報は人間の五感の刺激の約7割をしめると言われます。

ですから15分間、じっと座って目を閉じているだけでも脳はかなり休息を取ることが出来るのです。また、カフェインは効果を発揮するのに約15分掛かると言われているので、昼寝の前にコーヒーを飲むと、スッキリと目覚めることが出来ます。

 

休日も同時刻に起きよう


早寝早起きという言葉がありますが、脳の性質から言えば、早起き早寝と言うべきかもしれません。つまり、早く起きるから早く眠りにつける。すなわち睡眠の質を良くするためには早起きが基本ということです。平日の睡眠不足を週末で補うことはある程度ルールの範囲であれば悪いことではありません。

そのルールは、そう、起床時間を平日と同じにするということ。そうすることで夜の入眠が妨げられることもなく、週明け以降もスムーズに普段の生活リズムに戻すことが出来るのです。

 

香りの効果を使おう


病院や歯科医などでは患者は不安を抱え、ストレスから何かと緊張しがちです。最近患者の緊張を和らげるために待合室をリラックス効果のある香りで満たして、効果を上げている歯科医などがあります。鼻という器官は脳の深部に接していて、嗅覚は脳の深い部分で感じます。

なので香りは人の感情や感性に大きく影響するのです。夜眠ろうとすると仕事上の不安などが思い出されて気持ちが高ぶって眠れないという人は、リラックス効果のあるラベンダーやジャスミンの香りを寝室に広げてみましょう。不安がおさまり、穏やかに眠りに入ることが出来るようになります。

 

部屋を明るくしすぎないようにしよう


部屋の明かりに蛍光灯を使っている方は多いでしょう。そして夜まで煌煌と家中の明かりをつけている人も多いと思います。しかし、強い光が目に入ると人は交感神経が高ぶり、眠りに入るのを邪魔してしまいます。眠る前1時間程度は明かりを落とすか、間接照明で光が直接目に入るのを防ぎましょう。

最近さらに注意が必要なのはパソコンやスマホなど液晶モニターのバックライトの光です。仕事や、そしてプライベートでもそうしたモニターを長時間見る機会が多くなっていますが、これらの光に含まれるブルーライトは特に目に刺激が強く、眠りを邪魔します。

「布団に入ってからもメールチェックが欠かせない」なんていう人は、それこそが自分の眠りを邪魔していることに気がついてください。やはり眠りに入る1時間ほど前からはモニターを見るのは控えましょう。

 

タイミングよくお風呂に入ろう


人間は体の奥の深部体温が下がりかけるタイミングで血圧が下がり、副交感神経の働きが優勢になって眠りやすくなります。この働きを利用するには、ぬるめの温度の湯船に長時間入って一度深部体温を上げることです。そして、眠る時間の約1時間前までに湯船から出るようにすると、少しずつ深部体温が下がり、眠りやすくなります。

 

暖かいスープを飲もう


これも深部体温の低下を眠りに利用する方法の一つです。それは、暖かいスープを飲むこと。暑い夏には敬遠しがちですが、暖かいスープは深部体温を上げ、胃腸への消化の負担も少なく、眠りを助けてくれるのです。ショウガやネギなど香味のモノを沢山使ったスープは少しの量でも効果的に体を温めてくれるのでおすすめです。

 

部屋の風通しを見直そう


コンクリートジャングルの都心では、ヒートアイランド減少によって日が暮れてもなかなか気温が下がらない昨今ですが、とは言えまだ見逃している改善点はあるはずです。もう一度、寝室の窓と家具の配置を見直してください。

風は直線に通ると考えるのが基本です。まず部屋に風の入り口を、そしてその反対側の正面に風の出口を確保します。その流れを軸としてより多く風の逃げ道を確保しましょう。案外、都会でも外からの風だけでしのげる夜は多いものです。

 

いかがでしたか?

「生まれる前から不眠症」と悩む人にすすめる7つの快眠術を紹介しました。他にもいびきを防ぐために寝具を見直したり、日中軽い運動の習慣を取り入れるなど夜の眠りを改善する方法は沢山あります。

しかし、なにより大切なのは日頃のストレスを軽くする努力をすることです。そのためにも軽い運動や良い食習慣を身につけることが大切です。是非よい生活習慣でよ居眠りを実現してください。

 

まとめ

「生まれる前から不眠症」と悩む人にすすめる7つの快眠術

・ 15分間の昼寝をしよう
・ 休日も同時刻に起きよう
・ 香りの効果を使おう
・ 部屋を明るくしすぎないようにしよう
・ タイミングよくお風呂に入ろう
・ 暖かいスープを飲もう
・ 部屋の風通しを見直そう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント