意外と知らない不眠の原因を知り快眠を取り戻す7つの方法

意外と知らない不眠の原因を知り快眠を取り戻す7つの方法

あなたは、夜、しっかり眠れていますか?「身体は疲れているはずなのに、あまり眠れない」「ベッドに入ってから、寝付くまでに時間がかかっている」または、「夜中に何度も目が覚めてしまう」などの不眠の原因は、一体何でしょう。

眠ろうとすればするほど、どんどん目が冴えてきてしまい、もう、金輪際眠れなくなってしまう、という経験をしたことのある人は、少なくないと思います。不眠が続き、日常生活に支障をきたすようなことになっては大変です。

まずは、不眠の原因を知ることが重要です。そして、健やかな睡眠を得るためには、どうすれば良いのか?その方法を知り、是非、実践してみてください。あなたの快眠は必ず取り戻せるはずです。



 

意外と知らない不眠の原因を知り
快眠を取り戻す7つの方法

 

不眠の原因は、いろいろあります


不眠の原因は、ひとつではありません。よく言われるのは「ストレス」です。現代社会において、「ストレスを感じていない人」はいないと言っても過言ではないでしょう。

特に、まじめで神経質な人は、ストレスを感じやすく不眠になりがちです。次に、「病気から来る不眠」です。これは、「身体の病気」の場合と「心の病気」の場合があります。

どちらも、原因となる治療を行うことが大切です。また、「治療のために飲んでいる薬」や「食生活」「生活リズムの乱れによる、体内リズムの乱れ」「寝室の環境」なども不眠の原因として考えられています。

 

「不眠症」とは何でしょう?


よく言われる「不眠症」ってどういう状態だと思いますか?不眠症は、それぞれの状態に応じ、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つに分けられています。「入眠障害」とは、寝付きが悪く、なかなか眠れない状態です。

「中途覚醒」とは、眠りが浅いため、夜中に何度も目が覚めてしまうことです。「早朝覚醒」とは、文字通り、朝早く「早朝」に目が覚めてしまいます。そして、「熟眠障害」とは、眠ったはずなのに、しっかり眠れた感じがしない(身体が休んだ気がしない)状態のことです。

これらの状態が1カ月以上続き、昼間、だるさを感じたり、意欲や、集中力、食欲の低下などを感じると、不眠症とされます。

 

睡眠時間に囚われ過ぎないこと


人によって、睡眠時間は違います。「どうしても8時間眠らなければいけない」という人もいれば、「3時間でも大丈夫」という人もいます。不眠というと、睡眠時間ばかりに気を取られがちですが、実は睡眠時間が、長い短いということは、あまり関係ありません。

問題は、「日中の活動に支障が出ないかどうか」ということです。睡眠時間が短い人でも、日常生活に何も問題が無ければ、不眠ではないのです。ですから、睡眠時間の長さや、夜中に何回、目が覚めたということに、こだわり過ぎないことが肝心です。

また、睡眠時間は年齢と共にだんだん短くなっていくので、「若い頃」と比べる必要もありません。

 

休日の「寝だめ」はやめましょう


「休みの日は、平日の分まで寝だめしてやる!」という人、多いのではないでしょうか。確かに、平日は早起きのため、休日は朝寝坊したい、という気持ちは分かります。ですが、そもそも「寝だめ」というのは出来ないのです。

休日にダラダラと長く寝ていても、身体の疲れが取れないばかりか、体内時計のリズムが狂い、余計に疲れてしまいます。理想を言えば、休日でもいつもの時間に起きて朝日を浴びることです。

「せっかくのお休みなのに…」という人は、休日は、平日の起床時間にプラス1、2時間で起きる。休みの前の夜更かしや夜食は止める。休日でも、必ず朝食を食べることです。これで、体内時計が狂うことなく、寝不足解消も出来ます。

 

安眠のためには、「運動」と「食事」にも気を配りましょう


適度な運動は、心地良い睡眠を導いてくれます。普段からデスクワークなどで、運動の習慣が無いという人は、身体は全然疲れていないのに、精神的な疲れから、不眠になる場合もあります。

眠れるようにするには、身体を少し疲れさせることです。息が上がるほどの激しい運動は避け、軽く汗ばむくらいのウオーキングやストレッチなど、有酸素運動がお勧めです。

食事の時間も、良い睡眠に大きく関わっています。遅くとも、寝る4時間前には食事をすませると良いです。覚醒作用のあるコーヒーや紅茶、日本茶などは、大好きでも寝る前は我慢しましょう。安眠を誘う飲み物は、ハーブティーやミルクです。試してみてください。

 

自分なりの「入眠儀式」を見つけよう


あなたには、「寝る前に、これをするとすぐに眠れる」ということはありませんか?一般的に就寝前には「副交感神経」を活発にすると良いとされています。良い眠りのためには、寝る前のりラッククスタイムが重要になってきます。

ぬるめのお風呂にゆっくり入る、半身浴も安眠のために効果的です。また、自分の好きな音楽を聞く、本を読むといったことも、心と身体の緊張をほぐし、快適な眠りに導いてくれます。

こうした、自分なりの「入眠儀式」を見つけておくと良いかもしれません。ここで注意したいことは、「入眠儀式」に囚われ過ぎないことです。あまり囚われ過ぎると、それもまた、ストレスになってしまうからです。

 

お酒を、睡眠薬代わりに使わないでください


夜、眠れないからといって、睡眠薬代わりのようにお酒を飲んではいけません。寝酒をすると、すぐに眠れますが、短時間ですぐに目が覚めてしまいます。また、睡眠薬代わりにお酒を飲んでいたため、飲む量がだんだんと増え、アルコール依存などの問題になってしまっては大変です。

「寝酒」は少量でも止めましょう。そして、絶対にやってはいけないことは、医師から処方された睡眠薬を、お酒と一緒に飲むことです。不眠症の診断で、睡眠薬が処方されることもあります。「睡眠薬は怖い」というイメージがありますが、医師の指導に従って、正しく服用すれば大丈夫です。

 

いかがでしたか?

快眠のための方法は、私たちの身近なところにあります。どれも、ほんの少し気をつければ、実行できることばかりだと思います。また、どうしても眠れない時は「今日、眠れなくても、明日、眠れれば良いんだ」と開き直ってみてください。

そうすると、案外、自然に眠れたりします。眠れなくて、目が冴えてきてしまったら、一旦、ベッドから出てしまう、ということも、ひとつの方法です。但し、前の晩、眠れなかったからといって、昼寝をし過ぎてはいけません。

特に夕方にかかる時間帯の昼寝は、かえって不眠を招いてしまいます。眠くてどうしようもない時は、昼休みなどに、10分~15分位の昼寝をとると良いでしょう。短い時間でも、目を閉じてリラックスするだけで、脳の疲労は軽減します。

 

まとめ

意外と知らない不眠の原因を知り快眠を取り戻す7つの方法

・ 不眠の原因は、いろいろあります
・ 「不眠症」とは何でしょう?
・ 睡眠時間に囚われ過ぎないこと
・ 休日の「寝だめ」はやめましょう
・ 安眠のためには、「運動」と「食事」にも気を配りましょう
・ 自分なりの「入眠儀式」を見つけよう
・ お酒を、睡眠薬代わりに使わないでください

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント