実践すれば効果あり!つらい不眠症を撃退する7つの環境の作り方

実践すれば効果あり!つらい不眠症を撃退する7つの環境の作り方
健全な生活を送っている人であれば夜は自然と眠くなりますが、眠るべき時間になってもなかなか睡眠できず、つらい想いをされている人も多い。不眠の症状を抱えたまま長期に渡り生活を続けていると、日中も注意力が散漫になり、脳や神経など体のいたるところに変調をきたすようになってきます。人が生活する上で、眠りは非常に重要です。
しかし、一度生活リズムが狂ってしまうと、元に戻す事は容易ではありません。不眠の症状が出た時には早めに対処した方が良いでしょう。そこで今日は、不眠症を解消するための環境作りについてお伝えします。



 

実践すれば効果あり!
つらい不眠症を撃退する7つの環境の作り方

 

不眠症の撃退方法その1:寝るスペースをつくる。

住環境は人それぞれだが、寝室が無くワンルームの部屋やリビングなど寝る事以外でも使われる部屋で眠らなければならない環境の人は多いだろう。しかし、快適な睡眠を得るためにはそのような場合でも、カーテンで仕切るとか、パーテーションで区切るとかして、眠るためのスペースをしっかり確保した方が良い。そうしないと、本やテレビなどの”ながら寝”など、寝るための体勢が取れなかったり、音や照明などなにかと眠りを妨げる要因が入り込みやすくなってしまう。良い眠りを得るためにはしっかりと「寝るための場所」を決めて、その環境を整えることがポイントとなってくる。
たとえば、ちゃんと「寝るための場所」を決めたなら、その場所のインテリアをベージュ系やブルー系など落ち着きやすい色彩で統一する事で、睡眠時のリラックス効果を得る事もできる様になる。

 

不眠症の撃退方法その2:日光に当たる。

良い睡眠を得るためには、良い目覚めが必要だ。睡眠は生物としての生理現象なので、生物として生活のリズムを整える事も重要なのである。生活のリズムを整え良い目覚めを迎えるために必要となるのが日光である。生き物は本来、日照によって生活のリズムを整えるものである。人間であれば、陽の光を感じる事で始めて活発化するように体ができている。従って、目覚めの時に日光に当たる事で生活のリズムが整えられていく。生活リズムが整えられると、自ずと睡眠する時間になれば眠気を伴う様になり、快適な睡眠を得ることができる様になるだろう。

 

不眠症の撃退方法その3:寝具周辺には、余計なものを置かない。

テレビやラジオ、書籍や手芸、おつまみのような軽食、飲料など眠りを妨げるものはいくらでもある。それらは基本的に就寝時には遠ざけるべきだろう。特にテレビなどの映像に関しては、視聴覚から脳神経に大きな刺激を与えるので、就寝時間の2〜3時間前からシャットアウトしておいた方が良い。物音に関しては、年代によって受ける影響が違ってくる。若い人に比べて年配者は、ちょっとした物音でも目が覚めやすくなる。また、静かであれば良いという事でもない。低い音量でリラックスできる音楽や音を流していた方が、眠りにつく場合は効果的という事もある。

 

不眠症の撃退方法その4:部屋の照明を暗くする。

「部屋を明るくしておかないと眠れない。」という人は、よほどの恐がりでもない限り居ないだろう。人間は、暗い環境の中で睡眠を取る生き物だからだ。メラトニンという眠るために重要なホルモンが、明るい環境では分泌されない。周囲の明るさが、だいたい500ルクス以下になると分泌され始めるそうである。その様な身体の持つ生理現象を知った上で、就寝前にややくらい部屋で静かに過ごすのも、良い眠りのためのポイントと言えるだろう。ただし、部屋の明るさも暗ければ暗い程よいと言う事ではないらしい。睡眠に適した明るさは、30ルクス程度の月明かりがよいと言われている。それらの知識を元に、就寝する部屋のあかりを調整してみよう。

 

不眠症の撃退方法その5:ぬるめのお風呂にゆっくりと入る。

就寝前に入浴をするという人は多いと思うが、良い睡眠のための入浴法としてお勧めしたいのは、ぬるめのお風呂に長時間入る入浴方法だ。これは肩こりなどの場合でも同じ様に入浴するのが良いのだが、つまり体の血行を良くする入浴法なのである。人は、眠りにつく時に体温を下げる性質がある。体を温め血行が良くなると、末梢血管が拡張し、手足の表面からの熱放散が増え、体の内部の温度が低下しやすくなる。この体温の変化を利用すると、より早く眠りにつく事ができる様になるのだ。

 

不眠症の撃退方法その6:部屋の空気を整える。

部屋の温度や湿度も、睡眠に深く関わっている。熱過ぎたり寒過ぎたりすれば、眠りに付きにくいのは分るだろう。人が眠りにつくのに最適な温度は夏は25℃前後、冬なら15℃前後が良いとされている。それを目安にエアコンなど設定するときは、冷房なら25〜28℃、暖房なら18〜22℃に設定すると良い。ただし、冬の期間はエアコンを入れたまま寝てしまうと空気が乾燥するので、換気や保湿器を使って湿度を調整しよう。眠りに最適な湿度は、季節を問わず50%程度が最適とされている。

 

不眠症の撃退方法その7:香りの効果を使う。

さらに就寝時の部屋の空気を整えるなら、香りを効果的に使うのが良いだろう。アロマテラピーの知識に基づき、身体をリラックスさせて眠りを誘う効果がある香りを選んで就寝時に試してみよう。例えばラベンダーの香りは交感神経をリラックスさせる効果がある。アロマオイルやルームスプレーを使って、寝床のそばでほのかに香る空間を作ってみてはどうだろうか。他にもリラックス効果のある香りとして、不安や緊張をほぐすオレンジの香りやストレスを和らげるカモミールの香りなどがあるので、試してみて欲しい。

 

以上如何でしたか?

不眠を解消するための環境作りについてお知らせした。人それぞれの生活環境によっては、実践が難しいものもあるかもしれないが、できる項目から試しにやってみて欲しい。また、不眠の要因となるものは環境だけではなく、ストレスなど精神的な要因や病気など身体的な要因も考えられるので、不眠症が長引くようであれば医者などに相談してみる事も必要だろう。良い眠りを得て、健康的な生活を送ってもらいたい。

 

まとめ

実践すれば効果あり!つらい不眠症を撃退する7つの環境の作り方

不眠症の撃退方法その1:寝るスペースをつくる。
不眠症の撃退方法その2:日光に当たる。
不眠症の撃退方法その3:寝具周辺には、余計なものを置かない。
不眠症の撃退方法その4:部屋の照明を暗くする。
不眠症の撃退方法その5:ぬるめのお風呂にゆっくりと入る。
不眠症の撃退方法その6:部屋の空気を整える。
不眠症の撃退方法その7:香りの効果を使う。

 

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消する
モーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

とてもリラックスできますよね。モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている脳や神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからなのです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。

この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント