副業でお金を稼ぐために注意すべきこととは

副業でお金を稼ぐために注意すべきこととは
副業でがっつりお金を稼ぐことができたら・・・お財布がピンチになるとついこんな思いが頭に浮かんできますよね。

今のご時勢、副業でお金を稼ぐ人は少なくありません。実際、業種によっては2割から3割ものワーカーが副業を持っていることもあります。長い目で見ると、副業でお金を稼ぐことができるか否かが、将来を左右することもあるのです。

とはいえ、お金を稼ぐためには、闇雲に副業に没頭していれば良いのかというと、そうではありません。副業でしっかり稼いで、安定した生活を手に入れるためには、知っておかなければならないポイントが幾つかあります。

ということで今回は、副業でお金を稼ぐために注意しておくべきポイントについてお伝えします。



 

副業でお金を稼ぐために
注意すべきこととは

 

副業でお金を稼ぐとき注意すべきなのは、税金!


副業でお金を稼ぐつもりなら、まずは税金について覚えておきましょう。所得を得れば税金を納めることが、日本では国民の義務として定められていることは皆様ご存知でしょう。これがいわゆる所得税ですね。副業であっても、当然、この義務は果たさなければいけません。

一般の会社員の場合は、年間20万円までの雑収入は申告不要の精度が適用されますので、納税は無用です。収入が20万を超えると、副業であっても申告の上、納税の義務が生じます。これは、どういう形態の副業であっても同様です。

本業以外の副業収入を持っている人、持とうとしている人が最初に気をつけなければ行けないのがこの20万の枠で、一般に「20万ルール」などとも言われています。このルールが副業収入を得る上では基本中の基本ですので、最初にこれを把握しておきましょう。

「20万ルール」というのは、「会社員の場合、20万以下の副業所得は確定申告不要」というものです。ただしこれは、本業での年間給与収入が2000万以下の会社員の場合ですので、この額を超える方は適用外となりますのでご注意を。

もう一つのポイントは、納税義務が生じるのは、20万の副業「所得」であるという点です。副業「収入」ではないんですね。「収入」というのは売り上げのことで、「所得」というのは売り上げから経費を引いた額になります。したがって、副業から得た収入が20万円を超えていたとしても、経費を引いた額が20万以下に収まれば納税義務は免れるのです。

 

副業でお金を稼ぐときこそ本業に気を配る!


昔は、一般企業であっても、副業を禁じていることが一般的でした。近年では、就業形態が多様になったため、副業を容認する会社も増えてきています。業種によっては2-3割近くが副業から収入をあげているというデータもあるほどです。

とはいえ、正社員に対しては副業を禁じている企業も多く、大丈夫だろうと高をくくって始めたものの、うっかりバレてえらい事に・・・ということもありえます。最悪の場合、クビになることもありますので、こうなると、副業が副業にならなくなってしまうという笑えない落ちになってしまいますね。

そうならないためには、副業を始める前に会社の副業ポリシーをしっかりチェックしておきましょう。気心の知れた上司がいれば、さりげなく相談してみるのもよいでしょう。その際、「(自分は)副業を考えているのですが」とダイレクトに伝えるのではなく、「副業してる人がいるときいたんですが、許されているのでしょうか?」といった形で間接的に伝えるのが無難です。

会社が副業を禁じている場合、お店で働いたり、会社を掛け持ちしたり、また、事務所を介してイベント業務を行ったりといった形での副業は上司や同僚にバレる危険性が高いので、避けた方が良いでしょう。

どうしても副収入が必要という場合、ネット副業など、会社にバレる危険性の少ない業務に携わってお金を稼ぐのがお勧めです。人気のアフィリエイトをはじめ、特技を生かしたアウトソーシングで本業並の収入を得ている人もいます。手軽で安全にお金を稼ぐ方法の一つとして、頭にいれておきたいですね。

 

ネット副業でお金を稼ぐときは注意が必要!


ネットを介しての副業は、会社員にとっても人気となっています。掛け持ちの許されない正社員、収入の足りない非正規社員、時間の空いている派遣社員など、様々な形態のサラリーマン、OLがネット副業に参入しています。

ネット副業でお金を稼ぐというと、専門的な技能が必要のように考える人もいますが、前述のアフィリエイトを始め、様々な業務が提供されています。基本的なパソコン操作さえできれば誰でもお金を稼げる職種もありますので、興味のある人はネット上でチェックしてみましょう。

ネットでお金を稼ぐ場合も忘れてならないのは、納税です。特に、広告収入の大きい人は要注意です。ブログやホームページなど、自サイトの運営からあがった収入は、雑所得あるいは事業所得となりますので、確定申告の必要がでてきます。

安定した収入にはなりにくいものの、オークションの収益にも納税義務がありますので、雑所得として20万を超えたときは申告が必要です。これらのネット収入は芸能人ブロガーなどが高収入をあげていることもあって、税務署のチェックが厳しくなっていますので、申告漏れのないようにしましょう。

ネット副業の場合、経費があまりかからないので、収入が大きくなってきたら、申告を頭に入れておきましょう。申告漏れがあると申告しなかった分だけではなく、ペナルティも課されます。せっかくの副収入が徴収されてしまうので充分にきをつけましょう。無申告額が大きかったりすると、年度を遡って追徴されるため、痛手も大きくなってしまいます。

 

副業でお金を稼ぐときは色んなことに注意が必要ですので、始める前にチェックしておきましょう。

まずは、税金について。働いてお金を稼ぐと当然、税金が発生します。給与収入が2000万以下の会社員の場合、20万以下の所得であれば、確定申告は不要ですが、それを超えると納税の必要がありますので、まずはこれを頭にとめておきましょう。

副業を本格的に始めるなら、本業の会社に迷惑をかけないようにこなすことが第一です。会社が副業を認めていない場合は、最悪解雇される可能性もありますので、まずはその点をしっかりチェックしておきましょう。

本業の会社で副業が正式に認められていない場合、ネットの副業に食指が動くものです。ブログやサイトで広告収入が大きくなると、申告漏れをしないよう気をつけましょう。近年は税務署のチェックも厳しいので、ペナルティをとられないよう、収入、所得の計算は慎重、かつ正確に行い、所得が大きくなれば忘れずに申告するようにしましょう!

まとめ

副業でお金を稼ぐときは

・税金についてチェックして!
・周囲に気を使って!
・ネット副業には気をつけて!

2018年 アナタに訪れる幸運を知る方法

アナタの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。 当たると評判の占い『マナ・タロット』では、宿命や転機をあなたの選んだカードをもとに鑑定して、どうすればアナタが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれます。

2018年の幸運を知りたい方は、是非お試しください!


連記事

コメント