不安感で眠れない時に試そう!心身が癒される驚きの方法

不安感で眠れない時に試そう!心身が癒される驚きの方法

春は新しいことがスタートする季節です。わくわくする気持ちもあると思いますが、その反対に不安で眠れなくなってしまうことも増えてきます。

不安で寝れないときは、ベットに入ってからも頭の中で不安な事ばかり考えてしまい、どんどん目が覚めてしまいます。次の日早く起きないといけなくて寝よう寝ようと頑張るとどんどん頭が冴えてしまい逆効果です。

そこで、不安で寝れない時に効果がある方法をお伝えしたいと思います。不安感が消えてぐっすり眠れるようになりますよ。今日は不安感で眠れない時に試そう!心身が癒される驚きの方法についてお伝えします。



 

不安感で眠れない時に試そう!
心身が癒される驚きの方法

 

深呼吸をしよう


ベットに入っても頭が冴えてしまっていろんなことが頭をよぎっている場合には深呼吸をしてみましょう。深呼吸はまず、しっかりと最後まで息を吐き切ります。

吐ききったらゆっくり息を吸い込みましょう。肺が満たされたら2秒ほど息を止めて肺を空気で満たします。そして、ゆっくりと息を吐いていきましょう。

これを10回程度繰り返しましょう。そうするとびっくりするほど頭のざわざわしたものが取れていきます。睡眠だけでなく、ストレスを感じた時にもこの方法は効果があるのです。試してみてはどうでしょうか。

 

瞑想してみよう


瞑想というと難しそうなイメージを持っている人がいるかもしれませんが、深呼吸と同様に心身のリラックスに効果があります。瞑想の仕方ですが、まずゆっくりと座れる場所に足を組んで座りましょう。手は自然な形で膝の上に置きます。

そして軽く目を閉じてゆっくりと呼吸をしていきましょう。5分もしないうちに頭の中がすっきりしてきます。また瞑想は自分と向き合う時間でもあります。瞑想するときになりたい自分を想像したりしてもいいでしょう。

 

睡眠2時間前に軽い運動をしよう


寝る前に軽い運動をすることで身体が疲れてぐっすりと眠ることができます。寝る前は体温が下がるんですが、寝れない時は体温が高いままの場合があります。

そこで体温が高い時間帯に、一時的に運動で体温を上げることによって、およそ2時間後に体温が急激に下がり、ぐっすり眠ることができるのです。

オススメなのはウォーキングです。夕食後にゆっくり歩いてみてはどうでしょうか。外に出るのはちょっと無理という人は半身浴をして体を温めてみるのもよいでしょう。また、ストレッチなども効果的です。

 

太陽の光を浴びよう


太陽の光はうつ病などにも関係しているといいます。太陽の光を浴びることで幸せホルモンと言われているセロトニンが分泌されます。このセロトニンが体内に分泌されることによって不安感やイライラ感がなくなります。

また、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ正しい時間に眠くなるようになるのです。朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びるようにしましょう。

また布団の中に入ってからのスマートフォンやタブレット端末などを利用する人が多いと思いますが、寝る前に長時間機械から出る光の刺激を受けることで眠れなくなります。寝る前のパソコンやスマートフォンの使用は控えましょう。

 

ツボを押そう


簡単に試せて効果が大きいのがこのツボ押しです。まずは不眠に効くツボをお伝えしましょう。百会(ひゃくえ)というツボです。このツボは頭のてっぺんにあるツボです。中指をかさねて優しく押してみてください。1分間を目安に押してみましょう。

このツボは不眠だけでなく頭痛にも効果があります。耳の後ろには安眠(あんみん)というツボがあります。このツボはその名の通り安眠に効果があります。

耳の後ろのくぼんだ所を反対の手の中指で優しく刺激しましょう。ぐっすり眠れてびっくりしますよ。また可能なら自分でやるよりも人にやってもらったほうが効果が高いと言われています。

 

安眠に効果がある香りをかごう


安眠に効果がある香りがあります。まずはラベンダーの香りです。ラベンダーの香りには鎮静効果やリラックス効果があります。ぐっすり眠りたいときにはラベンダーのお香やアロマオイルをたいてみましょう。

またラベンダーのほかにもチグレンには自信回復効果や、不安を和らげる効果、リラックス効果があります。 爽やかな香りのベルガモットにもリフレッシュ効果や鎮静効果、抗ストレス効果があります。

ラベンダーのにおいが苦手という場合は違う香りを試してみましょう。しかし気を付けていただきたいのは、どんな香りでも安眠できるというわけではないということです。逆に目を覚ましてしまう香りもあるので、寝る前にはリラックスできる香りを試しましょう。

 

自己暗示をかけてみよう


どうしても眠れない時は自己暗示をかけてみましょう。やり方は次の通りです。まず、1,2分ゆっくりとした気持ちになってみましょう。自分の好きなことを思い浮かべたり、気持ちのいい場所を頭の中でイメージしましょう。

次に右の腕、左の腕、右の足、左の足の順番に体が下に引っ張られて重くなるのをイメージしていきます。最初は難しいかもしれませんが、本当に重くなっていきます。そして、腕と頭が温かくなることをイメージしていきましょう。たいていの人はここで眠りについているはずです。

 

いかがでしたか。

不安な気持ちの時にそのことばかりが頭の中にあって眠れないですよね。そんなときには今日お伝えした方法を試してみましょう。簡単にできるものばかりですし、眠るのに効果が高いものばかりです。

不安感がなくても、これらを続けることによって毎日楽しくハッピーに過ごすことができますよ。どうせなら楽しい人生を送りたいですよね。この記事がみなさんのお役に立てることを祈っています。

 

まとめ

不安感で眠れない時に試そう!心身が癒される驚きの方法

・ 深呼吸をしよう
・ 瞑想してみよう
・ 睡眠2時間前に軽い運動をしよう
・ 太陽の光を浴びよう
・ ツボを押そう
・ 安眠に効果がある香りをかごう
・ 自己暗示をかけてみよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント