疲労回復に効く!あなたの老化を防止する、7つの凄い食品たち

疲労回復に効く!あなたの老化を防止する、7つの凄い食品たち

「医食同源」という言葉があります。「食は健康に通じる」という意味であり、正しい食事こそ、健康を保つ事が出来るという考え方です。

この方法を使えば、毎日の食事を工夫するだけで健康を維持する事ができます。また、日々の仕事などで慢性的に疲労が蓄積している方も多いと思いますので、今日は、食生活を見直して、疲労回復や老化防止を行う為の方法についてお話します。



 

疲労回復に効く!
あなたの老化を防止する、7つの凄い食品たち

 

凄い食品①「老化防止に役立つ“ネギ焼き”のレシピ」

老化防止に効果がある食品として、「ネギ」はよく知られています。ネギに多く含まれるセレンという成分には、動脈硬化や血栓症、老人性のシミを生みだす過酸化脂質を抑える効果があるのです。

また、セレンを効率良く体内に吸収するためには、ビタミンEを多く含も食材と組み合わせることが大切です。

そこで、「セレン+ビタミンE」の組み合わせとして、老化防止に役立つ「ネギ焼き」のレシピを紹介していきましょう。

用意するのは基本的な食材は以下の通りです。

ネギ、ヒマワリ油、小麦粉(薄力粉)、醤油、ごま油、スライスアーモンド、水、ソース

まず、小麦粉を水で溶きます。お好み焼きのタネより「ほんの少しユルい」という程度でOKです。そこに刻んだネギをタップリ入れます。ネギが苦手な方でも、油で調理するので「ネギの辛み」は和らぎます。なので、「ドカン!」と入れても良いでしょう。

そこにスライスアーモンドをお好みの量で入れて下さい。大型スーパーに行けば必ず売っているはずですし、ネットでも購入することは可能です。

そしてフライパンにヒマワリ油を注ぎ、「熱々」になるまで熱します。後は簡単です。熱したフライパンにタネを入れて、お好み焼きを焼く感覚でジュージュー焼いていきましょう。

続いて、醤油をフライパンの縁に回し入れて香りと味を付けます。そして最後にごま油をちょこっと入れて風味をアップさせます。

あとはお好みのソースで「いただきます!」ですね♪スライスアーモンドのポリポリ食感が楽しく、ネギも油で調理をしているので柔らかい風味になっています。

また、お好みでアレンジを加えても良いですよ。卵を入れても良いですし、イカのゲソを刻んで入れても美味しいでしょう。

細かく刻んだコンニャクを入れても良いですし、天かすを加えても美味しいです。

ポイントは、「ネギ+ヒマワリ油+スライスアーモンド」の組み合わせです。ネギにはセレンが多く含まれ、ヒマワリ油とスライスアーモンドにはビタミンEが多く含まれます。

この組み合わせさえ守っておけば、あとは皆さんの自由にアレンジを加え、オリジナルのネギ焼きを作ってみましょう!

 

凄い食品②「豆乳ヨーグルトフォンデュー」

こちらも老化防止に役立つ食品として、「豆乳」と「ヨーグルト」があります。ブルガリア人の寿命が長いのは、まさにヨーグルトのおかげなんですね。もちろん、豆乳にも老化防止の効果があります。

そこで、「豆乳ヨーグルトフォンデュー」のレシピを紹介していきましょう。

必要な食材は以下の通りです。

豆乳(80g)、ヨーグルト(無糖:40g)、グリュイエールチーズ(150g)、ピザ用チーズ(150g)、シェリー酒(なければ白ワインでもOK)、ニンニク(1片)、コーンスターチ、ブラックペッパー、お好きな具材

まず、チーズフォンデューのタネから作っていきましょう。

最初に、グリュイエールチーズを細かくして下さい。大根おろしの器具を使って、ガシガシとすり下ろします。

続いて、2:1の割合で、豆乳とヨーグルトを混ぜましょう。よ~く混ぜることがポイントです。

次に、お好きな具材を準備して下さい。フォンデューにディップする具材のことです。ブロッコリーやエビは下茹でしておき、ジャガイモは一口サイズに切ってレンジでチンしておきましょう。個人的にはパスタがおすすめ。堅めに茹でておき、それをフォンデューするんですね。

さて、チーズ、豆乳&ヨーグルト、具材の準備が整ったら、鍋を用意します。

火にかける前に、ニンニクを鍋全体にスリスリしておきましょう。こうすることで、ほのかにニンニクの風味が香り、とても美味しくなるのです。

続いてすりおろしたチーズとコーンスターチを鍋に入れて、ゆっくりと加熱します。この時、豆乳&ヨーグルトをちょっとずつ注ぎ、ダマにならないように混ぜながら加熱します。「トロ~ッ」としてきたらOKです。そのまま豆乳&ヨーグルトを少しずつ注ぎ、タネを作っていきましょう。

次にシェリー酒の登場です。

本来のチーズフォンデューでは白ワインを使いますが、今回は豆乳&ヨーグルトを使用しているため、「ちょっと匂いが…」となる人もいるのです。そのため、白ワインよりも香りと風味が濃いシェリー酒の方が良いんですね。お酒の専門店に行けば売っているはずです。

もし、どうしてもシェリー酒が見つからなければ、その時は白ワインでも代用可能です。

最後に、ブラックペッパーを振りかけておきます。出来れば粗引きの方が良いですね。豆乳とヨーグルトの匂いを消す効果があります。

これにて完成です。いかがですか?簡単ですよね?あとは、友人を自宅に招いてフォンデューパーティーでも開いておきましょう。

ちなみに、チーズタネが残ったら、グラタンにしても美味しいですよ。私の場合、パスタを多めに茹でておき、あえて少し残します。つまり、残ったパスタ+残ったチーズタネでグラタンを作るんですね。

あとは豚のひれ肉も具材としてオススメです。ビタミンB1を多く含んでおり、脳の活動を活発化して老人ボケを防ぐ効果もあります。

ぜひお試しあれ!

 

凄い食品③「冬瓜と大根の酢のもの」

毎日の仕事などで疲れが溜まっている場合は、疲労回復に効く食事を心がけておきましょう。そこで、簡単に出来る「冬瓜と大根の酢のもの」を紹介してみます。

必要な食材は以下の通りです。

大根、冬瓜、酢(大さじ4)、塩(少々)、砂糖(おおさじ2弱)、醤油(小さじ半分)、白ゴマ(お好みで♪)、その他のお好きな具材

酢のものは、簡単に調理できて美味しく、疲労回復の効果も高いので重宝します。しかも「調味酢」の作り方さえ覚えておけば、あとはお好きな具材を入れて混ぜるだけなので楽ちんです。

では、さっそく調味酢の作り方から紹介していきます。紹介と言っても、酢、塩、砂糖、醤油を混ぜるだけです。しかし、必ず味見をしておきましょう。酢加減の好みは人によって違いますし、具材を混ぜる前の味見が成功のカギ。

続いて、具材の準備をしていきます。

基本的には大根と冬瓜だけでもOKなのですが、さすがに「色合いが面白くない」と言えます。そこで、エビを入れましょう。ポイントは、「赤い色」を足してやる事です。大根も冬瓜も白なので、赤を入れると美味しそうに見えます。

もちろん、ニンジンでも構いませんよ。パプリカでも美味しいでしょう。

具体的な準備ですが、「ぜんぶ千切り」です(エビは一口サイズですが…)。この酢のものを作る時はスーパーで刺身を買って来ます。刺身についている「大根のツマ」がピッタリサイズなんですよ。あとは冬瓜も同じように千切りにして茹でておきます。食感を大切にしたい人は、茹ですぎには注意しておきましょう。時々、鍋から1本だけ箸でつまんで、「この堅さかな?」と思ってから30秒ほど茹でるのがポイント。水気を切って酢に混ぜると、ちょっとだけ「キュッ!」と締まりますので、「好みの固さから30秒茹でる」が重要なのです。

あとは、具材を調味酢に混ぜて、お好みで白ゴマを振りかけて完成。

いかがですか?超簡単だと思います。普段は料理をしない人でも簡単に出来ると思いますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

そうそう。「大根+冬瓜+酢」の組み合わせは守るようにして下さいね。この3つが、疲労回復に大きな効果を発揮しますから。

 

凄い食品④「老化防止のデザートを作ろう!」

老化防止に役立つ食品は多くありますが、それらを使ってデザートを作ってみましょう。用意するのは以下の食材です。

ヨーグルト(無糖:50g)、リンゴ(適量)、レモン汁(少々)、ハチミツ(なければ砂糖でもOK)

要するにリンゴ入りヨーグルトなのですが、リンゴをサイの目にカットしてヨーグルトに混ぜます。リンゴだけじゃ物足りない場合は、モモを入れても良いです。モモも疲労回復に大きな効果がある果物ですから。

次にレモン汁を入れて、ヨーグルトとは違う酸味をプラスしておきましょう。

そして、お好みでハチミツを入れて甘みをプラスします。なければ砂糖でも問題ありません。

ポイントはここから

これを冷凍庫で「半分だけ凍らせる」という作業をします。シャーベット状にして食べると美味しいですよ。

しかしこのデザートは、夏は美味しいものの、冬には美味しさが半減してしまいます。冷たいから…

そこで、このリンゴヨーグルトを冬でも美味しく食べられるよう、もうちょっとだけアレンジを加えてみます。

用意するのは以下の食材です。

コンニャクゼリー(クラッシュタイプのものが良い)、ココアパウダー、ケーキのスポンジ(なければカントリーマアムでもOK)

まず、縦長のグラスを用意して下さい。シャンパングラスなどがお手頃でしょう。なければ縦長のコップでも構いません。

そして、まずコンニャクゼリーをグラスの底に敷き詰めます。底から1センチ程度の厚みがあれば良いでしょう。ちなみに、コンビニでもクラッシュタイプが売られていますよね?キャップを開けてチューチュー吸うタイプのもの。

そして、ゼリーの上にリンゴヨーグルトを静かに重ねます。これも1センチ程度の厚みがあれば問題ありません。続いてケーキのスポンジです。なければ、カントリーマアムを砕いて乗せて下さい。

それを繰り返し、グラス一杯になったら、ココアパウダーで蓋をするように振りかけましょう。

これで完成。

縦長のティラミスのような、あるいはパフェのような、特に子供は喜びますよ。普段、そんなデザートは家庭では出ませんし、女性の方でも喜んで頂けるでしょう。もちろん、疲労回復を狙ったデザートですので、男性の方にもオススメです。

このように、夏はシャーベット状のリンゴヨーグルトを楽しみ、冬にはリンゴヨーグルト・パフェタイプを楽しみます。

もちろん料理が面倒な人は、リンゴやヨーグルトをそのまま食べてもOKです。要するに、リンゴ・ヨーグルト・レモン汁の組み合わせがあれば良いという事ですね。

 

凄い食品⑤「山芋とピーマンのチンジャオロウス」

疲労回復に良いとされる食品は多くありますが、「山芋」も代表的な食品の1つです。一方、ピーマンも疲労回復に適した食品であることをご存知でしょうか?

疲労回復に良い栄養の1つに「ビタミンC」があります。「疲れた時はレモンが良い」と言われるのはそのためですね。一方、ピーマンは野菜の中でもトップクラスにビタミンCを多く含んでおり、山芋の消化促進力と一緒に摂取すると疲れも吹っ飛びます。

そこで、「山芋とピーマンのチンジャオロウス」を紹介してみます。

普通、チンジャオロウスーと言えば「牛ももの薄切り肉」、「ピーマン」、「茹でタケノコ」が代表的な食材ですが、今回はタケノコの代わりに山芋を使用します。必要な食材は以下の通りです。

牛ももの薄切り肉(100g)、ピーマン(2~3個)、山芋(100g)、鶏がらスープの素(小さじ半分)、オイスターソース(小さじ2)、水(大さじ1)、しょうゆ(小さじ2)、砂糖(小さじ1)、酒(小さじ1)、片栗粉(小さじ1)、こしょう(少々)

ちょっと調味料の種類が多いですが、どれも一般的な家庭にあるものばかりです。

まずは下準備です。牛ももの薄切り肉は、1センチ幅に切って塩とコショウをしておきます。ピーマンと山芋は、5ミリ幅に切っておきましょう。

そして牛肉はオイスターソースと絡めて、ピーマン&山芋は鶏がらスープと絡めます。よ~く絡んだら、2つを混ぜておきましょう。

続いてフライパンを用意して…

と思ったのですが、今日はちょっとした裏技をご紹介。

まず、耐熱皿を用意して下さい。レンジでチンしても大丈夫なヤツです。

そこに上記の具材と調味料を全て入れて、600Wのレンジで2分30秒チンします。ここで一度取り出し、具材をよくかき混ぜます。味にムラが出ないようにするためですね。そして再度レンジに入れて、今度は1分30秒ほどチンします。

以上です。

いかがですか?これならフライパンを使いませんし、後片付けも楽ですよね。

 

凄い食品⑥「やっぱり納豆が一番!」

健康食品の代表例、「納豆」の登場です。皆さんは、「体がだるい…」と思ったことはありませんか?仕事による疲れが溜まっている証拠ですが、その時はビタミンB1がオススメです。豚肉にも多く含まれていますが、むしろ納豆の方が摂取しやすいでしょう。

というのも、ビタミンB1は水溶性なのです。水に溶ける性質を持っているんですね。したがって、玄米にも多く含まれるのですが、「お米を研ぐとき+炊くとき」の2段階でビタミンB1が失われ、食べることには半減していると言って良いでしょう。

したがって、ビタミンB1をそのまま摂取できる納豆が超オススメなのです。

一方、「納豆餃子」のようなアレンジ料理もありますが、納豆のアレンジ料理で多く見かけるのが、「納豆を水で洗う」という作業です。ネバネバ感がなくなるため、色んな料理にアレンジしやすいのは理解できますが、それではビタミンB1が失われることになります。

したがって、アレンジ料理を作る場合は「水に流さない」が重要です。しかし、「そのままの納豆ばかりでは飽きる」という方も多いでしょう。そこで「納豆味噌汁」はいかがでしょうか?

作り方は簡単です。納豆を味噌汁に入れるだけです。もちろん汁にビタミンB1は溶けるのですが、汁も摂取するので無駄がありません。

もう一度言いますが、納豆のアレンジ料理を作る場合は、「水に流さない」が大きなポイントです。毎日のように納豆を食べて、元気モリモリの健康をゲットしましょう!

 

凄い食品⑦「美容の女王でキレイになろう!」

もちろん男性にも効果があるのですが、特に女性の方にオススメしたいのが「トウキ(当帰)」と呼ばれる漢方です。漢方を専門に扱っているお店なら必ず売っていますし、ネット通販でも取り寄せることが出来ます。

トウキは、「美容の女王」とも呼ばれており、溜まった疲れを追いだすと同時に、ストレスを軽減させるアロマ効果も持っているのです。疲れとストレスは美容の大敵であるため、ここで紹介するレシピで美しさを回復しておきましょう!

用意する食材は以下の4つだけです。

トウキ、小豆、水、その他お好みの調味料(オススメはハチミツor砂糖)

トウキを手に入れるのは難しいかもしれませんが、お近くに漢方専門店がなければネット通販で取り寄せておきましょう。小豆はスーパーで売っていますし、あとはお好みの調味料を準備するだけでOKです。

ポイントは、小豆が「3」に対して、トウキが「1」の割合を守ることです。これを、水を入れた鍋で煎じるだけです。強火ではなく、弱火に近い中火でクツクツと煮る感じですね。

これだけです。簡単ですよね

ただし、これだけだと味が美味しくないので、ハチミツや砂糖で甘味を付けておきましょう。

そうそう。トウキは鍋から取り出すのですが、小豆はシッカリと食べておきましょう。捨てるのはもったいないですから。

一度にタップリ作って冷凍保存しておくと良いかもしれません。そして、仕事の疲れが溜まったと感じたらチンして頂く。ハチミツにちょっとだけお塩を入れても美味しいですから、ぜひお試しください。

 

いかがでしたか?

老化防止や疲労回復に特化したレシピを7つ紹介してきましたが、どれも難しいテクニックは必要ありません。基本的には、「作り方を覚えれば誰でもできる」というものばかりです。

このような料理を定期的に食べて、体の中から老化と疲労を追いだし、健康な体をゲットしておきましょう!

 

まとめ

疲労回復に効く!!あなたの老化を防止する、7つの凄い食品たち

凄い食品①「老化防止に役立つ“ネギ焼き”のレシピ」
凄い食品②「豆乳ヨーグルトフォンデュー」
凄い食品③「冬瓜と大根の酢のもの」
凄い食品④「老化防止のデザートを作ろう!」
凄い食品⑤「山芋とピーマンのチンジャオロウス」
凄い食品⑥「やっぱり納豆が一番!」
凄い食品⑦「美容の女王でキレイになろう!」

今日はあなたの疲れを取ってストレスを解消する
モーツァルトの音源を差し上げます

モーツァルト音源:

モーツァルトの音楽には、忙しい毎日の中で、過敏になっている神経を休ませる働きがあります。何故かと言うと、モーツァルトを聴くと、脳からα波が出るからです。

そして、この脳からα波が出ている状態というのは、眠りにつく前の状態(まどろみ)に近く、モーツァルトの音楽は、リラックスすることはもとより、睡眠導入剤としてもお奨めです。
この音源は、下記からダウンロードすることができます。iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに入れて、ちょっと疲れた時、リラックスしたい時や、眠る前に聴いてみて下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

Comments

  1. S.Masubuchi says:

    疲労回復・老化防止、素晴らしい方法ですが僕はオーストラリアに住んでいて野菜が思うように手に入らない事があります。
    でも、出来る事は率先して実施し、皆に教えてあげたい。
    早速、今日はねぎ焼きを作ってみようと思っています。
    いつも良い情報を提供いただき感謝です。

コメント