不眠症の悩みを解消する為にまず改善すべき悪い生活習慣

不眠症の悩みを解消する為にまず改善すべき悪い生活習慣

不眠症を訴える人は年々増加しています。ある統計によれば1割以上の方が慢性的な不眠に悩んでいるそうです。不眠症は、糖尿病や高血圧などの病気になりやすいと言われていますし、日中の活動にも影響しますよね。

慢性的な不眠ではなくても、自分の睡眠の質を改善したいと思っている人も多いのではないでしょうか。さて、不眠症には様々な種類があることをご存知でしたか。

不眠症で多いのは寝つきが悪い「入眠障害」。その他にも、途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」や「早朝覚醒」、眠っているのに眠った感じがしない「熟眠障害」など原因は様々。

不眠症はうつ病など精神疾患との関わりが指摘されていますが、生活習慣が原因というケースも少なくありません。

今回は、あなたの寝付きを悪くしているかもしれない5つの生活習慣についてお伝えします。是非、あなたの生活習慣について見直してみましょう。



 

不眠症の悩みを解消する為に
まず改善すべき悪い生活習慣

 

アルコールやカフェインを控えよう


不眠症と食習慣について考えてみましょう。まずは、カフェイン。カフェインの代表と言えばコーヒーですが、コーヒーだけでなく、日本茶やチョコレートにもカフェインは含まれています。

ある研究では、1日に250mgのカフェインを取ると睡眠に影響が出ると報告されています。コーヒー1杯に含まれるカフェインは約130mg。不眠症で悩んでいる人は1日1杯程度に留めておいた方が良さそうですね。

また、眠れない時にアルコールを飲んでいるという方もいますが、実はNG。アルコールを飲むと睡眠の質を低下させたり、利尿作用により途中でトイレに起きてしまうため、不眠症を悪化させてしまいます。寝るためにアルコールを飲んでいるという人は、他の方法を試してみると良いでしょう。

 

朝日を浴びよう


その日眠れるかどうかは起きた時から決まっています。朝起きたら、カーテンを開けて朝日を浴びるようにして下さい。朝日を浴びるとメラトニンと呼ばれる睡眠に関係するホルモンの分泌が高まると言われています。

更に、朝日を浴びると人間の体内時計をリセットしてくれるので規則正しい睡眠リズムを保つという役割も。不眠症になると起きるのが辛いですよね。しかし、まずは決まった時間に起きて、朝日を浴びるように心がけて下さいね。

 

寝る環境を整えよう


良く言われることですが、寝る前の行動は不眠症と非常に関わりがあります。寝る直前までスマートフォンの画面を見ているという人も多いですよね。

パソコンやスマートフォンなどの電子機器から発せられるブルーライトは、入眠を促すホルモンの分泌を抑えてしまいます。そのため、不眠症で悩んでいる方は、スマートフォンをベッドに持ち込まないようにすると良いでしょう。

また、人が眠くなるには、体温のリズムが重要。深部体温が下がった方が深い眠りにつきやすいと言われています。簡単に深部体温を下げる方法は手足を温めること。

手足を温めることで、体内の熱を逃がし深部体温を下げやすくすると言われています。冷え性の方は是非取り入れたい生活習慣の1つです。

 

休日こそ早寝早起きをしよう


最後に寝ている時の活動について考えてみましょう。不眠症で悩んでいる人の多くの方は、布団に入っているのに、なかなか眠れずに何時間も布団で過ごしています。

しかし、布団は眠るためのもの。布団の中では睡眠以外のことはしないようにしましょう。不眠症になると「とにかく寝なくてはいけない」と焦ってしまいますよね。

しかし、眠れない時は、他のことをしながら眠くなるまで待ちましょう。「寝なくてはいけない」という囚われから外れれば意外と眠くなってくるものですよ。

 

布団に入っている時の行動を見直そう


休日の夜に寝つきが悪くなったり、次の日の朝が起きられないといった経験はありませんか。そのような方は休日不眠症です。

休日不眠症を改善する方法は1つ。休日も平日と同じリズムで生活することです。休日の前の日は、つい夜ふかしをしたり、寝坊したりしてしまう人も多いですよね。

しかし、休日にこのような行動を取ってしまうと、睡眠リズムやホルモン活動に乱れが生じます。休日であっても寝る時間や起きる時間を普段と同じにするようにしましょう。そうするなら、翌日スッキリ会社に行けますよ。

 

いかがでしたか。

不眠症は、普段の生活習慣を見直すと改善出来る場合もあります。カフェインやアルコールを適量に抑えたり、朝日を浴びるなど、一見すると睡眠と関係ないような生活習慣が、実は不眠症と深い関わりがあるんです。

突き詰めると、不眠症の改善には規則正しい生活習慣が必要と言えそうですね。また、寝る前の行動も非常に重要。眠れないと、ついスマートフォンを見てしまうという人はスマートフォンをベッドに持ち込まないようにしましょう。

眠れない時は「寝なくてはいけない」と考えずに、布団から出るのも一案でしたよね。気持ちに余裕が出てくると、案外眠れるようになるようになるかもしれませんよ。

不眠症はとても辛いものですし、中には病気が隠されている事も。慢性的に不眠症という方は1人で悩まず、医師や専門家などに相談すると良いですよ。

 

まとめ

不眠症の悩みを解消する為にまず改善すべき悪い生活習慣

・ アルコールやカフェインを控えよう
・ 朝日を浴びよう
・ 寝る環境を整えよう
・ 休日こそ早寝早起きをしよう
・ 布団に入っている時の行動を見直そう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント