不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

不眠という文字をよく目にしますが、単に睡眠時間が少ないというのが不眠と言うわけではありません。なかなか寝付けないとか、途中で何度も起きてしまったり、起きる時間でもないのに早く目覚めてしまったりというのも不眠状態です。

しかし、明日は遠足とか旅行などのワクワクしたり楽しいことが待ちきれなくて寝付けないのも不眠ですし、試験の前日や悩み事があって嫌なことが原因で眠れないのも不眠なのです。

今の日本は、国民の5人に1人は不眠で悩んでいて、通院している20人に1人は睡眠導入剤などを処方されているくらい、一般的なものです。そうは言っても、不眠は、倦怠感やうつなどの原因となる不眠症と診断される可能性もあります。

そうなると仕事や普段の生活にも支障が出てしまうため治療が必要です。だからこそ不眠と向き合って自分らしい眠り方を見つけてみませんか。そこで今日は、不眠と共存しながら自分らしい眠り方を実現する技をお伝えします。



 

不眠と共存して成功する★
自分らしい眠り方を実現する技

 

規則正しい生活で体内時計の正常化をしよう


安眠の為には、体内時計が正常に働いているかが重要です。どんなに不眠の状態でも、起床して朝日を浴びると体内時計がリセットされます。

しかし、就寝時間や起床時間が毎日一定でないと、体内時計が乱れやすくなってしまい、不眠になりやすくなってしまうので、休日前の夜更かしや昼寝のし過ぎには注意が必要です。

そして朝日を浴びて体内時計がリセットされたら、14時間目以降に眠気がやって来ます。なかなか寝付けないという人は、早起きをして早い時間に光を浴びると眠くなるのも早くなるので試してみましょう。

その際、睡眠の時間は気にする必要はありません。安眠する為の体内時計の正常化が目的だからです。不眠と共存する為には睡眠時間を気にし過ぎないことがポイントです。

 

不眠恐怖をやっつけて自分らしい睡眠を取ろう


数日間眠れない日が続くと、今夜もまた眠れないのではないかという不安を感じたり、早く寝なくてはと焦りを感じてしまい、余計に眠れなくなってしまうということがあります。

これが続くと不眠恐怖という状態になり、知らず知らずのうちに寝ようと思うと緊張してしまい眠れなくなってしまいます。これは不眠症の人に共通するもので、だからこそ、この不眠恐怖を無くさなくてはいけません。

決まった時間にベッドに横になってもなかなか眠れない時は、一旦出て、ハーブティーを飲んだり音楽を聞いてリラックスした状態で再度ベッドに入りましょう。念の為それでも眠れない時にやることを予め準備しておくのもおすすめです。

眠れないのに無理をしてベッドにいる方が、不眠恐怖の人には良くありません。眠くない時には寝なくていいくらいのゆとりが不眠恐怖をやっつけてくれます。これを繰り返していると自分らしい睡眠方法が身につくので、寝つきの悪い人はやってみてください。

 

上手にお昼寝して、体の疲れを取ろう


夜、なかなか眠れなくて仕事などにも影響を及ぼしそうであれば、お昼休みに昼寝をしましょう。昼寝は15~30分であれば、リフレッシュ出来、仕事などの効率も向上します。

ただし、夕方寝や30分以上の昼寝は、夜の就寝に影響を及ぼすので注意が必要です。あなたもお昼寝タイムを活用して不眠ストレスや体の疲れを軽減しましょう。

 

睡眠環境を整えて気持ち良い睡眠を取ろう


あなたの寝室は居心地がいいですか。自室と考えれば、本や趣味のものが沢山置いてあっても良いのですが、寝室は熟睡出来る環境作りが重要です。出来るだけシンプルで暗い状態に出来ることが良い睡眠に適しています。

特に光は、アドレナリンを出したり、瞳孔が開くことにより脳が活性化して眠れなくなってしまいます。急に部屋のレイアウトを変えることは無理でも、少しずつ変えて、自分の睡眠スタイルを良い方向にもっていきましょう。

 

気になることはベッドに持ち込まず就寝しよう


不眠の一番の原因はストレスです。ストレスと一言で言ってしまっても大なり小なりいろんなものがあります。それをベッドに持ち込んでしまうと、なかなか寝付けなかったり夜中に起きてしまう原因にもなるのです。

その為、気になることは解決してから、もしくは楽しいことを考えながらベッドに入ってください。睡眠にスムーズには入れれば、睡眠時間が短くても、1日体がスムーズに動くくらいの疲れは取れています。

そういう風に不眠と付き合うのも自分らしくて良いのではないでしょうか。だからこそ、ベッドには嫌なことは持ち込まないようにしてください。

 

いかがでしたか。

不眠が気になっているあなたは、明日は早いからとか忙しいからと頑張って眠ろうとすることが、実は良くないということにきっと気付いているはずです。

しかし、昔からそういう時は早く眠る努力をするものだとしつけられている私たちにとって、その考えを捨てるのは難しいかもしれません。だからこそ、まずは朝日を浴びて、体内時計をリセットし正常化させることが必要なのです。

どんなに睡眠時間が短くても、朝、必ず光を浴び体内時計をリセットして、しっかり仕事や家事、そして遊びを頑張りましょう。朝日を浴びて14時間目以降に必ず眠くなる時間が来ます。

規則正しい生活を心がけ、その眠くなる時間を発見出来れば、毎日その時間に眠るようにすれば、睡眠に入りやすくなり、たとえ3時間くらいの睡眠でも、自分らしい良質な睡眠になるはずです。

不眠と睡眠時間の長さは気にする必要はありません。まずは朝の光を存分に浴びて、スッキリと朝を迎えられるよう、自分らしい眠り方を見つけましょう。

 

まとめ

不眠と共存して成功する★自分らしい眠り方を実現する技

・ 規則正しい生活で体内時計の正常化をしよう
・ 不眠恐怖をやっつけて自分らしい睡眠を取ろう
・ 上手にお昼寝して、体の疲れを取ろう
・ 睡眠環境を整えて気持ち良い睡眠を取ろう
・ 気になることはベッドに持ち込まず就寝しよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント