不眠が怖い人必読!恐怖を乗り越えて安眠する5つのコツ

不眠が怖い人必読!恐怖を乗り越えて安眠する5つのコツ

最近眠れていますか。不眠が続いているという人が現代では増え続けています。不眠の原因はたくさんありますが、うつであったり、心の病が多くを占めています。

そしてそんな人は眠れないことで心の休息がとれずどんどん心が疲れてしまい、病気が悪化してしまう場合もあります。逆に眠る事が怖いという人も中にはいます。

次の日に大切な会議や試験、やりたくないことなどがあった場合、どうしても寝付けないものです。しかしそんな時こそ安眠して心も体も万全な状態で臨みたいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが今日の不眠が怖い人必読!恐怖を乗り越えて安眠する5つのコツについてです。今日はこのポイントを押さえて不眠を改善しましょう。

不眠改善は意外と簡単に試せものなのでぜひ参考にしてください。それではさっそく安眠するコツについてお伝えします。



 

不眠が怖い人必読!
恐怖を乗り越えて安眠する5つのコツ

 

寝る前に深呼吸を繰り返して精神を安定させよう


不眠になってしまっているときは交感神経が興奮していて眠れない場合があります。このため交感神経の興奮を抑制しなければなりません。しかし交感神経が興奮状態になってなかなか副交感神経を優位にすることができない人がいます。

普段の生活習慣が乱れていたりすることが原因なので、そこを改善したいところですが、なかなか仕事を変えたりするのは難しいですよね。そこで、寝る前に深呼吸を繰り返してみましょう。

ベットの上に楽な姿勢で行ってみてください。深呼吸を繰り返し行うことで交感神経の興奮が抑えられて副交感神経が優位になっていきます。気持ちよくそのまま眠ってしまうこともありますよ。お金もかからず簡単にできるのでぜひためしてみてください。

 

カフェインを過剰摂取しないで自律神経を正常に戻そう


不眠で悩んでいる人はだいたいが昼間に仕事や勉強を頑張りすぎてしまっている人が多いのです。そんな人はたいてい頭の活性化を図るためにコーヒーやお茶をほかの人より多めに摂取している傾向があります。

カフェインは頭の活性によいのですが、どうしても自律神経が乱れやすく不眠ぎみな人にはよくありあません。ずっとコーヒーなどのカフェインが多く含まれているものを摂取している人は一度カフェインをとらない生活をしてみましょう。どうしても昼間飲んでしまうという人は仕事が終わってからの夕方以降には摂取しないように心がけてください。

 

愚痴や不満、恨みつらみを考えない、言わないようにしよう


愚痴や不満、恨みつらみを考えたり、誰かに言ったりするとその時はすっきりしますが、言ったあとになんだか動悸が激しくなっていたり、血圧が上がっていたりしませんか。それは実はその行動が交感神経を興奮状態にしているからなんです。

考えてみてください、愚痴をいったり、誰かに嫌なことを言われてしまったりしたらそのことを寝るまで考えて心をもやもやさせたりしていませんか。ひどくなると不眠になります。

それは交感神経を興奮させている状態なんです。嫌な事があっても愚痴や不満などを言わずに深呼吸して寝てしまいましょう。眠ることで記憶が整理されてすっきりしますよ。

 

眠る前に感謝して交感神経の興奮が抑えよう


先ほど言った通り、愚痴や不満や何か恨みつらみなどのネガティブな感情は交感神経を興奮させて不眠を招く原因になりますが、反対に寝る前になにかに感謝して眠りについてみてください。

実は何かに感謝する気持ちになっているときは交感神経の興奮が抑えられて眠りやすくなるのです。不眠の人はどうしても眠る前にネガティブなことを考えがちなんです。

嫌な事しかないよという人はきれいな水が今日も飲めた、ごはんが食べられた、眠る部屋があるなど当たり前なことに感謝をしてみましょう。きっと今までの事が嘘のように眠れるようになります。

 

寝る前の2時間はパソコンやスマホを見ないで目に強いをあてないようにしよう


寝る前にパソコンやスマホをずっと見ていませんか。スマホやパソコンからは強い光が出ています。これらを目に当て続けると不眠の原因となってしまいます。そこで、寝る前の2時間はパソコンやスマホをみることをやめて寝る準備をしてみましょう。

そしてできるだけ蛍光灯やLEDの明るい光ではなくオレンジ色の電球や間接照明で部屋を暗くしてみましょう。それだけでだいぶ交感神経の興奮が抑えられて不眠の改善になるのです。テレビもできるだけ見ないようにしましょう。

 

いかがでしたか。

どうして不眠になってしまうのか、不眠原因が今日の記事でわかったと思います。不眠の大敵は交感神経の興奮なのです。生活の中ではどうしても交感神経が興奮してしまい、自律神経が乱れることが多くあります。

でも眠れるように交感神経の興奮を抑えてスムーズに副交感神経優位になるように今日お伝えした方法を行ってください。どれも簡単にできる事ばかりなので試してみるときっと安眠を得ることができます。

そして、不眠を改善することで、今までネガティブだった気持ちが嘘のようにすっきりしてポジティブになっていきます。眠れないというときほどつらいものはありません。

精神的にも肉体的にも眠るということは人にとって大切なことなのです。だから、今日お伝えした方法で不眠を改善して楽しい毎日を過ごしていきましょう。

 

まとめ

不眠が怖い人必読!恐怖を乗り越えて安眠する5つのコツ

・ 寝る前に深呼吸を繰り返して精神を安定させよう
・ カフェインを過剰摂取しないで自律神経を正常に戻そう
・ 愚痴や不満、恨みつらみを考えない、言わないようにしよう
・ 眠る前に感謝して交感神経の興奮が抑えよう
・ 寝る前の2時間はパソコンやスマホを見ないで目に強いをあてないようにしよう

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント