不眠症の原因をつきとめて爽快な眠りを回復する方法

、原因かもしれない習慣となっている行動をまずは改めてみましょう。

不眠症の原因は様々ですが、その多くは心理的にストレスを溜めていたり、生活習慣によるものが多いとされています。不眠症になると学業や仕事に支障を出るだけでなく、心身のバランスを崩してしまいます。

最悪の場合、うつ病などの心の病にかかることだってあります。そうなれば、一緒に暮らす家族の負担にもなりますし、何より自分の生活と人生に暗い影を落とすことにもなりかねません。

誰だって毎日を爽やかに、そして健やかに過ごしたいものですよね。現在の自分の状態を把握し、原因かもしれない習慣となっている行動をまずは改めてみましょう。

自分では当たり前の習慣と思っていることでも、思わぬ落とし穴があるかもしれません。今回は、爽快な睡眠時間を取り戻すためのちょっとした方法をお伝えします。



 

不眠症の原因をつきとめて
爽快な眠りを回復する方法

 

パソコンやスマホを見る時間を見直す


不眠症の原因のひとつに、パソコンやスマホを就寝する直前まで使用していることが考えられます。画面から出る光は「ブルーライト」と呼ばれるもので、普通の光と違い、目の奥まで届いてしまう光なんですよね。

そのため体内時計を狂わせてしまい不眠症を誘発します。パソコンの画面設定の変更や、ブルーライト対策用メガネを使用することで、それらを抑制することが出来ますが、就寝直前のパソコンやスマホの使用は避けるのが最もよい方法と言えるでしょう。

 

入浴のタイミングを変えてみる


不眠症を回避する方法として、お風呂に入る時間を見直すことをおすすめします。入浴後、体温は高くなっていますが、そのまま就寝すると質の悪い睡眠になってしまいますよね。

これは、体内の温度が関係しており、体温が少し下がってきたときが、最も快眠するのに適していると言われています。就寝前の1時間~2時間くらいにお風呂に入るのがベストです。

またシャワーだけで済まさず、ぬる目のお湯に10分以上浸かりましょう。熱すぎるお風呂はかえって身体に負担がかかります。お風呂の温度、浸かる時間、就寝前1~2時間前、この3点を忘れず実行してみてください。

 

カフェインを取る時間に注意する


不眠症だなと感じたら、カフェインの入った飲食物を取る時間に注意してください。コーヒーなどの嗜好品は夕方16時以降になったら摂取を控えてください。

飲むと、最低でも8時間は効果が持続するので、夜になってからのコーヒーは絶対に避けてくださいね。カフェインの場合、摂取し続けると中毒になる場合もあるので、摂取量には注意が必要です。

コーヒーだけでなく、コーラや紅茶、日本茶、市販の栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。同じお茶でもハーブティ-なら質の良い睡眠を助ける効果があるのでおすすめです。

 

思考を整理して不安を吐き出す


不眠症は心理的な要因が大きいと言われています。職場や学校、人間関係、生活のことなど生きているとたくさんの不安に囲まれることになりますよね。

こうした不安な気持ちから不眠症を引き起こすこともあります。人間の脳は同じことを繰り返し思考します。不安なことを考えれば、いつまでも不安なことだけを考えてしまうものです。

そこで、不安な気持ちをノートなどに書き出しましよう。「書く」という行為はストレスの発散にもなり、不安な気持ちを文字にして外に出すことで、止まらなくなっている不安の思考に歯止めをかけることが出来るのです。今夜からでも3~5分程度思っていることをノートに書いてみましょう。

 

時間の使い方を改める


不眠症の多くは生活リズムが大きく狂っていることにもありますよね。お昼まで寝ているような生活をしていれば、夜になっても眠くならないのは当然のことです。

日中は、外に出る機会を増やして、出来るだけ体を動かしましょう。同居している家族の協力と本人の気持ちがあれば、生活リズムを正すことで不眠症を改善していくことは可能です。

しかし、不眠症と合わせて、インターネットやゲームなどの中毒症になることもあります。そのような場合には、専門の医療機関に相談することをおすすめします。不眠症が深刻な状態であれば、本人だけの力で改善するのは難しいでしょう。

 

いかがでしたか?

不眠症の要因は、普段の何気ない生活習慣に隠れていることがたくさんあるんですよね。それだけにほんの少し改善するだけでも質の良い睡眠を取ることができるのです。

生活のリズムや生活の習慣が崩れやすいのは、大学などで一人暮らしを始めたりする場合が多いと言います。自己管理に自信がない人は、慣れるまで寮で生活をしたり、誰かと共同生活することをおすすめします。

少しずつ自己管理の練習をして、一人でも生活する力を身につけることで学業や仕事で良い結果を残せるようにもなります。

不眠症を引きずったままでは人生はままなりません。良い人生設計は、良い睡眠時間を得られるかどうかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

 

まとめ

不眠症の原因をつきとめて爽快な眠りを回復する方法

・ パソコンやスマホを見る時間を見直す
・ 入浴のタイミングを変えてみる
・ カフェインを取る時間に注意する
・ 思考を整理して不安を吐き出す
・ 時間の使い方を改める

まずはリラックスしよう!

心地よい眠りを得るには、リラックスした感情をつくるのが一番です。1/f の揺らぎで脳内をα波で満たしてくれる、自然界の波の音や穏やかな音楽を聴いて、眠りの質を上げましょう。

自然界の波の音

この音は作り物ではなく、波の音を実際に録音し、編集したものですから、とても、リラックスして眠れますよ、ブログの再生用のものは、2分程度の長さですが、こちらはゆったり聞けるように30分の長さになっています。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント