本気で健康管理を続ける人が採用している7つのファスティング方法

本気で健康管理を続ける人が採用している7つのファスティング方法

体内への吸収を止めて排泄を助長することで溜まった有害物質を体の外に排出するデトックス効果が得られる上に、エネルギー不足の状態を生むための脂肪燃焼も出来、心も同時にリセットさせられるのがファスティング方法です。心と体の疲れをとって体の中から綺麗に、リセットできるのです。

昔からある断食とは性質が違いフレッシュジュースや酵素、ドリンクなどを摂取し水分は十分に摂ります。もっと健康になりたい方のために簡単な方法から有害物質が出やすくなる三日間ファスティング方法までご紹介します。



 

本気で健康管理を続ける人が採用している
7つのファスティング方法

 

ファスティング方法 とは

英語のファスト(fast)とは絶食する、断食するという意味で、通常の食事を制限するのがファスティング方法 です。通常は半日と短いものから三日ですが、三日間のファスティング方法には準備期間と復食期間を前後三日を含めて合計9日間の実施となります。断食が4日以上になる長期にわたる場合は危険ですので必ず専門の管理者や医師の指導の下に行いましょう。

最大の難関は途中で湧いてくる食欲やアルコール、喫煙の誘惑で、負ければうまくいきませんし、終わったあとのリバウンドには注意しなければいけません。開始前の準備と終了後の復食は重要で必ず入れなければいけませんのでよく注意点を守り安全に行いましょう。

 

ファスティング方法の効果

変動している血糖値を安定させる効果、内蔵に休息期間を与えることができ、休む時間が長くなれば貯めていた有害物質を排出することができるデトックス効果がのぞめ、免疫力の向上も期待でき、ダイエット効果もあります。肌荒れ、慢性疲労、アレルギー、高血圧、便秘、口臭、胸やけなどの改善も見られることがあります。

おまけにメンタル面にも効果があり精神力と集中力も高まるとも言われています。何より終わった時におかゆを口にすると食べ物への感謝が実感できる方もおられ、この飽食の時代に忘れていた色の大切さ、ありがたさの心も育まれます。色々な制約もありますし、何より間違えば危険ですので必ず病状があるときは医師の診察を受けてください。

 

三日間のファスティング法

・準備期間(3日) 準通常の食事量の6~8割程度にして和食中心にする。 大豆製品の豆腐や納豆、野菜、海藻、きのこなど。開始前日は早い時間帯に軽めの夕食を済ませる。・1日目~3日目 水、フレッシュジュース、酵素ドリンクのみ。特に水分は十分に2リットル/1日の目安で摂取します。

こまめに休憩を撮ったり長風呂や激しい運動は避けます。体調不良ならば中止しましょう。・復食期間(3日間) ここの期間を怠ると体調を崩したりリバウンドを起こします。 完全流動食のおもゆから徐々に固形物にしますが、三日間は消化の悪いもの、油もの、高カロリー食は避けます。

 

半日のファスティング法

朝食または夕食をフレッシュジュースに変えてみましょう。あとは普通に2食を食べますが、もちろん過食は胃腸に負担がかかるためいけません。次の一食目は胃腸に優しく消化も良いお粥にします。ここで、穀類(パン、麺、米)を多量に摂ると血糖値が急上昇します。

血糖値をその数値に戻そうとして糖質を求めてしまいますので食欲が増進、過食気味になり炭水化物を無性に食べたくなります。2食目での食事も回復期間ですので肉類や脂っこいものは避けましょう。半日でできるファスティング方法なら気軽にできて体も休まります。ここでも、復食期間は大きな鍵を握りますので注意しましょう。

 

お手軽なファスティング方法

12時間食事を摂らないのがお手軽なファスティング方法 で半日のファスティング方法とは時間的には同じですが、こちらは夜限定です。睡眠時間を8時間とるとして、眠る4時間前からは食べ物を口にしないで入眠するだけでOKなのです。

人は眠っている間に胃腸に食べ物があると熟睡の妨げにもなり、とくに消化の負担がかかる食物は胸焼けを起こしたり不眠の元となります。この方法ですと毎日続けられて、実際に肌の調子がよくなったという効果が出ている方もいます。

 

注意すべき点について

ファスティング方法を行って良い年齢は高校生から60歳くらいまでで、成長期のお子さんはやってはいけません。開始するにあたっては体温調節と脱水に気を付け、こまめな室温の管理、衣服の着脱での体温調整と水分補給を心がけます。持病のあるかた、体調不良、妊婦さん、やせすぎの方もやってはいけません。

もちろん自己責任で行わなければいけませんし、注意を怠ると健康を害しますのでくれぐれも慎重に行いましょう。期間中は体内のエネルギー量が減少するので激しい運動や労働は控え、せっかくのデトックス効果を望むのですからアルコール、喫煙はやめましょう。また運転は極力控えましょう。

有害物質の排出が始まるのが24時間後ですので、リセットに有効なのは三日間のファスティング方法といえます。しかし、初めての方がいきなり三日間のファスティング法を開始することは難しいと思われますので、お手軽な12時間を試してみて、次は日中の半日にトライし徐々に慣らしてください。

それから三日間のファスティング法を始められるのがよいでしょう。くれぐれも持病のある方、治療中で服薬されている方は医師の指示と許可の下で行いましょう。

 

リバウンドしないために

ファスティング方法では間違えてしまうとリバウンドしやすいという結果が数多く見られます。断食するので体重減少を目的に始める肩もおられますが、安易に始めて注意を守れなければ過食に陥り逆効果になります。注意したいのがファスティング方法の食べない期間が終わってからの食事です。

このときに麺類、丼もの、パンなど炭水化物を多く摂っておかずが少なかったりすると、血糖値が急上昇し、糖質を求めてしまいますので食欲が増進、過食気味になります。ファスティング方法を行っている途中に食べ物のことばかり考えている方も危険です。これも終了後にストレスから過食に走る傾向を多く産みます。

対策としてじっとしていないことで、趣味に興じたり、出かけたり、ゆっくり散歩することで食べたい気持ちをコントロールすることです。ストレスから「食べたい」という方は、ストレスが貯まりそうな状況の時は余計辛くなりますのでファスティング方法を行うのは時期をずらしましょう。

 

いかがでしたか?

正しいファスティング方法で、体をリセットし健康維持が出来る上に味覚を正常にしたり、血糖値の安定、デトックス効果が望めることがわかりました。しかし、期間は四日以上行うことは危険ですし、さまざまな条件が整ってから開始することが必要です。

最近は合宿施設や知識を持った管理者の指導を受けることも可能で、ファスティング方法を行っている時に口にする食品なども種類も豊富で多く販売されていますので手軽な健康法であるとも言えます。

 

まとめ

本気で健康管理を続ける人が採用している7つのファスティング方法

・ファスティング方法 とは
・ファスティング方法の効果
・三日間のファスティング法
・半日のファスティング法
・お手軽なファスティング方法
・注意すべき点について
・リバウンドしないために

試練に直面して、自分を信じられないときに必要な言葉

音声はいかがでしたか?こちらの、ダウンロード版も用意していますので、スマホや音楽プレイヤー等に入れて諦めそうな時に、挫けそうな時に、何度も聞き返して下さい。

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント