ダイエットに効果的な食事でメタボを3ヵ月で解消する方法

ダイエットに効果的な食事でメタボを3ヵ月で解消する方法

ダイエット効果がある食事法には、さまざまなものがあります。雑誌やインターネットなどの情報を見ていると、1ヵ月で5kg痩せたとか、3ヵ月で10kg痩せたなど、心惹かれる見出しが躍っていることもあります。

でも、よく調べもせずに鵜呑みにしてしまうと「ダイエット効果のある食事法をやめた途端すぐにリバウンドしてしまった」とか「太りやすい体質になってしまった」など、逆効果になってしまうこともあります。これではメタボの解消どころか、メタボを加速させてしまうことにもなりかねません。

メタボリックシンドロームと診断されても、何か特別な自覚症状があるわけではないので安易に考えがちですが、メタボを放っておくと脳疾患や心疾患など命にも関わる重大な病気を引き起こすこともあるので、できるだけ早くメタボを解消したいものです。そこで今回は、ダイエット効果のある食事法でメタボを解消する方法をお伝えします。



 

ダイエットに効果的な食事で
メタボを3ヵ月で解消する方法

 

栄養のバランスを考えましょう


ダイエット効果のある食事法には、りんごやヨーグルトなど特定のものを食べるダイエットや脂質、炭水化物など特定の栄養素を摂らないダイエットなどさまざまなものがあります。

確かに、それで痩せる人もいますが、同時に「健康」を考えると、ひとつのものを摂取する、特定の栄養素を摂らないなど偏った方法はおすすめできません。

また、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ痩せるので、ダイエット中は食事を大幅に減らして体重を落とそうとする人もいますが、これもNG。

安易にダイエットのために食事の量や回数を減らしてしまうと、健康を維持するために必要な栄養素が偏ったり不足したりするからです。

いくらメタボを解消するためとは言え、健康がおびやかされてしまっては元も子もありませんよね。メタボを解消するためには、栄養バランスの取れた食生活を心がけることがもっとも大切です。

 

低GI食品を取り入れインスリンの分泌を抑えましょう


食後、血糖値が上がると、上がった血糖値を元に戻すために、膵臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。ところが、インスリンは、脂肪を蓄える働きも持っているため、インスリンが分泌されればされるほど、脂肪が蓄積してしまうのです。

インスリンによる脂肪の蓄積を防ぐためには、食後の血糖値の上昇を緩やかにして、インスリンの分泌量を抑えることが大切です。そこでおすすめしたいのが、ダイエットの食事としても有効な低GI食品。

GIとは、食後の血糖値の上昇を数値化したもので、GI値55以下のものが低GI食品と定義されています。数字が高ければ高いほど、血糖値が急上昇してインスリンが多量に分泌されてしまうため、低GI食品中心の食生活にすることで、脂肪の蓄積が抑えられ、メタボの改善につながります。

 

筋力をアップさせましょう


ダイエット中の食事と言えば、カロリーが高いイメージの強い肉類を控える人がいますが、実はダイエット中の食事でこそたんぱく質を含む肉類をしっかりと摂取することが大切だって知っていますか?

1日に消費するエネルギーのおよそ7割は基礎代謝によるものです。基礎代謝とは、私たちが生命活動を継続していく上で必要最低限のエネルギー消費のことで、太りにくい体質を作り上げるためには、基礎代謝量を高めたり、維持したりする必要があります。

そこで重要になってくるのが筋力です。筋肉を鍛えて大きくするためには、その元となるたんぱく質が必要です。たんぱく質をしっかりと摂取しないと、筋力が衰え、基礎代謝量が減り、メタボに拍車がかかってしまうので、しっかりとたんぱく質を摂取して、筋力をアップさせましょう。

とは言え、気になるのはカロリーですよね。肉類そのものは低GI食品なので、摂取に問題はありません。ただし、茹でる、蒸すなど、できるだけカロリーが高くならないような調理法をもちいることをお忘れなく。

 

食べる順番も気にかけてみましょう


食べる順番ダイエットで食事制限や激しい運動をすることなく、メタボを解消してみませんか?ご飯を食べるときって、ご飯を食べたりおかずを食べたり味噌汁を飲んだり、順番を気にせずに食べたいように食べる人が多いですよね。

この食べ順を「食物繊維⇒たんぱく質⇒炭水化物」の順になるように食べるのが「食べる順番ダイエット」という食事法です。

基本の食べ順は、①野菜、海藻、キノコ類②肉、魚、卵類③ご飯、パン、うどんこれは、血糖値の上昇が緩やかな食べ物から順に食べる食べ方で、こうすることにより、血糖値の急上昇を防ぐだけでなく、早食いや食べ過ぎを防ぐこともできます。

丼ものの場合には、サラダや野菜ジュースを摂取してから、具の半量を食べ、最後に残りの具とご飯を一緒に食べるのがおすすめの食べ方です。

 

22時以降に食べるのはやめましょう


「夜食は太る」なんて話を聞いたことはありませんか?夜遅い食事は、次のような理由から太りやすい原因となってしまうので、ダイエット中の食事でも、夜食はNGが基本です。

▢夜は活動量が少ないため、エネルギーが消費されない
▢食べたものを消化吸収するときに発散される熱エネルギー量が少なくなる
▢夜はBMAL1の量が増える

BMAL1は、体内時計を調節する働きを持つたんぱく質の一種ですが、同時に脂肪を溜める働きも持っています。BMAL1の量がもっとも増える22時から2時までの間の食事は、脂肪として蓄積されやすいので、22時以降に食べるのはやめましょう。一般的には、食事の消化に2時間ほどかかるので、できれば20時までにご飯をすませておくと安心です。

 

いかがでしたか。

放置しておくと深刻な病気のリスクを高めるメタボは、できるだけ早く解消したいですよね。メタボを解消するためには、運動の習慣をつけることも大切ですが、同時に食生活を見直すことも大切です。

毎日の食事には、血糖値をできるだけ急上昇させない低GIの食品を取り入れ、筋力をアップに必要なたんぱく質もしっかりと摂取しましょう。

さらに、野菜やキノコ類、海藻などの食物繊維を豊富に含む食品から食べるようにすることで、血糖値の急上昇を抑えることも有効です。

とは言え、メタボを解消して健康的に痩せるためには、必要な栄養素をしっかりと補うことがもっとも重要です。むやみに食事の量を減らしたり、食事を抜いたりせずに、栄養バランスの取れた食事を1日3回、しっかりと摂りましょう。ぜひ、こちらでご紹介したことを、健康的なメタボ改善に役立ててください。

 

まとめ

ダイエットに効果的な食事でメタボを3ヵ月で解消する方法

・ 栄養のバランスを考えましょう
・ 低GI食品を取り入れインスリンの分泌を抑えましょう
・ 筋力をアップさせましょう
・ 食べる順番も気にかけてみましょう
・ 22時以降に食べるのはやめましょう

目標を達成する為に!

そして、今日は、目標の明確化と、その達成のために役立つ「ナビゲーションシート」を用意しました。ぜひあなたの問題解決と目標達成のために活用してください!あなたが本当に達成したい目標を知ることができれば、今までのように頑張らなくても、もっと楽に目標達成することが出来るようになりますよ。

目標達成を明確するナビゲーションシートのダウンロードはこちらから

 

たった2分で運命を変える方法

ほんのわずかな時間で自分を好きになって、運命を変える方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に運命を知り、幸せに導いてくれる「エレメントタロット」で、自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転します。プロの鑑定師があなたに、いま最も必要な行いを「1000文字を超える細かい鑑定結果」にして全員無料にプレゼント中です。

今すぐ運命を変えたいなら、初回無料鑑定をお試しください!

コメント